模型

2014年7月 6日 (日)

Imagine 妄想してごらん

 職場が変われども、両手の指の数ほどのプロジェエクトを同時に抱え、相も変わらず止まると死んでしまう日々を過ごしております。

 さて、本日はそんな私の物事の進め方のネタバラシを。岡田斗司夫さんのスマートノート術を参考にして、この方法にたどり着きました。
 
 それでは、それぞれのプロジェクト毎にファイルを作ります。此処でケチっちゃいけません、1プロジェクト1ファイルです。そのファイルの前半にはノート形式のリーフを綴り、後半はクリアホルダを綴ります。
 そのノート部分を中央縦半分に線引きし、左半分に自分の思う事、希望や妄想なんかを箇条書きにしたり、ちょっとした落書き程度のイラスト描いたりして、その時点で「完成時こうなるはずだ~俺はこうしたい」ってものを書きます。
 そして右半分には、会議の結果であるとか、実際動いたこととか、お金の事とか、そういった現実的な事を脚色なくできるだけ簡素に箇条書きする。
 それに対する感想、感情的な自分の主観部分はその左部分に矢印を介したりして書く。
 配布された書類は時系列を守って後ろのクリアフォルダに入れる。
 
 右脳と左脳じゃないけれど、現実を俯瞰する右部分と、それに対して「もっとこうならないか~」って問いかける主観の左部分のノートファイルができるわけです。
 すると、日が重なるうちに、自分の「こうしたい」が現実に近づいて、現実も「こうしたい」に近づいて、丁度良い落としどころが見えてくるわけです。
 でも絶えず「こうしたい」ってゴールは必要、いかにそれに近づける理詰めで現実を歪曲させるだけの力をもてるか。商売となるとお金の絡んだ生臭い話を上手に立ち回りながら、如何にそのプロジェクトに絡んだ人全てが納得できうる利益を享受できる最適の落とし処がどこかを模索しながら。
 
 実は私の模型製作も同じ、こちらはファイルではなくスケッチブックに、「こんな具合に完成させたい」そんな絵を描くんです。で、目の前のキットとのギャップを、スケッチブックの余白とか、画の部分に矢印で「こうしたい」と書き込んでいくんです。
Dscn1537
 これがそのスケッチ、普通のボールペンで勢いに任せて一気にグアーッと描いているので、乱筆乱画すんません。こういった二次元的な入力を自分の体と脳にすることによって、三次元の物つくりがやり易くなるんです。
 時間と手間とコストを考えながら、できない所は諦めるのですが、その時のできうるボーダーを今の自分じゃ少し無理目のところまで頑張ってみる。此処が自分のスキルの伸び代になるわけです。此処を無理すると伸びるのじゃなくて、擦り減っちゃうのだ。
 このスケッチを眺めながら最大の難問「体毛をどう表現しようか?」と考えています。「ロブ・ボッティンならば一本ずつ植毛するぞ」妄想族のゴーストの囁きゆえに、私は擦り減っていくしかないのでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

復活(リブート)の日

このBlogを放置して、一年以上の長い時間が経ちました。
職場が変わり、赤ん坊だった息子も幼稚園の年少さん。
時の経つのに伴い、私個人も公道のモータースポーツイベントに参加してみて二輪レースの復活の糸口にと思ってみたり、「完成品を見てみたい」と言われているので「ここはひとつ頑張るか」と模型を作ることになったりと、以前の私へ復活の時となっているような感じがする今日この頃です。
このBlogも復活の時なのかも知れません。
 
さて、このBlogの最初の記事は模型趣味についてでした。韻を踏むわけじゃないけれど、復活のエントリーは、模型製作の再開のお知らせについてです。
さてさて、この年になってこのデザインの良さが骨身に染みてわかるようになってきた、米国におけるネズミキャラクターの双璧の片翼を担うBIGDADDYことEd Ross御大デザインのキャラクター「RatFink」。
Revell社のその「RatFink」の模型を私の俺リアルテイストで組み上げていきたいと思います。
20140705215344
ちなみに完成までに使う物は、接着剤と塗料以外はこの箱の中の物だけと言うシバリのあるモデリングをやろう思っています。
一時の父の47歳が組むアウトサイダーでバットテイストなRatFink、ジョー・ダンテ・テイストを利かせるつもりですが、さてどうなりますやら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

ポスター

 鳥取の模型屋さんアクシズさんのHPに行ってみると。

 ギャーッ!!

