学問・資格

2012年7月13日 (金)

扶養家族?

 さて、40代も半ばを超えると、何かにつけて昔の事を色々思い出すことが多くなってまいります。
 ついこの前も、フランス語の個人レッスンのための予習を深夜、眠い目をこすりなら、辞書を引き引き仏文を読んでおりました処、大学時代のフランス語の講義にフラッシュバックしてしまいました。睡魔にトランス状態で挑む、妄想族の面目躍如ですね。

 さて、それが、どんなフラッシュバックかといえば・・・

 講義中、先生曰く「アフリカのある部族では、彼らの集落を訪れる者は、先ず長老に接見し、その長老が口に入れ噛んでいた豆を、その訪れた者の口に入れられ、その長老の噛んでいた豆を飲み込むことで、その部族から客人として迎えられる。この行為は、鳥や獣が、食物を一度口にし、咀嚼、半消化させ、雛や子供にそれを吐き出して与え扶養するといった行為と同様の意味でありまして、弱きものを保護するし、また、与える側に対し、与えられる側の絶対の信頼と服従を求めるものなのです。実は外国語の世界も同じで、既でに誰かの手によって翻訳された文章を読むという行為はこれに同じで、誰かが噛んだ豆を喰らう行為と同じなのです。外国語で書いてある文章を他人の色を付けないで本当に理解しようと努めるならば、その言語を自ら読み理解するしかないのです。近道はありません」と。

 実はこの妄想にはきっかけがありました。

 その日の夕食時、先週の金曜日でしたが、翌日が週末との事もあり、家で久々の晩酌がしたくなったのです。晩酌と言えば私はビールの小瓶を一本開けます。(小瓶つーのが私のこだわりで、北大路魯山人もそうだったとの事。)そのビールのアテに、スルメを1枚焼いてもらったのです。
 私の席の相向かいでは、1歳4か月の太一が「うまー」と言って、夕食を相方に食べさせてもらっていました。
 太一の食事が大方終わりそうだったので、細~く裂いたスルメの切れ端を太一に手渡してみました。始めの内は「なんじゃこりゃ?」といった表情を浮かべていましたが、スルメの端を口に入れしゃぶり始めると、とてもお気に召した様子。相方の「たいちゃん、そんな固いものもうパイしよう」と、取り上げようとしても「イヤイヤ」をして、小さな手に握ったスルメを離す様子はありません。その内、彼のよだれで程よくソフトになり、3つ位に折り畳んで、両手で大きく開けた口に折りたたんだそれを押し込み、モグモグとしていました。ちなみにその時、彼がしていたよど掛けは、とても「イカ臭い」よど掛けとなっちゃったのだった。

 食事も洗い物も終わり、お風呂まで一休みタイム。太一は食堂でおもちゃ遊び、私は別の部屋に行き、そこでTVを観ていました。10分ほど経ったでしょうか。廊下から「テテテテテッ」と太一の足音、そして私が居る部屋に入ってきて「おとっと見つけ~」とでも言いたそうな満面の笑みを浮かべながら、寝転んでいる私の顔にくっついて来ると見せかけ、やおら自分の口に指を入れ、電光石火の早業で、その指を私の口にねじ込んだのでした。「これ美味いから、食ってみろ」と。

 指には、1時間近く太一の口の中でたっぷりのよだれ吸い込み、やっと生え始めた上下の臼歯によりボロボロになって味の抜けたスルメの残骸があったのです。

 そうか太一よ「おとっとは歳だから、一刻も早くオイラが面倒を看てやるぞ!」そーゆー事なのか。そうなんだな。ギュー(抱きしめ)モグモグ・・・ゴクン。

 さて、この事象から推測すると、どうやら幼児のよだれには、遅行性の幻覚物質が入っているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

ガリ勉夫婦

 知恵熱の夏、皆様いかがお過ごしですか?

