大人な社会科見学

2016年9月16日 (金)

FATなヲヤジがFATなBIKEで

  私にとって会社の休日は、エクストリーム系親父となる日のことを意味するのだっ!

 と、最初の一言を強調文字を使ってまで言う事かちゅー声もありますが、スイッチ切り替えと考えてください。「なんだか昔に比べると更新までの間があいてるね~」っていう事はそのくらいしか会社が休めていないと言う事なのだ。

 管理職は仕方ない!

 さて気分を変えて行ってみよう。

 今回のお題は「FAT BIKEで砂丘へGO!」です。

 砂丘でFAT BIKEのインストラクター事業をされているTRAIL ONの小椋さんにお世話になります。
 見て見て、タイヤ幅4インチのこの自転車。

Img_0301

 マウンテンバイクのインストラクターでもある小椋さん。私のサイズにサドル位置を調整してくれています。

Img_0300

 砂丘地のライディングと言っても、国立公園の特別保護地区の鳥取砂丘。車馬の乗り入れ禁止となっています。自転車は軽車両、車なんです。なので乗り入れ禁止。じゃあどうするの?
 それでは説明しよう!特別保護地区に入らないその周りを回るコースでコース設定なされています。そういう事もあって、インストラクター並走は必須となっています。
 

 コースは二つ。

 半日がっつり、2時間超の海岸も走る5000円コースと、30分のお試しチキン野郎向けコースがあります。

 もちろん今回の私は・・・えぇチキン野郎ですとも。お父さんは守るものがあるんだいっ!

Fullsizerender

 スタート地点から少し下っていき、ヘアピンにカーブするポイントで一時停止、これより砂地での斜度14度のヒルクラムチャレンジのスタート位置でもあります。

 ここからカタパルトから射出されるガンダムのイメージでスピードを乗せて一本目のチャレンジです。

 「松永いきま~すっ」

 カチャカチャカチャ・・カチャ・・・・・・カチ・・・・・・・グッ・・・・坂の途中でスタックです。

 小椋さん登場。私のセレクトしたギアを見て、「これで登れたらローラー台の上で100km/h出せる競輪選手と同じ太もも力(オーラちから、無限ちからのような富野節で「ふとももちから」と読んで欲しい)持ってますよ(笑)」 

Img_0298

 ギアのセレクト、砂地でのリアのトラクション抜けをしないように立ち漕ぎNG、,リアにしっかり荷重をかけながらのフロントのグリップも抜かない乗車姿勢のデモ中です。

 それでは二本目行ってみよう。

 軽いギアでチャチャチャチャチャチャチャチャ・・チャ・・チャ・・グッ フロントがフワッって浮いてビビッて足ついちゃった・・・

 最後の三本目

 チャチャチャチャチャチャチャチャ・・・ズリッ!・・・ズリッ・・・・今度はリアがホイルスピンして前に進まず足ついて終了~。

 かぁ~できなかったこれ結構悔しいぞ。筋力だけじゃなくて人馬一体となってどこに重心を置いていますか?限られたパワーを上手に路面に伝えるための道具の丁寧なあつかいを求められます。

 「あぁ、岡山国際サーキットのアトウッドコーナーの上り、我がマシンはこんな負荷がかかっているんだ。もっと丁寧に乗ろう」そんなことを思うヒルクライムチャレンジなのだった。

 残り数m、自転車を押して坂の頂にそこからまたサドルにまたがり、折り返し地点まで向います。

Img_0297

 折り返し地点で小休止。

 その後、あの上りに手こずった坂のダウンヒルがまっています。

 「ビギナークラスで行きます?普通クラス?上級クラス?エクストリームクラス?どのスピードで下りましょうか」

 チキンな私は「お任せします。お手柔らかに」と子猫のような眼でお願いです。

 うわ~っ!!!結構砂のギャップにフロント取られます。20km/h以上は出ているかな?絶対「ガッ!」ってハンドル握ってちゃダメなやつです。膝をサスペンションにして、又下で自転車が自由に動くように、行きたいところを遠めの目線。
 はいエンジンついていようがいまいが、これ二輪の基本!

 無事にヒルクライムのスタート地点まで下りました。ここで「ちなみにエクストリームって?」と問えば「下りでもペダルを漕ぎっぱなし」

 あぁチキンでよかった。

Img_0296

 馬の背をバックに記念撮影。

 30分ほどのFAT BIKE体験はこれにて終了。チキンコースとはいえ結構体力的に大変だった。フルコースってどんなん?

