パソコン・インターネット

2017年1月10日 (火)

ヲヤジ的スマートフォン考

 企業のネットが星を覆い電子や光が世界を駆け巡っても国家や民族が消えてなくなるほど情報化されていない近未来” 攻殻機動隊より

 年も明けて10日が過ぎ、日常が帰ってきています。皆様いかがお過ごしでしょうか?

Pwpf29631_2  相も変わらず、公私でバタバタしているそんな私がスマートフォンを導入してほぼ一年の時間が経とうとしています。この一年に満たない間に、すっかりスマートフォン・ジャンキーになってしまった私。

 五歳の息子と共に鳥取港、鳥取城跡に赴き、小冒険のつもりで遊ぶPokémonGO、毎朝食後の10分間を使って、英会話のブラッシュアップするためDuolingoをし、ちょっとした時間があればkindleでビジネス書等の一度読んだら十分なコンテンツに目を通し、Facebookやインスタグラム,Twitterにエントリーをアップロード、画像を撮るのも携帯のカメラで行うことが多くなりました。仕事中にEdynで家庭菜園の状況をチェックする傍ら、その数秒後には持ち株の時価を調べ売買をしている・・・

 「私にとってのスマートフォンって、まるで十徳ナイフのヴィクトリノックスのようなもの?」いえいえ十徳ナイフは使えることは使えるんだけど、そのそれぞれの道具のピンの良いものに比べると今一感があるよね・・・それが無いんです。それぞれのアプリがエッジが効いてて十分に使える。ただし、それが生きるシチュエーションがあります。
 ちょっとした時間に何かツールや物を持ち出したりせずにちょっと何かをする、そんなシチュエーションにはぴったりなんです。私自身の根がギズモ好きなギークというもあります。ハイ

 導入前より色々やっているんですが、睡眠時間はずいぶん伸びています。←ここ大事!気が付けばすっかり朝型人間になっている現実。

 ただ本来の携帯電話としての基本機能は?と問われれば・・・電話として使う頻度はすっかり減っていることに気が付きます。情報端末の付加機能としての電話なんですね。

 攻殻機動隊では前述の一文より物語が始まりますが、スマートフォンで世界につながっている我々は、その作品中で「近未来」と言われていたそんな現代に住んでいるかようですね。

  さあ、ネットは広大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

厳寒の中の妄想

 鳥取は相変わらずの猛吹雪。いったいどうなるのでしょうか。このまま家に引きこもってそのまま・・・・ってな事を考えておりましたら。

 「ピンポーン。佐川急便です。AMAZONからの届け物です」と、この雪の中、佐川の兄ちゃんがあのAMAZONの段ボール箱を届けてくれました。

 そうだ・・・昨日のメールチェックでコレがくるのだった・・・そうか・・・思い返せば2008年6月5日のエントリーが始まりだった・・・

 2008年6月5日、私はその日のエントリー「夢中のサイト」で、TEDを紹介し、その時エンベットしたTEDの動画がテオ・ヤンセン氏の動画でした。

 「えぇっと・・・なんだったっけ?」と、言う方は紫色になっている文字を「ポチッ」っとしてね。その過去エントリーに飛びますから。

 で、皆さんの復習が終わった物としてお話を続けますよ。

 出版社の学研は、その出版本「大人の科学マガジン」にて、本当にGJな仕事をされていますが、またまた今月号がGJなのです。

 前置きがそうだったから感の良い人はもう解るよね。

 そう、今回の付録はこのテオ・ヤンセンのちっちゃな可愛いビースト君なのだ!

 どうせ外は吹雪いてて外出なんて出来はしない。そんな時は家に引きこもって(もちろん腹巻は着用してだぞ)こういった細工事が最高なんです。で、作る事小一時間。

 見よ!この勇姿を!

20110116194537

 接着剤とかは一切使わないスナップフィットで、クランクにコンロッドを取り付ける時の順番と裏表に注意すれば簡単に形になり、完成後「フー」とプロペラにやさしく息を吹きかけるだけで、のそのそ歩きます。とても動作フリクションが少ない感じで、そして凄く有機的に。

 もうね、キモかわいさ爆発です。

 動画は学研さんがCM動画を作られています。そちらでどうぞ。

 机の上で私の息を動力源として動くビーストを見ていると、筋金入りの妄想族としての私の妄想が始まりました・・・

 鳥取砂丘を舞台にして、1/1の本物を中心として、何千何百というこのミニビーストが群を成して歩き回る。まるで親について回る子供のように・・・そんな光景が見れたら、それはそれで凄く面白いよね・・・。

 学研さん、こんなに楽しい妄想のタネをありがとう。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

どこでもドア~

 かつてこのBlog上で、出始めのGoogle earthやStreet Viewを紹介したのも今はもう遠い昔・・・

 またまたTEDでスゲーモン見つけました。
 まだ開発中画面なのですが、人類は真面目にMATRIXを作ろうとしているのか、いやリアルタイムで実況中継って・・・凄い、凄すぎます、今回のTED Talk。

