ゲーム

2017年1月10日 (火)

ヲヤジ的スマートフォン考

 企業のネットが星を覆い電子や光が世界を駆け巡っても国家や民族が消えてなくなるほど情報化されていない近未来” 攻殻機動隊より

 年も明けて10日が過ぎ、日常が帰ってきています。皆様いかがお過ごしでしょうか?

Pwpf29631_2  相も変わらず、公私でバタバタしているそんな私がスマートフォンを導入してほぼ一年の時間が経とうとしています。この一年に満たない間に、すっかりスマートフォン・ジャンキーになってしまった私。

 五歳の息子と共に鳥取港、鳥取城跡に赴き、小冒険のつもりで遊ぶPokémonGO、毎朝食後の10分間を使って、英会話のブラッシュアップするためDuolingoをし、ちょっとした時間があればkindleでビジネス書等の一度読んだら十分なコンテンツに目を通し、Facebookやインスタグラム,Twitterにエントリーをアップロード、画像を撮るのも携帯のカメラで行うことが多くなりました。仕事中にEdynで家庭菜園の状況をチェックする傍ら、その数秒後には持ち株の時価を調べ売買をしている・・・

 「私にとってのスマートフォンって、まるで十徳ナイフのヴィクトリノックスのようなもの?」いえいえ十徳ナイフは使えることは使えるんだけど、そのそれぞれの道具のピンの良いものに比べると今一感があるよね・・・それが無いんです。それぞれのアプリがエッジが効いてて十分に使える。ただし、それが生きるシチュエーションがあります。
 ちょっとした時間に何かツールや物を持ち出したりせずにちょっと何かをする、そんなシチュエーションにはぴったりなんです。私自身の根がギズモ好きなギークというもあります。ハイ

 導入前より色々やっているんですが、睡眠時間はずいぶん伸びています。←ここ大事!気が付けばすっかり朝型人間になっている現実。

 ただ本来の携帯電話としての基本機能は?と問われれば・・・電話として使う頻度はすっかり減っていることに気が付きます。情報端末の付加機能としての電話なんですね。

 攻殻機動隊では前述の一文より物語が始まりますが、スマートフォンで世界につながっている我々は、その作品中で「近未来」と言われていたそんな現代に住んでいるかようですね。

  さあ、ネットは広大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

お父さんの目線が軸足です

 さて、私の最近の出来事といたしましては、日常業務でキリキリ舞いしているところに、さらに積み増しで、8/1~8/31までの砂丘地で行われる、謎解きイベントのゲームマスターをやれちゅうー事となりました。


 最初は全くの無茶ぶりで、「忙しいから無理~」と逃げていたのですが、弊社社長より「業務命令!」との一言「私に任せてどうなっても知りませんよ(二ヤリ)」と言ってみたのですがその真意は伝わらず、仕事として受けることと相成ったのです。

 さて、受けちゃったら結果を出さねば、此処で言う結果とは「ただ、やりました」じゃなくて、このゲームをしていただいたお客さんが「してよかった~」と言ってもらえる内容、つまりは自分もやりたい・・・・いやちょっと待て、自分がやりたいってマニアック過ぎてレーティングがかからないか・・・そうか、実際プレイする子供さんが「うわ~ぁ」となって、それにいっしょに付いていらっしゃる親御さんが「なるほどぉ~」となる様な内容とギミックだ、そうだそれに違い無い。

 とまあ、こんな感じに自己催眠にかけ、妄想全開、観光マイスター、砂丘マイスター、ジオパーク観光ガイドとしての知識をフルに使い、ゲームシナリオを執筆いたしました。

 そして今は、デザイン会社さんとプレイヤーが持って歩くヒントカードやら、マップ等の設定コンセプトをつめている段階、デザイナーさんもよく話を聞いていただけて、なかなか良いゲラが上がってきたりして自分がテンションアゲアゲで、朝がいつの間にやら夕方になっている一日となっている、そんな日々が続いていますが、忙しいですが楽しいです(キリッ)。

 「もしこれを長男と一緒にプレイしたら」製作段階からあるのは、常にこの目線、あれだけ放蕩していた私が・・・そこには自分で言うのもなんですが、人の親になった自分が垣間見れます。 子供たちを驚かせ、知的好奇心をくすぐり、困難な課題を克服した時の達成感が得られるようにゲームバランスを整える作業に心を砕きます。

 夏場の砂丘地は子供にとっても過酷なロケーションです。活動可能時間を1時間と考えて、その時間にどこでどう遊ばせるか、妄想族の本領発揮です。

 ちとネタバレで言えば、テーマは「冒険」です。小道具のデザインコンセプトは暗黒大陸と呼ばれていた頃のアフリカを探検していた時代、ビクトリア朝の本の挿絵(不思議の国のアリスのイラストのような感じ)な感じで繰り広げる・・・アラン・クォーターメイン、シャーロックホームズ、ホームズのパロディーの薔薇の名前、そんな世界観を織り込めて、この小さな冒険を子供たちが喜んでくれることを思いながら、日々プロジェクトをすすめています。

 「夏休み」大人にはもう無い子供だけの特権。そして、その時にしておかなければならい通過儀礼ってあります「スタンドバイミー」のように。

 じゃあ、「夏休み」の無い大人は「冒険」をあきらめなきゃいけないのか?