 私が去年作って、金賞を頂いたガンダムに出てくるモビルアーマーの完成品が、今年の模型展示会「ガンパク9」のポスターになっておりまする~。

 何ともありがたやぁ~。

 アクシズさんのHPはこちら→(ポチッとな)

 私の模型製作のモットーとは、
 「クローズアップに耐えられる仕上げ」
 之なのです。

 アップに耐えてちゃんと仕事できておりますかな。私のビグザムちゃん。

 あぁ~ポスター画像ををじっと見ていたら、「あの時はこうだった・・・完成間際にアンテナが折れた・・・シンナーの飛沫が完成塗膜に飛んて、サフから塗りなおした・・・」そんな事が走馬灯のようにグルグルグルグル・・・さて、バターになっちゃう前に今年は何作ろう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

圧倒的な模型製作

 お久しぶりです。

 11月には一度もエントリーの更新をせず、何をしていたかといえば、11月26と27日に行われた模型の展示会、ガンパク8に作例をなんとか出品する為、寝る間を惜しんで模型製作を頑張っておりました。
 独身貴族の頃とは違う生活環境。しかも10月末まで資格試験でそれが終わってから一ヶ月のみの製作期間。可愛い太一をお風呂に入れ、寝かしつけて、やっと模型製作に励む毎日でした。つーか、今回は模型じゃなくてToyをディティールアップする事となったのです。

 天邪鬼な私、ガンダムの模型と言っても、あまり人が作っていない物を何とかしようってのが今回の企み。あのガンダムのパイロットにして「圧倒的じゃないか!」と言わしめたモビルアーマー「ビグザム」を、私流に料理しようって魂胆なのです。

 ただビグザムと言えば、お馴染みの昔ながらの500円キットから完成度を上げようとすると、ちょっと時間が無さすぎです。ちょうど数年前に販売されていた半完成のToyが中々良いプロポーションとディテイールを持っていましたので、それを改造する事としました。

 そう、ガンダムコレクションのビクザムです。

 とは言ってもToyはToy。子供が怪我をしないように尖った部品はやわらかいソフトビニール製。外観も自分のイメージとは違うアレンジがしてあり、ちょっとtoo muchなデザイン。先ずこの辺を何とかする方向でプランを立てますが・・・何とかする為に半完成のこのToyを、一度部品単位にバラバラに分解しなければなりません。製品の部品の隙間からスポイトでラッカーシンナーをたらして、パーツを止めている接着剤を外し・・・バキッ・・・ボキッ・・・って分解じゃなくて破壊してしまいました。あ~あ~あ~スチロール樹脂ではなくてABS樹脂でできてたようです。このABS樹脂は有機溶媒にとっても弱いのだ。

