自転車

2016年9月16日 (金)

FATなヲヤジがFATなBIKEで

  私にとって会社の休日は、エクストリーム系親父となる日のことを意味するのだっ!

 と、最初の一言を強調文字を使ってまで言う事かちゅー声もありますが、スイッチ切り替えと考えてください。「なんだか昔に比べると更新までの間があいてるね~」っていう事はそのくらいしか会社が休めていないと言う事なのだ。

 管理職は仕方ない!

 さて気分を変えて行ってみよう。

 今回のお題は「FAT BIKEで砂丘へGO!」です。

 砂丘でFAT BIKEのインストラクター事業をされているTRAIL ONの小椋さんにお世話になります。
 見て見て、タイヤ幅4インチのこの自転車。

Img_0301

 マウンテンバイクのインストラクターでもある小椋さん。私のサイズにサドル位置を調整してくれています。

Img_0300

 砂丘地のライディングと言っても、国立公園の特別保護地区の鳥取砂丘。車馬の乗り入れ禁止となっています。自転車は軽車両、車なんです。なので乗り入れ禁止。じゃあどうするの?
 それでは説明しよう!特別保護地区に入らないその周りを回るコースでコース設定なされています。そういう事もあって、インストラクター並走は必須となっています。
 

 コースは二つ。

 半日がっつり、2時間超の海岸も走る5000円コースと、30分のお試しチキン野郎向けコースがあります。

 もちろん今回の私は・・・えぇチキン野郎ですとも。お父さんは守るものがあるんだいっ!

Fullsizerender

 スタート地点から少し下っていき、ヘアピンにカーブするポイントで一時停止、これより砂地での斜度14度のヒルクラムチャレンジのスタート位置でもあります。

 ここからカタパルトから射出されるガンダムのイメージでスピードを乗せて一本目のチャレンジです。

 「松永いきま~すっ」

 カチャカチャカチャ・・カチャ・・・・・・カチ・・・・・・・グッ・・・・坂の途中でスタックです。

 小椋さん登場。私のセレクトしたギアを見て、「これで登れたらローラー台の上で100km/h出せる競輪選手と同じ太もも力(オーラちから、無限ちからのような富野節で「ふとももちから」と読んで欲しい)持ってますよ(笑)」 

Img_0298

 ギアのセレクト、砂地でのリアのトラクション抜けをしないように立ち漕ぎNG、,リアにしっかり荷重をかけながらのフロントのグリップも抜かない乗車姿勢のデモ中です。

 それでは二本目行ってみよう。

 軽いギアでチャチャチャチャチャチャチャチャ・・チャ・・チャ・・グッ フロントがフワッって浮いてビビッて足ついちゃった・・・

 最後の三本目

 チャチャチャチャチャチャチャチャ・・・ズリッ!・・・ズリッ・・・・今度はリアがホイルスピンして前に進まず足ついて終了~。

 かぁ~できなかったこれ結構悔しいぞ。筋力だけじゃなくて人馬一体となってどこに重心を置いていますか?限られたパワーを上手に路面に伝えるための道具の丁寧なあつかいを求められます。

 「あぁ、岡山国際サーキットのアトウッドコーナーの上り、我がマシンはこんな負荷がかかっているんだ。もっと丁寧に乗ろう」そんなことを思うヒルクライムチャレンジなのだった。

 残り数m、自転車を押して坂の頂にそこからまたサドルにまたがり、折り返し地点まで向います。

Img_0297

 折り返し地点で小休止。

 その後、あの上りに手こずった坂のダウンヒルがまっています。

 「ビギナークラスで行きます?普通クラス?上級クラス?エクストリームクラス?どのスピードで下りましょうか」

 チキンな私は「お任せします。お手柔らかに」と子猫のような眼でお願いです。

 うわ~っ!!!結構砂のギャップにフロント取られます。20km/h以上は出ているかな?絶対「ガッ!」ってハンドル握ってちゃダメなやつです。膝をサスペンションにして、又下で自転車が自由に動くように、行きたいところを遠めの目線。
 はいエンジンついていようがいまいが、これ二輪の基本!