 先ずは観てちょ。前にも書きましたがView SubtitleでJapaneseを選択しないと字幕つかないからね。

 準備はイイ?では近い将来、最新の地図ってこうなるのを観よ。

 しかしこうなると、本当にプライバシーとかどうなるのか。

 これを使えばリアル・ビッグブラザーな1984的Web社会主義とかになるのではないか・・・そんな懸念も残る感想を持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

尺八でJAZZ

 さて、引っ張りに引っ張った第一弾隠し球計画、此処で全貌が明らかに。

 私の友人、テル功山(こうざん)氏の演奏が無事コンテストサイトにアップロードされました。

 演奏曲には、YouTube側が用意した5曲、ジョージ・ガーシュインのバット・ノット・フォー・ミー、サマータイム、アイ・ガッタ・リズム、サムワン・トゥ・ウォッチ・オヴァー・ミー、それにヴィクター・ヤングのマイ・フーリッシュ・ハートの中から選んで演奏しなさいとのレギュレーション。

 テルさんはサマータイムを選曲です。

 下記サイトURLへ飛んでもらい、「投票する」ってタグをポチッっとやって画面が変わったら 、検索の所に「terukouzan」って入れてもらって検索すると、二つの動画が出てきます。
 一つはスタンダードなサマータイム、もう一つはちょっとアップテンポなモダン調にアレンジの入ったサマータイムとなっております。色々なパターンを試して撮影してみて、最後にどれをコンテストに選出するかって時になって、「こちらは此処が良いし、これはこんな味があるし・・・う~ん」てな感じで、最後に残った2つから1つ選ぶのにどうしても決めかねられ、「もう2つ共上げちゃいましょう」と2パターンのサマータイムを出してしまいました。
 ちなみにJAZZあんまりわからん・・そんな人のためにご説明いたしますと、テルさん自身の尺八場面から始まるのがスタンダードヴァージョン、ピアノを演奏してるDr.Sakuraiのアップの画面から始まる方がモダン調アレンジヴァージョンですよ。

 さて、これを見られた皆様はどちらがお好みですか?

 最後になりましたが、サイトでの評価の方もよろしくお願い致します。o(_ _)oペコッ

 そしてコンテストサイトはこちらっ!
 http://www.youtube.com/user/YTJazzJP

 それでは隠し球その壱、お楽しみください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

ささやきはじめすよ

 この前のエントリー「あっちでボソボソ、こっちでボソボソ」でで皆様に紹介しておりましたtwitterにサイン・インしてみました。

 ココは一つ世界に繋がると言う意味でも、使用言語はEnglishでいってみようと、無謀なチャレンジです。

 ホンマ私の錆付いた英語で大丈夫なのか?しかし、言語は学問ではなくてコミュニケーション・ツール、すなわち道具なのだ。道具は使わなきゃ器用にならないのだ。

 飛び込み台から、鼻を摘まんで「エイッ!」って、飛び込んだ心境です。

 しかしまだ、今、何やっているのか書いていません・・・(ダメじゃん私)

 日が変わるまでに、何か書きます。

 興味のある方、一緒にどうすか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

あっちでボソボソ、こっちでボソボソ

 「あっちでボソボソ、こっちでボソボソ」と言えば、後期タイムボカンシリーズの名バイプレーヤーの一人、「ささやきレポーター」の銘台詞ですが、そんな現代の「ささやきレポーター」が世界を変えようとしていると耳にしました。

 このBlogを今お読みの皆様の中で、今現在Twitterをされている方いらっしゃいます?実はお友達のzukaさんのmixiの日記の影響もあって、非常に興味があるのですが、今一つピンと来ないのです。

 確かに、昨今のイランの選挙の事件、新疆ウィグルについての現地情報、Twitterで寄せられる物がBBCやCNNのニュースソースになりつつあるといった事を鑑みても、なにやら凄い事になってきているんじゃ・・・つぶやき、ささやきコメントで、世界につながっていく・・・、でもね、まだ自分の中でカッコたるイメージできないんですよ。実際やられている方のコメントをお願いします。

 ちなみに、Twitterの創始者の一人、エヴァン・ウイリアムズ氏の公演がTED上にありました。それも貼り付けておきます。 

 100ドルパソコン構想のラップトップや、無料ビデオ通話のできるskype、そしてこのTwitter、メディアもコミュニケーションも大きく変わろうとしています。

 しかし、zuka氏とも話すのですが、そうなってくるとベースとなる英語と言うコミュニケーション・ツールを徹底的に磨く必要があるのです・・・。

 ファイトです自分、「まだだ、まだ終わらんよ」です。

 P.S最後にラップトップについてのTEDの動画を貼り付けておきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

俺の信じるお前じゃねぇ、お前の信じる俺でもねぇ、お前の信じるお前を信じろ!!!