 おかげさまで仏検3級、無事合格いたしました。
 睡眠時間を削り、頑張ったかいがありました。

 そして次の目標、2級へ・・・。この2級が受かれば、私のフランス語プロジェクトは終了とします。とは言っても、2級と3級のレベルの差は、今の状態から、マリアナ海溝の深さくらい掘り下げなきゃいけないほど違うので、「この秋に」ってな訳にはいきません。問題集をパラパラって見ても、レベルの高さに貧血が起きて倒れそうになります。

 とは言いつつ、10月半ばには、仕事関係の資格試験も控えております。これも合格率が二割切ってる・・・。大丈夫か、私。
 ちゅーことで、今その参考書を丸写し中です。手で書いて大まかなシルエットを頭の中に作って、それで問題集を説いて細かなディティールを仕上げる感じですか。ちなみに文明の利器、任天堂のDSを最大活用します。これ用の問題集ソフトウェアが出ているのです。それで仕事との合間のちょっとした時間でも練習問題を解いて、試験当日までの知識の補完をしていこうって言う作戦なのです。ちなみに試験までおよそ100日。こんな寄せ集め時間が30分/1日あったとして、100日なら3,000分、つまり50時間の学習時間が捻出できるのだ。

 相方は相方で、この夏、スキルアップと資格獲得の為、地元大学の夏季講習を受講する事が決まりました。
 その受講許可証がこの週末に届いたのですが、もうね、それ読んだだけでゲップが出るほどの講義内容。1日7.5時間12日間、そしてすでに第一回目の講義用の課題も出ております。乳飲み子を抱えた夫婦でですが。お互いの家の両親の協力もしてもらえるみたいですので、この8月のタイトなスケジュールな生活を、頑張っていこうと決意しておる所なんです。5ヶ月になる息子にもストレスを与える事になると思いますが、きっといつか解ってくれるって。

 そんなこんなで、結構いっぱいいっぱいな生活が待っています。

 でもね、社会人は結果を出して何ぼ。前のめりな気持ちで、気合入れていこう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

無謀な賭け?

 この前から、ちょこっとこのBlogにも書いておりましたが、実は二ヶ月前から、過去に学んだ語学、フランス語のブラッシュアップをと思い、もう一度学び始めました。
 地方都市なので外国語学校とかではなく、地元大学の第二外国語を教えておられるフランス人の小母ちゃま、元パリジェンヌのローズメ先生に個人レッスンを受けています。

 しかし、学んでみてわかるのは、学生の頃はヌルかったねぇ~、こうやって自分の稼ぎの中からやりくりして月謝払って勉強すると、ホンマに向学心がただ事じゃないモンね。

 と言う事で、毎週土曜日は、雖井蛙流の前の二時間、ばっつりとフランス語のお勉強。つーか予習復習は毎日ちょっとづつやっているんだけれどね。

 で、この二ヶ月間のブラッシュアップの第一段階の成果を目に見える形で、と思う訳で「この6月、フランス語検定でも受験してみるかな・・・いきなり中期目標の3級は辛いので、褒めて伸びる子の私としては、初歩の5級から~」と思っているとローズメ先生、「試験は午前中に5級で午後から4級、その日に二つ一緒に受けられるからまとめて受けたらどぅ~かしら?5級は多分大丈夫、4級はこの一ヶ月、お勉強をちゃんとすればぁ~大丈夫(ニコリ)」と。

 さて、この一ヶ月、お勉強をちゃんとすればぁ~・・・って、4級大丈夫でしょうか、私・・・。

 このBlogのお題は「週末が待ち遠しい」でしたな。日々頑張った人にだけ来る特別な週末、6月20日がそんな日となれますように、日々の30分に満たない10数分をかき集めて、やるしかない!継続は力であることの実証実験なのだ。

 お仕事いっぱい、プライヴェートいっぱい、お稽古事いっぱい、勉強もいっぱい。
 毎日が過給機が掛かったように加速して、すっ飛んできます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

伯父さん夏期講習・最終講義日(後編)

 ・・・この前のエントリーからの続き。

  実は一昨日、仕事で営業中に目にしたポスターで、鳥取大学のオープンキャンパスの一環で、乾燥地研究センターとアリド・ドームの一般開放が昨日の夕方から行われることを知ってしまったのだった。其処には「留学生の方々の出店」の文字も。面白そうじゃあ~りませんか。

 で、餃子&ビールもどき作戦の後、二人してお昼寝。夕刻の4時には甥を起こし、鳥取砂丘に隣接する鳥取大学乾燥地研究センターへ向かったのだった。

20090808164942 これが乾燥地研究センター誇る実験棟アリド・ドームだ!!