 先ずは破壊したパーツ群を、考古学者の方が発掘した土器を復元するように、瞬間接着剤をを使って、立体ジクソーパズルを組むように復元してくところから始めました。

 そして何とか形を復元して、やっと加工に入れるのです。

 私の立てた改造プランです。

  • 顔のデザインをテレビ版のように嘴のあるジオン顔にする。
  • 巨大感を出す為に、もちろん顔は小顔化
  • ビグザムの設定通り、カメラアイは多眼にして各小窓に一つづつ計十二個
  • ブレードアンテナはこのToy付属のソフビのものを使わないで、もっとジオンらしさを出す為に、MSV的なリアルタイプデザインに変える。1/144のシナンジュのアンテナを加工して取り付け。
  • 顔が小型になった為に、その台座部分のスロープとバルカン砲がバランスよくなるように改造、リブを作り直し。
  • 通称襟巻きと呼ばれている羽根のようなパーツがソフビ製なので、スチロールにて作り直し。三次曲面が多用されている為、元のパーツからオス型を製作しバキュームフォームで成型。
  • 設定では、高出力の引き換えに廃熱の問題で真空の宇宙空間での稼働時間が20分となっています。本当にプロトタイプな設定ですよね。ジオンのエンジニアならヒートシンクをつけているはずです。嘴の中、襟巻きの外側、顔の下の内部に、エバーグリーンの凸凹プラ板を使ってヒートシンクを新設。
  • 地球連邦軍の戦艦を一撃で撃破するメガ粒子砲の主砲を、「これで撃たれたら一撃だ」って思わせるような物に作り換えそれらしく。
  • 肢の関節はハメ殺しだったのをポリキャップ化、塗装後の後ハメが出来るように改造。
  • バンダイエッジと呼ばれる、幼児に対する安全性のためのゆるいエッジ表現を、ちょっとシャープに。ただシャープ過ぎると、1/400というスケール感が無くなるので、シャープ過ぎないように注意。(縮尺スケールが遠目で見ていると同じ、そうなると細部がボケるでしょ。つー事はエッジもボケて見えるのだ)

 ざっとこんなものでしょうか。これを一ヶ月でやっつけようって事で・・・ただ、こうやるべきリスト書き出してみれば、そりゃ寝れないですよね。

 製作途中の画像はこんな感じです。顔の下の薄緑色の部分は小顔にしたためサイズが合わなくなった部分をポリパテで辻褄あわせしている部分です。

F1020007

 組み立て中は、作っては壊れ・・・作っては壊れな、賽の河原で石を積むような作業。アンテナが折れたり、腹巻と呼んでる小型の粒子砲のパーツがソフビのためエナメル塗料が使えず、ラッカー塗料の手書きで20以上ディティールに銀塗装を1日仕事でしたり、苦労した塗装が組み立ての途中に剥げてタッチアップしたり・・・そう、これが手書き塗装で、私の集中力の限界を試したパーツだ!

20111117193810_2

 私の目論見では、展示会の三日前には完成する予定でしたが、予定は未定、結局、前日の展示会当日に日が変わる直前までかかり、視力が落ちて涙目になりながら完成させたのがこいつです。

Lrg153174_1_1112393

Lrg153174_3_1112395

Lrg153174_4_1112396

Lrg153174_7_1112399

Lrg153174_5_1112397

 もうね、体調崩しちゃったのだ。未だお腹の調子悪い・・・

 私にとっても、圧倒的な破壊力のモビルアーマーだったのです。

  こちらに飛ばれるとガンパク8の模様がよ~く解ります→(ここをポチッと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

厳寒の中の妄想

 鳥取は相変わらずの猛吹雪。いったいどうなるのでしょうか。このまま家に引きこもってそのまま・・・・ってな事を考えておりましたら。

 「ピンポーン。佐川急便です。AMAZONからの届け物です」と、この雪の中、佐川の兄ちゃんがあのAMAZONの段ボール箱を届けてくれました。

 そうだ・・・昨日のメールチェックでコレがくるのだった・・・そうか・・・思い返せば2008年6月5日のエントリーが始まりだった・・・

 2008年6月5日、私はその日のエントリー「夢中のサイト」で、TEDを紹介し、その時エンベットしたTEDの動画がテオ・ヤンセン氏の動画でした。

 「えぇっと・・・なんだったっけ?」と、言う方は紫色になっている文字を「ポチッ」っとしてね。その過去エントリーに飛びますから。

 で、皆さんの復習が終わった物としてお話を続けますよ。

 出版社の学研は、その出版本「大人の科学マガジン」にて、本当にGJな仕事をされていますが、またまた今月号がGJなのです。

 前置きがそうだったから感の良い人はもう解るよね。

 そう、今回の付録はこのテオ・ヤンセンのちっちゃな可愛いビースト君なのだ!

 どうせ外は吹雪いてて外出なんて出来はしない。そんな時は家に引きこもって(もちろん腹巻は着用してだぞ)こういった細工事が最高なんです。で、作る事小一時間。

 見よ!この勇姿を!