 それでは、次回は私の思うところの大人の「冒険」について書いてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

夢見るぞ!

 「光あるところに影がある~」これは忍者アニメ「サスケ」のOP前口上なのですが、私、本日はこのフレーズが頭の中をリフレインしっぱなしなんです。

 昨日は雪のためにお外にも出れず、寒いので実家に帰り、そうなるとネット環境はばっちり、ネット放浪癖が再発しちゃったんです。
 で、見つけたマリオのこの動画。

 こりゃ・・・夢見るようなダークさがイィっ!

 ゲームデザイナー(現:任天堂専務取締役)の宮本茂氏までこんな扱いなんて・・・サイレントヒルなのか、もっとプリミティブにクエイ兄弟のストリート・オブ・クロコダイルなのか、コレ作った人の感性はスゲエ。

 かつて、スーパーマリオブラザースについて、偏った友人たちお話をしたことがあるんです。

 「マリオって、サブリミナル的に相当に黒い」と。

 だって考えてくださいな、キノコで大きくなって、フラワーで火の玉投げて、挙句の果てにはハッパで変身って・・・ 第三書館ネタでつか?
 そう思って上の動画を見直せば、この隠れた黒さに気付く完成の持ち主は世界中にも結構いるんだなぁ~なんて思い「オイラって、ちっとも偏ってなんかないやい!」と勇気をもらえる今日この頃なのだった。

 で、朝から脳内再生してはサスケのフレーズがリフレイン(ニヤリ)・・・やっぱ偏っているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

久々の感覚なのですが・・・ちょっと・・・・

 この二・三日、ちょっとした10分程の時間の暇つぶしに携帯電話のiアプリにダウンロードした、四人打ち麻雀をやっています。

 ゲームであっても麻雀は久々なのです。

 でもね・・・数年のギャップのある私が言うのもなんなんですが、このゲームのAI馬鹿なのが直ぐにわかちゃうんです・・・本当にどうしようもないくらい・・・。

 少しやりこんで、隠れキャラを含め、その打ち方に極性のあるその他プレーヤーも全員引きずりだしました。

 それでも8割以上の確率で私がトップ。

 ふつう、対人間の麻雀なら、オーラス時、トップに満貫直撃でトップが入れ替わるとしたら、リーチかけへんでしょ・・・でもねこのゲームのAI、リーチかけよるんですわ。

 で、負けが込んでる泡沫プレイヤーがそこへ振り込んで終わり・・・トップ直撃じゃないのでトップの順位はそのまま・・って、そんなアホな。結果、これじゃトップ援護の差し込みと同じやん?

 ここぞっ!って言うときの対人間の駆け引き見たいなのがまるで無いのだ。

 えっ・・・ゲームだから仕方ない・・・そりゃそうなんですけどね。

 あと希望を述べると、捨て牌が自摸切りなのか、そうでないかの見分けがつかないゲーム画面なので、ダマテンの得意キャラが相手の場合、安全牌の予想がつきにくいよ~な・・・でも・・・引っかけとかが無い素直な打ち筋なのでよくよく考えると+-ゼロなのでいいか。

 と言う感じで、雀荘で打つ麻雀のどろどろした部分のまるで無く、ましてや「ざわ・・・ざわ・ざわ・・ざわ・・・ざわ・・・・」なんて効果音もまるで無縁な健全な娯楽となっているのだ。

 しかし物事、健全などと呼ばれるようになると、世も末なのです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月31日 (土)

あの人に勝ちたい・・・

 昨日より、仕事柄ゴールデンウィークに休めなかった弟一家が、休みを取って帰ってきています。

 甥は小2、姪は幼稚園の年小さん、この度は携帯ゲーム任天堂のDSを携えての帰鳥です。

 会社から帰ってみれば、甥&姪が額をくっつける位引っ付き虫でDSの小さな画面を凝視しています。その状況を一瞥し「良い傾向じゃねぇなぁ~」と私がこぼすと、義妹は「そうなんです、お父さんが自分で遊びたいからって買ってきちゃったんですぅ~」と困り顔。