 到着早々、「ここに入りたい」とアリドドーム内を甥と二人歩きます。何だか色々な機械が一杯で、甥的には「ナンダこりゃ、質問君スイッチ」が入ったようで、同じところをグルグル回っています。まあ、「かくれんぼ」の延長ですね。

 でドームから出ると、テントブースで留学生の方々がされているイベント「いろんな国の言葉で『こんにちは』をいってみよう!」と云うのをやることとしました。

 中国、モンゴル、スーダン、モーリタニア、マダガスカル、それぞれの国の方が国旗のバッチを胸に付けられていて、その人に会ったら「こんにちは」を意図する言葉を耳から聴いて教えてもらって、聴き取った言葉を口に出してしゃべってみて、OKをもらえたらスタンプを貰っていくゲームなのです。やはり、発音法がちょと違う、スーダン&モーリタニアのアラビア語につまずいています。ちなみに、全ての子音に母音の支えが入ってしまい、その言葉と発音がかけ離れてしまって良くないのですが、わかりやすくカタカナ表記すると「アッサラーム・アライクム」となります。(発音記号のフォントなんて無いのだ)全てのスタンプを集め記念品を貰いココで一息つきます。

 テントブースで売っている、粉物ソウルフード、モンゴルの羊肉のミートパイ(ホーショール) ・中国の茹で餃子、日本のぶっ掛けうどんの3品を購入、しかも、研究センターで栽培されたメロンの試食というデザート付きなのだ。(ただ量も少しずつなのだ)

 鳥大ジャズ研の生演奏を聴きながらこれらを食します。甥、好奇心が旺盛なので、なんでも食べます。「美味しい?」と私が問えば「慣れもあるんだからね、でも不味くは無いよ~。文化の違いでしょ。どちらかと云えば美味しいです」と、いっちょ前な頼もしい言葉。あの赤ん坊がこんな事を言うようになったか・・・。しかもこの食事中、私達のテーブルの横でアラブ系の民族衣装を着たお父さんと、丁度甥の妹の姪と同じくらいの歳の女の子が遊んでいらっしゃいました。じーっとその光景を見ていた甥「みぃちゃん(姪の愛称)みたいで、かわいいねぇ~」と、呟いていたのを伯父さんは聞き逃さなかったぞ、本当にいつの間にかお兄ちゃんになったんだねぇ~(しみじみ)。

  そうしていると、場内放送で「18時より講演『灼熱のメキシコは、サボテンがおいしい?!~日本・メキシコ友好400周年~ 』が始まります。この講演後、サボテンとサボテンの実の試食会を企画しております」と流れました。これを聞いた甥「サボテンって食べれるの?食べてみたい!食べてみたい!」と私の手を引っ張って講演会場へ。

533pxhylocereus_undatus_red_pitahay 私は、小学生が大学の先生の講義に準じた講演をおとなしく聞く事が出来るのだろうか心配で心配で・・・・でも流石その辺は研究所の先生も想定されていたのか、闘牛士のコスプレをされていたり、クイズあり、クイズに正解して、サボテンの実のドラゴンフルーツがもらえたりと、甥はそれなりに楽しんでいたようです。