 皆さん、私は年度末でキリキリ追い詰められていますが、皆さんはいかかですが?

 えぇっ、気分転換でこのBlogに来たのにのっけからそれかい。

 いえいえ、この「週末が待ち遠しい」って御題を上げている以上、こんな時こそ元気出してもらわないと。って言う事で、ずいぶん前の動画なんですが、こんな時ハートに火をつけてくれる私が大好きな動画をご紹介したいと思います。

 アップル社のCEOスティーブ・ジョブズ氏が2005年、スタンフォード大学の卒業式で行われたスピーチです。

 今このBlogをごらんの皆様の中には、それこそ学生で卒業を控えた方もいらっしゃるでしょう。年度末でシャレにならない不景気(あ、不景気って言うの止めようって約束破って言っちゃた・・・かっぱさんごめん)で、中々稼ぎにつながらないけど、それでも昼夜無しにフル回転の方もいらっしゃるでしょう。私の行っているジムで自分を信じて研修生をやりながら、春からのトレーナーとしての自分を希望と不安の両方を持ちながら迎えようとしている方もいらっしゃるでしょう。

 そんな皆に観て欲しい・・・そんな動画なのだ。なんて言いながら、仕事に追い回されて磨り減って、剣術の演武のプレッシャーに潰され、バイクに乗れないフラストレーションに晒される・・・この動画を何度観ようと、今、一番私が欲している動画だったりします。

 二部構成になっています。それではどうぞ。

その一

その二

 ただ今、健康問題で、ジョブズ氏は療養中です。回復を極東の地より祈りながら、本日のエントリーを〆たいと思います。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

I miss you

 中々サービスから還って来ないね・・・私のパソコン・・・。

 う~む・・・。

 (遠い目)

 メール難民&Blog更新の冬休み、続行中です。

 鳥取は雪も凄いし、冬眠ちゅー事で。(´△`)Zzzz・・・。o○

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

デス・ノートならぬこのままじゃ私のノートパソコンは死にます

 報告です。

 私のノートパソコン、プロに診てもらいました・・・ソッコーでお預かりと言う事でドナドナ確定。

 三年目だもんなぁ~、そろそろ時限装置が発動でしょうか・・・Blogの毎日更新って、けっこうコンピューターに負担かけてたんだね。

 パソコン帰って来るまでBlogの更新、休みます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

ちょっと屈折した午後の楽しみ

 昨日も、年度末の月末間近と言う事で、きっちり出社の土曜日でした。

 「忙しい忙しい」なんて連呼して忙しいのが変わる訳で無し、此処は一つ、家に帰ると17:00からの剣術の稽古までの時間の使い道として、数時間でも自分の世界へ入ろうと・・・最近、私のその世界の入り口はYouTubeなのだ。

 さぁ~て、今日の御題は「押入れの中で作られないで(その内容が強烈過ぎて作れないと言う説もある)積んでいる、変な飛行機の模型。その制作意欲をわかせるため?それともただの興味本位、まあどっちゃでも良いではないですか、それらの実機の映像を追いかけてみよう」って言う企画です。

 先ずは第一弾、X-3スティレット・・・をぉ!!あるじゃん!!流石だねYouTube。

 じゃ次ぎいってみよう!え~っとコンベア シーダート・・・コレもある!!サイコー!!

 ぐわぁ~、おそろしくマッドでかっこよかぁ~、水上機なのにフロートじゃなくてスキッドと呼ばれる水上スキーみたいなデバイスで離発水するのがクールです。

 シーダートの動画が拝めるとは、段々テンションが上がってきたぞぅ~。

 次はヴァルキリー行ってみよう。

 これもあるねぇ~。

 あぁ~純白の機体に萌えます。松永的に言わせてもらえば、史上最高の優雅な超音速機ですね。着陸脚の引き込み方まで優雅です。コレに比べたらコンコルドやツポレフはなんか野暮ったい。

 そして最後は、キットは持ってないけど、この映像を観たらなんだか欲しくなった、フェアリー・ロートダインです。たしかエアフィックスとレベルの両方で出ていたような・・・レベルの方は客席の乗客やら、フライトアテンダント、コクピットのパイロットまで付いていた記憶があります。レベル様、再販してくれないかなぁ~。

 映像の方、それではどうぞ。

 蛇の目なマッドさがよく出た設計でたまらんですたい。

 たしか数年前にkuwaさんがエアフィックスのヤツ買ったような。ねっ、このフェアリー社のオフィッシャル映像観ると、制作意欲がモリモリ沸かない。

 あ~エンジニアが試行錯誤していたこういった試作機は、趣があって良いもんですなぁ~。

 そんな感じで、YouTubeに捕まっていた、土曜の午後だったのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