 あぁ・・・弟よ・・・親として10点(もち100点満点で)。

 甥&姪の二人は、私の顔を見るなり「おかえりぃ~待ってたんだよぉ~。100ccでスペシャルステージをやって」とさっそくDSを私の所へ持ってきます。100ccとな?画面に流れている映像を見れば懐かしのマリオカート。あぁスーファミでやったなぁ~これ。「DSやったこと無いよ」と言えば。「でも、お父さんがお兄ちゃんは上手だって言ってたよ」と甥。「でもいきなりスペシャルステージはちょっとなぁ~」と言えば「大丈夫、大丈夫、教えてあげるから」

 カチンッ!甥よ俺を誰だと思っている、俺のドリルは天を・・・(以下略)

 目に物見せてやる「そうですか、じゃあドンキーコングで・・・」とドライバーを選ぼうとすると、「え~っ!ルイージが速いのに、コングは重いから加速が鈍いよ」

 甥よ、そんな事は先刻承知の介なのだよ。ただ私のリアルなキャラを見よ、ドンキーコングのレーシングマシンからはみ出した身体の具合がそっくりじゃないか。昔からマリオカートと言えばドンキーコングだったのだよ。それに速いマシンで勝ったからってそんなのちっとも面白くないじゃないか。

 さてスタート前3秒前のカウントダウンが始まります。スタート1秒前からアクセルを踏み始めます。甥よ姪よ見るがいい、これが裏技「ロケットスタート」だ!

 ドーンッ!素晴らしいスタートを決めホールショット、外野の二人は「どうやるの?どうやるの?」と大合唱。しかし私の心の中は「このくらい二輪レースでも素晴らしいスタートが毎回決められたらどんなに・・・(涙)」厄年とは色々な事を経験しているが故に、微妙なお年頃なのです。

 タイトコーナーがせまってきました。さ~てドリフトしてみますか・・・キュキュキュキュードンッ、あ~オーバーステアになって側壁にタイヤを擦っちゃいました。減速です。こうなるとスピードが乗るまでドンキーコングは加速が鈍い、四台に抜かれちゃいました。

 それにしてもゲーム機の名前DSの由来にもなっているDouble Screenはホンマに良いです。正面のメインスクリーンには後から見たレース映像、下のサブ画面には鳥瞰のコース図とキャラの順位が示されています。

 アイテムを取るも、ライン取りに必死になってドライビングに集中していると二人が「アイテム使って、早く、今、今」と叫んでいます。私、ドリフトを美しく決めている最中なのに・・・、上手くスピードを乗せたままコーナーをクリアして目の前にピーチ姫のマシン、その時「エイッ」って姪の小さな指がアイテム使用ボタンを押します。亀の甲羅にやられてピーチ姫撃沈!って三歳の姪タイミング上手すぎ、人のプレイ中に良くやるよね。

 結局、トップを逃して3位でフィニッシュ。甥の「フーンッ」と言うような顔。「運転は上手いけどアイテムを取ったら直ぐに使わないと、もったいないジョ、じゃあ僕がやってみるね。同じように重いヤツでやるね・・・じゃあクッパ」とレース開始。

 やはりロケットスタートはできないようです。けけけっ(笑)

 しかしプレイ方式が私のそれと決定的に違うのが、先に書いたサブ画面の使い方です。このサブ画面タッチパネルになっていて、指で触ると違う情報画面が出てくるのです。それで自分の状況を確認しながら、アイテムを次から次に使っていきます。幼さゆえの運転の荒さをアイテム使用でカバーしています。そしてファイナルラップの途中からもうトップ独走状態になりました・・・私の心中は穏やかではありません。「DSのAI!!そんな簡単にこの前までオシメしていたような子供(決してそんな事は無いのですが、赤ん坊の頃、鳥取に帰ってきた時は私がオシメを換えたりしていたため)に勝たせてええんかい!あ~ん!」と大人気無い事を考えるも、私のAIにかける期待は見事に裏切られ、甥、見事優勝!

 「まさかな。時代が変わったようだな。 坊やみたいなのがパイロットとはな!」こんな事を甥相手に毒付いたところで、ファースト・ガンダムを知らない甥は「何言ってるの?」みたいな感じで受け流します。

 この状況を横目に、弟だけがニヤニヤしています。ムカつく・・・この不愉快さは一体なんだ。夕食後、甥&姪がお風呂に入ると言っているので、「お風呂の間DS貸して」と頼み、練習です。甥に負けた悔しさに加え、リアルワールドでサーキット練習走行が出来ていないフラストレーションも共にマリオカートにぶつけるか如くの目に血走りよう(・・・だったらしい)。

 もちろん、「松永兄弟っていったい・・・」そんな刺さるような義妹の視線を背中に感じていたのは言うまでもありません。

 伯父として10点。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

カウントダウン

 昨日のエントリーでテレビっ子になると書きましたが、来月には此処数年来やっていなかったゲームの世界へ帰還しようと思っています。

 終にPS3を購入しようともくろんでいます。だって6月12日にスネークが帰ってくるんです。そう、あと残すところ一ヶ月、PS3のゲーム“METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS”の発売がカウントダウンなのだ。