 無事にヒルクライムのスタート地点まで下りました。ここで「ちなみにエクストリームって?」と問えば「下りでもペダルを漕ぎっぱなし」

 あぁチキンでよかった。

Img_0296

 馬の背をバックに記念撮影。

 30分ほどのFAT BIKE体験はこれにて終了。チキンコースとはいえ結構体力的に大変だった。フルコースってどんなん?

 このお題は「エクストリーム系父親生活」です。
 よっしゃ次はフルコース行ってみよう。

 砂丘に来られた皆様、砂丘アクティビティーの選択の一つにTRAIL ONのFAT BIKE体験、特に「ヒルクライムなんてへっちゃらだぜ!」という剛の者の挑戦を、小椋さんは待っておられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

CATVバンザ~イ!!

 最近、CATVに契約していて本当に良かったとシミジミ思うのです。

 なんてったって二輪レースの中継があるんです。WSBKと、自転車の世界三大ツール、今週末からはジロ・ディタリアが始まります。見落としても再放送が何回かあるので未観の回も直ぐ補完出来きるのがCATVの良い所です。

 それにしても辛抱タマラン。

Noriyuki_haga アッセンでベイリスを猛追する芳賀の熱い走り、SBKサイコーです。手に汗握るとはこのことです。それにしても1098速すぎですね~。多分、レギュレーションのシーズン途中の改定が入りそうですな。

 そして、私のもう一つのお楽しみ自転車レースです。

 5月はジロ・ディタリア、7月はツール・ド・フランス、9月はヴェルタ・ア・エスパーニャ

 週末からのジロ、初日のマリア・ローザは誰の手に。

 かつてヨーロッパツーリングの折、ドロミテ山系の峠道の路面に「FORZA!PANTANI(今は故人)!!!」と白いペンキで書いてあったのが思い出されます。ジロと言えばやっぱりアルプス越えが見所です。山岳王マリア・ヴェルデは誰の手に!!

 本当に私事ですが、週末が待ち遠しいんです。

 久々にテレビっ子になろうと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

小さくたってBugattiはBugatti

Cubf 今や世界のHONDAも最初は自転車用補助エンジンから始まりました。 Cub-F、今で言う所の、アシスト付自転車です。

 でも、この世界の先達には、私が感心して止まない自転車用補助エンジンをつくったメーカーが存在しています。またまたネットをブラブラしてて発見してしまいました。

T72a2 それは、あのBugatti製自転車用補助エンジンなのだっ!

 型式T72A、単気筒10.5ccと12.66cc、DOHC、なんと過給機付です。詳しくはココを見てください。→The Bugatti Revue

T72cycleengine_2  いや~凄いですな。作られたのはHONDAの10年ほど前の1944年、HONDAのCub-Fは2stであるのに対して、Bugattiは先に述べた4stの非常に凝った作りとなっていて10,000rpmでも大丈夫~って、おいっ本当?あ~エンジニアリングの差をマジマジと見せつけられましたね。ただ画像をよくよく観察すると、Bugattiの補助エンジンがついた自転車には燃料タンクも付いてないし、クラッチワイヤを取り付けるステーは前部についているのに配線してないし、アクセルワイヤもそう。完成形が見てみたいです。

 それにしても・・・、自転車用補助エンジンと言えども、グランプリ・エンジンのスモールユニットと言っても過言で無いこの作り・・・上記リンクのページで「じぃ~」とディスプレーに穴が開くほど画像を凝視です。(小一時間)

 勿論、これがミニモト・レーサーを作るのに参考にはなら無いけれど、ミニモトに夢中の無茶士さん、これおもしろいでしょう、やっぱりサラブレッドはちゃいますね。 

 最近、自転車に夢中の番長ドリーさん、こんなスーパーチャージド自転車どうでしょう?