20110116194537

 接着剤とかは一切使わないスナップフィットで、クランクにコンロッドを取り付ける時の順番と裏表に注意すれば簡単に形になり、完成後「フー」とプロペラにやさしく息を吹きかけるだけで、のそのそ歩きます。とても動作フリクションが少ない感じで、そして凄く有機的に。

 もうね、キモかわいさ爆発です。

 動画は学研さんがCM動画を作られています。そちらでどうぞ。

 机の上で私の息を動力源として動くビーストを見ていると、筋金入りの妄想族としての私の妄想が始まりました・・・

 鳥取砂丘を舞台にして、1/1の本物を中心として、何千何百というこのミニビーストが群を成して歩き回る。まるで親について回る子供のように・・・そんな光景が見れたら、それはそれで凄く面白いよね・・・。

 学研さん、こんなに楽しい妄想のタネをありがとう。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

代打、私

 一ヶ月ほど前から話が始まります。

 今、私が関わっている料亭のお仕事、その営業会議にて、料亭の名前の入った判子が欲しいと・・・判子と言うよりも落款の類が欲しいと言った話になったのです。

 実は我がオヤジ、書と篆刻を嗜みまして、お調子者の私はオヤジの了解も取らずに「うちで何とかします」と言ってしまった訳なんです。で、事後承諾でオヤジに「ちょっとオイラの顔を立てて一つ篆刻をお願いできないかな?」との願いに、渋々ではありましたがOKと返事をもらっておったのです。

 で、本日。
 この落款の納品日が11/4でして、いまだ何も言ってこないオヤジにやきもきして、ただ・・・こちらが一方的に頼んだ物なので、あまり催促するのは悪いかなと思うのですが、それでも納品が遅れれば料亭の皆にも迷惑が掛かる。ココは「エイヤッ!」と覚悟を決め、オヤジに物申した訳なんです。

 「彫ろうと思って、墨書きはしてたんだけれど、老眼が事の外進んでいて、刀(とう)を握ったものの、彫れないのよ」と物凄いショッキングなカミングアウト。今この時期にこんな事の言われても・・・どうしたら良いの・・・。

 見れば、落款となる石には、漢字が生まれたばかりの頃の字体「篆文」の鑑文字が墨書きされ、彫り出されるのを今や今やと待っている状態でした。

 それをただ眺めていても、石はただの石のまま。ココは一つ、我が模型魂とテクニークで、私がいっちょ彫りだしてやろうじゃあ~りませんか、と決めたのです。

 大・中・小、三種の刃先の刀を手に取り、息を止め、ちょっとづつ「カリ、コリ」とオヤジの文字を削り取らないように篆刻を行います。

 時々、休み休みやらないと、集中力と視力が続きません。

 カリ・・・・コリ・・・カリ・・・

 やっと形になり、それに朱肉を付け試し捺し。その印影をオヤジに見せると、鉛筆で「ココが太い。コノ余白の始末が雑。ココの線はもっとシャープに」と、駄目出しです。

 そして、其処を修正しては試し捺し→駄目出し→修正→試し捺し→駄目出し→修正そんな事を何度続けたのでしょうか(遠い目)。

 そんなこんなでやっとの事OKが出ました。

 そして私が彫りの代打として篆刻をしたのがこちら。

Tenkoku

 これで「有隣」って書いてあるんです。「オイオイ、左右が逆じゃないのか?」って思いますよね。最初、私もそう思いました。でもこれ正しいのです。ちゃんと「篆刻辞林」っていう本を原典としています。
 ただ、そのままちゅー訳でもなく、ちょっとオヤジ流のアレンジも入っているのですが、「それは書&篆刻をやるものとしてのセンスの試し処だから譲れない」との事でした。

 とにかく私は、何とか納期前に間に合った事が一番ホッとしています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

三つ子の魂百まで(第○シーズン)

 最近ね、ホンマ年とったと思うわけなんです。何もかも・・・懐かしい・・・まるで沖田艦長のような私・・・・(遠い目)

 ハッ!!イカンイカン。忙しさに負けそうで、ついついプチ妄想で現実逃避してしまっています。

 でもね、こんな気持ちになったのは、ほぼ三十数年振りくらいにこれが発売と知って。もうね脳内買うた止めた音頭を踊りまくっているわけです。

 それは何かって・・・これだっ!