 ここのHPにトレーラーが6種類用意されていますが、どれをとっても私をそそるんです。(第一弾のトレーラーはこのBlogで紹介しましたね)此処で公開されている全てのトレーラー(予告編)を観て今これを書いているのですが、こういった家庭用ゲームと言う媒体で、戦争と世界経済についてやるなんて・・・ゲームクリエーターの小島氏は「流石!」としか言えません。

 トレーラー中に出てくる、移動自立型核弾頭発射砲台METAL GEAR Rexの大量生産版の足の運びは、少し前のエントリー“亜米利加軍はフレンダーの夢を見るか?”で紹介させて頂いた、米国国防総省の関係機関が開発している、ロボット軍用犬「BIGDOG」にそっくりなので更にびっくりです。

 これがそのHPです。

  METAL GEAR SOLID 4←こちらをポチッと

 ちなみにAMAZONの私のページの方にも、このPS3のソフトが抜かりなくお薦めとして来ています。まだハードウェア持って無いのに・・・恐るべしAMAZONのA9検索システムのAI!!!

 皆でスネークの帰還を、心待ちにしようではないか!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

「ウィー」って言えば

215   職場にて、「任天堂の新しいゲーム機の「Wii」って名前を聞くと、あの中国系アメリカ人の女子プロゴルファー思い出しますよね」との言葉に、私はすかさず取って返して「私はスタン・ハンセンの雄叫びを思い出しますが(なにか?)←括弧内は心の声」と言いましたが、相手はポカーン・・・言うんじゃなかった・・・スタン・ハンセンが引退して幾年月、「ウィーッ!」の雄叫びは、もう死語なのですか・・・そうなの、天国のブロディ・・・。やはりというか、置いてけぼりな感じ。

 「Wii」で遊んでいる良い子たちが、「テキサス・ロングホーン」の小指と人差し指を立てて、カウボーイハットを被り、投げ縄を「ビシバシ」そこらじゅうにシバキ倒しながらとは言いませんが、せめて私が望む事は右腕の肘の部分に黒いサポーター付けてくれたって良いじゃな~い。←誰もそんなものするわけない。

 額にマジックで「米」とか書いたら、それはキン肉マンのテリーマンなので今回の場合、蛇足となりますのでご注意ください。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

1111

  今日は、私の数少ない高校時代よりの朋友の一人がプロジェクトとして係わっている、PS3の発売日の11月11日です。このBlogをお読みのゲーム・フリークな皆様は手に入れられました?私はまだです。朋友の仕事です、安定供給されるようになりましたら、必ず購入すると思います。しかし、NETのそれ関連の記事を見ると、どこもかしこも品薄なようですね。

 さてさて、この話題はちょっち向こうに置いといて、今この記事を書いている今、雨です、秋雨でです、でも、私にとってはなんだか心地良い雨です。先週までのヒートアップしていた気持ちを、ゆっくりと冷却してくれるようなそんな感じがしています。

 午前中のトレーニングも、雨の影響でジムがガラガラに空いていたおかげで、時間を掛けた身体をリセットする意味での筋伸ばしの効果のある内容に徹しました。このトレーニング後の今、ホンマに体がよく動きます。

 動ける身体に調整しておいて、夕刻からは剣術の稽古と、その後筋トレ(午前中とは違い厳しい内容)夜の部がまっています。

 これを書いている今~17:00まで、久々の何もしない数時間なのです。

 このエントリーをアップロードしましたら、煎茶を喫みながらまったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

MGS4続報

 昨年の12月4日の号外エントリーでMGS4のことを書きましたが、昨日、kuwa様からMGS4続報についての暗号通信がありました。

 その内容は「北米最大のゲームショーE3でメタルギア4の最新版予告編が公開された」との事。

 観るしかないでしょう。

 と言うことで、このHPのMGS4の項目を選択してみてね。

 でもこれってほんとにゲーム画面?もう映画だね。

 しかし・・・傭兵派遣会社のネタと言い、このソフト、アメリカで売っていいのでしょうか?こんなに今のアメリカのイラク政策を皮肉った内容だと、崖っぷちブッシュ政権にイチャモン付けられない?

 だからこそ私はやってみたいんですけどね。

 では皆さん、ちょっと長めですがメッセージ性の高い予告編を楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

MGS4(号外)

 スネークが帰ってきた。

 SONYより年末発売のPS3のキラーコンテンツとして、MGS4である。

 トレーラーはここよりどうぞ。

 今日は多くは語りません。特にkuwaさま、待っていたでしょ。

 トレーラーを堪能してください。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