 私の心配を他所に、40分間の講演をちゃんと楽しんだ甥。そして終に待ちに待ったサボテン料理の試食タイムです。

 今回のメニューは、サボテンのスパイシーなメキシコ風炒め物、サボテンの酢の物、ドラゴンフルーツの赤いのと白いの、アロエのシロップ漬です。

800pxhylocereus_polyrhizus  色々食べながら、「サボテンは中々おいしねぇ~」とか「ドラゴンフルーツは白いのよりも赤い方が甘みがあっていいねぇ~」とか「エアロ(アロエだちゅーの)はゼリーみたいだねぇ~」と、この実学講演を楽しんでいた様子。

 そう、世界は世界は多様性に富み、それを受け入れらる寛容さが備わってこそ、広い視野持った考えが出来るようになるんだよ。机に向かうお勉強も確かに大事なんだけど、それだけじゃ駄目なのだ。

 それでは、岡国のキッズバイク教室から始まった「伯父さん夏期講習」は、これにて終~了。パフパフ、ドンドンドンッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伯父さん夏期講習・最終講義日(前編)

 一人で帰省中の甥の為の伯父さん夏期講習、甥は本日のお昼のフライトにて東京に帰っちゃうので、昨日が実質的な講義最終日なのです。長いようで「あっ」という間に終わっちゃったこの一週間の伯父さん日記もそろそろ終盤です。で、朝からオールで私がお休みの土曜日、盛り沢山の内容で攻めようと・・・講義内容はズバリ「食育」と「文化の多様性について」なのだ。

 ちょっと前のエントリー書いていたように、午前中から昼食にかけては、「自分で作った餃子にビール?で乾杯!大人な気分を味わおう!」を合言葉に、甥と二人で餃子を作る事としました。実は前から義妹(甥のお母さん)のお姉さんが、餃子等と一緒に美味しそうにビールを飲まれている光景を甥は目にしていて、「一体どんな味がするの?」と私に質問君だったのだ。そうとなれば、リーガルな環境でそれを体感させてやろうと、伯父さんは思った訳なんです。私にはその顛末の光景が目に浮かんでいるのですがね・・・ひひひっ!

 つー事で、私は朝一から餃子の餡の仕込みなのです。お袋が用意してくれていた豚の挽肉は200g、レシピ集を見ながら豚挽き肉200gに対するその他の具材・調味料の量を導き出し、しっかり電子測りを使いながら、秤量です。良いですか、料理は化学実験(もちろん+愛情)なのです。秤量、加熱温度と時間をしっかり守りましょう。で、作った餡は馴染ませる為、冷蔵庫で甥と二人で皮に包み始める昼前まで休ませておきます。

 10時過ぎ、近所の酒屋さんまでノン・アルコール・ビール風味清涼飲料キリン・フリーを買いに出かけます。少しまったりとしてから、お昼まで1時間を切った11時過ぎ、餃子60個を甥と二人で皮に包んでいきます。やっぱりと言うか・・・甥の仕事・・・うーむ何と言ったらよいのか・・・でもこれも勉強です。数をこなせば上手くなるはずと信じ、甥のこれから包む餃子に対して指導はしても、包んだ物に文句を言わない・・・事にしました。甥よ、ガンプラを作る時の指先の器用さが、餡を皮に包んで襞を付けていく作業に直結しているのだ。お箸を使う文化圏の我々が、指先が不器用だとカッコつかないんだからね。二人して30分弱で60個を包み終わりました。今回は冷え冷えのビールもどきが待っておりますので、もちろん焼きで仕上げていきます。

20090808123001 で、これが焼いている最中です。結構良い感じでしょ。盛り付けたのも撮ろうとしたんですが、盛り付けた傍から甥がつまむ・・・あのキツネ色にこげ色の付いた焼き面を表にし、お皿の上で美しく二列縦隊で整列する餃子が撮れないんです・・・つまみ食いされ二列縦隊の乱れたプレートを撮るなど、私の美意識が許せないので完成品の画像はありません。