 Bugattiですので、コレに乗ってブラックスパイダー・パリ本部に乗り込むっていう妄想はステキ過ぎです。

 冗談はさておき、それにしてもカッコイイ・・・はぅ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

小・中学生のリアル・スーパーカー

 突然ですが、こう見えても、私は公道を走るマシンに対しては、厳格なるオリジナル派なんです。(勿論レーサーは、競技の道具なので私の身体に合うように弄ってます。)

 メーカーが用意したものをそのまま乗る。この前の転倒によるロシナンテの修理費を何とかするために、泣く泣く売ってしまった街乗りLeMansIIも、MV以外のもう一台の虎の子で、今ちょっと車検が切れてしまっているLeMansIも、馬鹿真面目な程メーカー出荷状態保存なのだ。ちなみに車外部品は転倒時、空冷フィンの欠けとプラグキャップを守るグッツィ・ガードだけ。

 この前、こんな業の深い私を「あぉぉぉぉぉぉっ!!!」と唸らせた、一台の車両が街に停めてありました。

 これだっ!

20070902135818 スーパーカーブームの時、子供が本当に自分で運転できた子供のためのスーパーカー。 この車両に遭遇した時、幸運にも自転車に詳しい友人と一緒だったので、鑑定してもらうと、なんとこのオーナー、ほとんどオリジナル状態で乗られておられるとの事。

 鍍金のかかった荷台も、フォグのへの切り替えトグルスイッチの付いた四連ライトシステム、スーパーカーシフトと呼ばれた当時のリレーラー、ポジション調整のために当時の取り付け方法とは天地逆に付けられているセミドロップハンドル、自転車のメーカー名が白くペイントされているタイヤ、そして70年代のモーターサイクルと同じようなしつらえの合成皮革張りのシート。

20070902135838  そして特質すべきは、この後輪のディスクブレーキシステム。

 見よ!このマシンの醸し出すこの雰囲気。私の持つMVとか、GUZZIに近いものを感じます。四輪で言えば、マセラティ・ギブリとかカムシン、ランボルギーニでいえばエスパーダとかハラマ、アルファのモントリーオールにも同じ雰囲気を感じますよね。(ですよね、車二アな方々!)

 世間の子供達の夏休み最終日、私も、ガジェット感が盛り沢山だった子供時代を思い出した、夏の終わりの一時でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

通勤の4kmタイムトライアル

 通勤は時間に余裕があるときには徒歩、普段は自転車を使っているのですが、やっと気候的にちょうど良い時期になりました。

 ただ自転車通勤時に自らに課したノルマは、「何時いかなる時も、決してペダリングを休まない」なので、一級河川に架かる橋を渡った直後に始まる、高速右コーナーを伴う下りでは、私の体重と出ている速度に、通勤用オンボロママちゃりのネック剛性が完全に負けて、ウォブルを発生させながらのコーナーリングなのです。まるでFフォークをオーリンズに換える前、岡山国際サーキットの高速下りS字コーナー通称「モスS」の切り替えしで、ロシナンテに発生していた挙動そのままです。「あぁ~何もかも懐かしい」(by沖田艦長)

 「下り」があるなら「上り」もあるっていうことで、サドルからお尻を浮かし、ダンシングしながら上る上り坂は、股関節と膝関節、太腿の筋肉にかかる負担を感じます。それは「エンジンの高負荷時には、コンロッドの大端と小端にこんな厳しい仕事をさせているのか」とライダーに気付かせ、「エンジンに優しい扱いは・・・」と考えさせる良い機会になるのだっ!

 ただ今の所要時間15分を切っています、平均時速に直すと17km/hであるのですが、目指すところは平均時速20km/hつまり12分切りなのです。トレーニング用に持っているスポーツ車ではなんてこと無いタイムですが、如何せん唯のママちゃりです。この目標到達のため考えられる障壁は、私の身体云々よりも、ママちゃりのフレーム強度の方かもしれない・・・。

 そのスポーツ車を通勤に使えと言われる方もいらっしゃると思いますが、ロードーレーサーなのでフェンダーも無いし(かっこ悪くなるので着けたくも無い)、むき出しのスプロケットはスーツのズボンを巻き込みそうだし、ペダルはビンディングだし、およそ一般使いは出来ないのだ。