  ココをポチッと→

 ノスタルジアな訳です。

 四十路の身ゆえ判る、ロボダッチの憧れ・・・・。

 あぁ・・・何もかも・・・懐かしい・・・

 ハッ!!イカンイカン。

 (そして、無限ループへ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

ひたすら見るように

 いや~スゴイサイト見つけました。

8853530bs こんな模型作品を作り続けている造形作家さんです。
 とやかく言わないので、このHPに行くベス。

 http://kuksi.com/

 すげぇ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

趣味だねぇ~

 かつて、このBlogのエントリーで「Haynes社のマニュアルシリーズにNasa Mission AS-506 Apollo 11 Owners' Workshop Manual: 1969 てな、アポロ11号の取説本があるよ」とご紹介しました。

 実は、このHaynesのマニュアル、もっとコアな内容の本が日本版!!として出ていたのです。

 その題は、なんと「スーパーマリン・スピリットファイアのすべて」と言う本です。

 これだっ!

 故あって、今、この本を購入し読んでいる私・・・呆れます。本当にスピットファイアを所持して、どのようにして維持するか、そういった本なのです。

 本当にイギリスは「趣味だねぇ~」な国ですな・・・うらやましい限りです。

 さて、話は変わりまして、昨今のネットニュースで知っておられる方も多いと思いますが、今、スペース・シャトル売りに出てますよ~。しかもNASAは、機体の払い下げ価格を4200万ドル(38億2000万円)から2880万ドル(26億2000万円)に大幅値下げすると発表しました。ちょうど巷がバーゲンの時期だからって30%以上のディスカウント!!これって叩き売りじゃないか。国家のために一所懸命働いた機体を・・・そんなんでええんかNASA!

 ともすると、これは近い内にHeynesのスペース・シャトルの取説が出版され、直ぐに英語以外の外国語版として北京語版が出そうな予感がするのであった。

 あ~どうにかして6000万ドル稼げんかな・・・部品取り用と込みで個人的は2機欲しいのだったらなのだ・・・はぅ~、無理無理無理無理ィィィィィィィ!

 ドゥーハンが買わへんかな。
 ある意味、ヲタ的にオモロイ・ネタになるのに( ̄ー ̄)ニヤリ。

 「趣味だねぇ~」って。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

こんなレストアもあるのだぞ

 私を含めて私の周りでは、旧いフェラーリを工場から出てきたオリジナルの状態で維持してきた車輌のみにマラネロの本社が認定する「クラシケ」の認定を取る為に、一生懸命な友人や、F.B Mondialのジロレーサーを四年掛かりでレストア中の友人、私は二十年前に作られて、紫外線や経年変化でボロボロになったプロターの二輪模型の完成品をレストア&ディティールアップしたり、街乗りMVの修理&オリジナル維持の為、パーツ確保と金策にヒーヒー言わされていたり。かたや、焼き物好きの友人は、虎の子の萩焼きの煎茶器が割れてしまい、それを金継ぎでお直ししたり、その美しさ故、持ち主の審美眼にかなった物は、このようにお直しをされ次の時代へと引き継がれていくのだ。

 今回はこのようなレストレーションのお話なのですが、なんと昨今は、映画の小道具に対して本格的なレストレーションが行われているようなのだ。

 なんと、エイリアンの舞台となった宇宙工場プラントの牽引船、ノストロモ号の劇中使用されたプロップミニチュアのレストレーション動画です。

 ただ今パート2まで出ているのですが、YouTube動画のパート3の更改が待ち遠しい、ガチ・スターログ世代の私がいます。

 しかし・・・映画製作のために使われっぱなしだったこういったプロップミニチュアが、このようにレストアされる時代になろうとは・・・歳は取ってみるもんですな。(感涙)

  PART I

 PART II

 素晴らしい・・・なんだか目頭が熱くなってきたぞっ!!!

 ちなみに映画製作時にこのノストロモ号を作くられた、英国ミニチュア製作の神様、マーティン・バウアー御大のHPはこちらです。→(ポチッとな)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