 で、厨房からつまみ食いして「おいしいねぇ~」と言っていた甥、食卓へ餃子のお皿と霜のついたタンブラーを用意し、そこへキリン・フリーを注ぎます。

 「それでは、いただきま~す!」甥、餃子をツマミ、ビールもどきに口をつけます。手が止まりました「・・・」となってグラスを凝視しています。そして確認するようにもう一口。「・・・・・・、・・・これ、もういらない、おにいちゃんが飲んで。僕、麦茶でいい」と。すかさず私が「どんな味だった?」問えば「ビミョー、苦いのか、甘いのか、なんだか僕にはわからない味でした」と。

 うひひひ、なんとなく、こんな事になるんじゃないかと思ってはいたのです。成長期の子供の舌の味蕾(味を感じるセンサーのことね)は、大人の我々が感じているよりも、「甘さ」と「苦さ」に非常に敏感に出来ているのだ。つまり、甘い=エネルギー、苦い=毒成分に敏感ちゅー事やね。なので美味しく感じないのは当然なのだ。皆さんもこんな経験した事無いですか?子供の時はあんなに美味しかったラムネを、大人になって懐かしくて飲んでみると、ただ甘いだけの炭酸水でビミョーな感じだった。とか、子供の時はフキノトウ味噌なんて人間の食べ物とは思えなかったのに、大人になると本当に美味しく感じる・・・。等、子供の時は、それほどまでに「甘さ」に飢えて、「苦さ」を避けるようにDNAにプログラムされているのだ。

 ココで一言、このキリン・フリー、ノンアルコールのビール風味飲料としては、結構良い線でビール味(モルト臭、ホップの苦さ)の再現は出来ています。ただ物足りないのはアルコールが無いので仕方の無いところなのです。どうしてもお酒が飲めない状況ならばこれもありな選択だと思うのです。樹先生ではないですが「選べる」って事が大切なのだ。

 でも、「ビールってどんな味?」って言う事に答えが出てよかったじゃない。そして、甥なりに苦労して包んだ餃子は、「苦労」と言う調味料が相まって、とても美味しかったみたいで、60個中30~40個は甥の胃袋に入っていきました。

 次は、小学生3年生が大学のオープンキャンパスに乱入!!の後編へつづく。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

それは気まぐれに現れる

 皆様はお持ちの車のナンバープレートを好きな数字にされています?

 仕事中、続けて次のようなナンバーを見かけました「・・・7」「5555」「・・・3」「2222」なんてヤツです。

 それは突然です、営業車のヴィッツを運転しながら、それらのナンバーのことをなんとなく考えていると「はっ」と気が付きました。「7、5、3、2」これって素数やん。

 それにに気付くと、いかにも申請して好きな番号取りましたって言うようなナンバープレートを注意深く観察すると、素数そのものだったり、素数の組み合わせの多いこと・・・。

 素数って何や?わからへん??と言われる方にチョッチ説明すると、1とその数以外のどんな自然数によっても割り切れない、1 より大きな自然数のことです。

 まるで「俺は俺にしか倒せないっ!かっかてこんか~い」って言っているような無敵さや、調和された美しさをこれらの数字から感じ、人は知らず知らずの内に、素数に魅入られているのでしょうか?

 そー言えば、無茶士さんの好きなレース時のゼッケン番号、「3」も「5」も「53」も「71」も素数ですよ。

 ちなみに今現在最大と言われている素数は230402457-1だそうです。表記が数式になっているのは、この数を書くと915万2052桁もあり、この数を印刷したところ1500枚以上の紙を使ったそうです。(文字の大きさにもよりますけどね。)

 こんな915万2052桁もある数を見つけさせる素数、数学者の方を物凄く魅了させる何かがあるのですね。

 チョッチ羨ましかったりします・・・←「はっ!」この感じ、「素数さまにあやかりたい、あやかりたい」ってそれで選ぶのか素数を・・・。でも絶対915万2052桁の数字なんて選ばない←当たり前。

 ちなみに“cube”って言うカナダのホラー映画では、素数以外の番号の付いた部屋に入ると、身体をバラバラにされたりスライスされて殺される、キビチー内容の映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)