 ちゃんとスーツを着て、必死の形相でママちゃりをこぐ姿、その姿に反対方向より来る自転車通学の学生は、まるで「十戒」の紅海の如く、私のために道を開けます。

 そんな毎朝のタイムトライアルが、来週のモトルネのための予選イメトレだとは、会社の皆は気が付いておるまいて・・・w。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

ハツカ鼠

 朝の自転車20km走が辛い季節になってきた。というか天気が悪くできない時の方が多くなってきた。

roller  そこで秘密兵器のローラー台を持ち出した。←馬鹿

 これで雨の日だって大丈夫、・・・ただ、まだ上手く乗れないの、こける回数の方が多いんです。しかもビンディングで脚を固定しているので、自転車と一緒にゴローンとこけるんです。・゜・(つд`)・゜・イタイ

 自分でも思いますが本当に馬鹿だと思います。

 馬鹿だトレーニング馬鹿になるのだっ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

リレーラーの調整

 朝練に使っている自転車の変速機が、先週からガチャガチャ言うばかりで、上手く変速できなくなった。特にトップギアに入ったり入らなかったり・・・変則レバーを動かしても、「カチャガチャ・・・」とチェーンとドリヴンスプロケットが音を出すだけで変速できないので、クランクペダルをぐっと踏み込んで急にトルクをかけたら、チェーンが脱臼してフレームとトップギアの間に挟まり、スタックしてしまった。リアタイヤからスキール音!!ビンディングシューズでペダルに固定している足がとっさに取れず、あわや転倒しそうになった。もし転倒していたら、時速40km/h位出ていたその時、ヘルメットをしていない私はただではすまなかったろう。

 「このままじゃ走れません」と言う事で、かかりつけの自転車屋さんに変速機の調整に出した、ついでに空気の抜け癖の着いた古いチューブラーレーシングタイヤの交換も依頼した。

 帰ってきた愛機に乗って驚いた・・・普通に乗っている時から違うのです、まるでノイズがない・・・今まで本当にダメっだたのね・・・変速しても「ガッチャン」なんていわないで「チャッ・・」と小さな音で今までよりも素早くギアチェンジできる。あぁカンパニョーロの変速ってこうなのね・・・目から鱗が百枚くらい落ちました。今迄のセッティングは全くカンパをつけていながらカンパでなかった・・・深く反省です。

 同じ距離を走っても、いつもより10分は早い、まいった・・・。

 また朝練が楽しみになってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月 4日 (木)

夏の匂い

 早朝、心肺能力を上げるため、晴れていればロードレーサー(自転車)のペダルを20km程踏んでいる。その後に5kmのジョギングです。

 AM5:00スタートの早朝ミニバイアスロンをしているようなものですね。

 インデュラインが強かった頃のチーム・バネストのサイクルパンツを穿き、アームストロングが在籍しているU.S POSTAL SERVICE Pro  Cycling TeamのTシャツを着ただけで、煩わしいヘルメットとか手袋とかはしません。もちろん何かあったときは自己責任なのは承知の上。自転車保険にも加入済みです。

 この時期、早朝の空の色が太陽が高くなるにつれ、ちょっとづつ美しいトルコ石のような夏の空色に変わり、空と水平線で区切られた海の色は、おろしたてのジーンズのような濃い藍色へとなっていきます。

 海に注ぐ川の河口近くで折り返し、河川敷を上流に向かうと、路肩に繁茂した夏草の青臭い草いきれの中に野生のハッカの香りが混ざった夏の匂いがしています。

 長い下り坂にかかると、その重力に甘えることなく、自らに鞭を入れ、ギアをトップにセレクトし必死にペダリング、65km/h位のスピードが出ています。耳が作り出すタービュランスで「ゴーッ」という風切り音が、頭の周りに纏わり付きます。生身の人間の体は、大気の中をこのような速度で移動するようにはデザインされていないのに今更ながら気が付くのです。

 まだ車の少ない時間帯、市街地に入ってもスピードを落とすことなく、交差点のクランクに近い90°コーナーを速度を落とさずクリアし、自宅の前までできる限りの力でペダルを漕ぐ。

 家に着き、動きが止まると、体温が上がりワッと汗が吹き出てきます。手短に汗を拭き、サイクルパンツを普通の短パンに、ビンディングシューズをジョギングシューズに履き替え、5kmのジョギングを開始です。

 周りを見ると、ラジオ体操に行くために子供たちが公園に向かっている時間です。

 このようにして、私の1日は始まります。全ては来年の耐久レースのために・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

自転車

 10年以上前の競技自転車のタイヤ交換をした。

viner  チューブラータイヤだったので接着剤で手がベトベト・・・

 何でこんなことをしたかと言えば、秋に岡山で行われる、自転車オールナイト耐久レースに出たいからだ。今日練習で乗ってみたらホイルからタイヤが外れそうになったのです、ブレーキングの時に・・・・コワー

 共に戦う兵隊を一本釣りしているのだが、だれも僕チンの誘いにウンといってくれないの・・・・

 フーンだ。一人で朝練だ!!

 こうなったら奥の手、トレーニングジムで兵隊探そうかな?

 でも、自転車のマジな人を釣ってしまったら私もマジで走らなあかん・・・そんなのできるか・・・

 みなさーん、オチャラケチーム出走!!!!チーム員募集中!!!

 東京のNOG兄さーん、どうすか1/1は?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ

 社用車にて交差点の赤信号で停車していた時、路側帯から気合の入った自転車乗りの方が横に並んでこられました。

 使い込まれてちょっとやれたメタリックブルーのフレームのロードレーサー。

 自転車のカラーリングとは対称的なツール・ド・フランスの山岳賞で与えられるジャージ「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ」を着て颯爽と私の乗る車の横で減速、斜め前まで来て止まる寸前に「カチリッ」と言う音と共に片足を少し捻り、ペダルに固定されている靴のビンディングをはずし片足ついて停車。(流れるような動作が横目で見ていて心地良い。)

 信号が青になりそうになると外した足を「カチリッ」とペダルに固定し、パッと青になるや否や、ダッシュ!!見る見る小さくなり、街の喧騒中へ消えて行かれました。

 マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ・・・・・自分的には自転車の山岳王といえばキアプッチ、ヴィランク、2004年2月14日に亡くなったパンターニです。しかし、最近は自転車レースをかつてほどフォローしていません。だって私のフォローしていたヒーローといえばローラン・フィニオン、ベルナール・イノー、ジャク・レモン、ミゲル・インデュラインの時代までですからー・・・残念!!

 私事ではありますが、3年前に欧州をオートバイで走る機会があり、北イタリアのドロミテ峠の上りの道路に白いペンキで「Forza Pantani!!!」と路面いっぱいに大きく書いてあった思い出があります。その道はGiro d'italiaのコースだったのでしょう。

 模型趣味のお仲間に日本屈指の自転車モデラーの方がいます。

 その名はNOG兄さん!!

 これがNOG兄さんの最新作、1938年バルタリが乗ったレニャーノだ。

P1010467  ちょっち小さくてごめんっ!!

 でも作品の雰囲気わかってもらえますよね。

 5月に行われた、静岡のモデラーズ合同展示会の時の写真ですが、展示会でも大人気だったそうです。

 また、「自転車好きならとりあえず読んどけ!!」な本も二冊紹介します。

昭和9年に実用自転車での本州縦断レースを描いた自転車冒険小説、斎藤純著“銀輪の覇者”(早川書房)。

 1999年からツール・ド・フランス6連勝中のチャンピオン、ランス・アームストロング。

 氏のガン闘病からツール奇跡の復活、そして優勝を遂げるまでを綴った“ただマイヨ・ジョーヌのためでなく”(講談社)。

 どちらも読みましたが、お勧めの二冊です。

 さあこのブログのお題にもあるように、明日から週末です。

 みなさんはどう過ごされますか?

 わたしはどうかって・・・?

 たぶん、先週苗を植えつけたサツマイモ畑に行っています。

 では、みなさん良い週末を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)