 このお題は「エクストリーム系父親生活」です。
 よっしゃ次はフルコース行ってみよう。

 砂丘に来られた皆様、砂丘アクティビティーの選択の一つにTRAIL ONのFAT BIKE体験、特に「ヒルクライムなんてへっちゃらだぜ!」という剛の者の挑戦を、小椋さんは待っておられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

指先の芸術

 本日はこどもの日。男の子をお持ちの親御さんは、何かとこの日のために準備された事と思います。
 私もです。

 実は昨日、家族サービスの一環として、相方のリクエストにより京都へ行って参りました。この度は、私の両親が、息子の太一の面倒を看てくれるとの事。こういった時、同居は本当にありがたいです。大人の社交の場では、一歳の幼児連れですと入れないお店も多々あります。息子には悪いですが、昨日は大手を振ってそんなお店に行って参りました。
 太一よ早く大きくなるのだぞ。モット楽しい事が世の中にはあるのだから。

 鳥取にから京都まで車で二時間半。ゴールデンウィークなのに渋滞らしい渋滞はまるで無し。家を出る時の大雨は洛中に入る事にはすっかりの晴天。何もかもが上手く行き過ぎて怖いくらい。洛中は京都に土地勘が有まくりの相方が運転してくれ、これまた混んでいるであろう道に捕まることなく、それぞれの目的地へ行けたのでした。

 今回の目的地は、京都文化博物館にて芹沢銈介展を見て、北山のパパジョンズカフェにて昼食、その後パン屋さんのル・プチ・メックでお買い物、後は蕨もちと太一の端午の節句の柏餅を買ってくることです。

 パン屋さんまでは無問題でした。しかし、相方の狙っていた蕨もちは既に売り切れ・・・次は太一の柏餅を手に入れる為に、鶴屋吉信さんへ。ちなみに今回のプロジェクトは、全て相方のリクエストに沿って遂行されている事はお分かりだと思う。諸君!

 で、柏餅を無事購入。店内に置いてあるパンフレットに目がいきました・・・私ね、ココが凄く気になったのです→(ポチッとな)

 

落ち着いた数奇屋風のカウンター席です。 熟達した菓子職人が、お客様の目の前で季節の京のお菓子をおつくりいたします。熟練の手の技で、みるみる菓子の花が咲く様子をおたのしみください。

 ですと~!!!

 ずっと相方のリクエストを履行してまいりましたこの日、ココは私のリクエスト発動です。「ちょっとお茶しようよ」と、すると相方、この事をTVで見た事があったみたい。「いいねぇ~」の二つ返事で 店舗の二階にある茶寮へと向かったのです。

 もうね、これ大正解なのでした。
 私は「岩根つつじ」、相方は「花菖蒲」を頂いたのですが、目の前で職人さんに説明をしていただきながら作っていただくのです。あれよあれよと言う間に、かわいいお菓子が出来てきます。

 やっぱり物事はライブが一番なんですヨ。

 そして、「作りたての上生菓子ってこんなに瑞々しいのか!」ついそんな言葉が口から出るほど驚愕です。ちゃんと形にまとまっているお菓子が、上手に扱わないと直ぐにホロリと崩れる感じ・・・今までちょっと硬めに締まった(作られてから口に入るまで数時間置かれ・・・)お菓子を食べていたのか!自分。新鮮な驚きと共に、黒文字によるお菓子の扱いがまだまだな事を思い知らされる事となったのです。イケテナイナァ~、恥ずかしーっ!

 それにしても上生菓子にお薄が付いてお一人様800円!安い、安すぎです。季節が変わったらまた行きたいです。京都に行く機会がある方、ココ絶対MUSTです。800円で、ちょっとない経験ができますよ。

 そんなこんなで、久々の夫婦二人のデートを楽しみお土産を抱え家に帰り、「ただいまーっ」っと太一に声をかけるも、置いてけぼりを食らって怒っていた太一閣下。我々夫婦を完全に無視、目を合わせてくれません。反対に爺ちゃんと婆ちゃんに愛想を振りまくのであります。

 ちと焦った私達は、お土産のル・プチ・メックの練乳バーターサンドの菓子パンで機嫌をとって、やっと許してもらえたのでした。

 五月四日で、そんな太一は1歳2ヶ月となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

お酒はこうして造られる

 昨日は、料亭の一件に関わっている事もあり、酒屋さんのお声掛けで、鳥取市内の飲食店の方々と、サントリーの山崎蒸留所、京都のビール工場の二箇所に行く機会をいただけました。

 大人な社会科見学とでも言いましょうか。「どうせ呑んでばかりだろ!」なんて事はありません。座学の研修ありーの、工場の見学ありーの、それでちょっと呑みーの、その位ですw。

 なんだかとても面白かったです。なんといいますか・・・漫画に明るい方限定な言い回しかもしれませんが「リアル・もやしもん」とでいえばわかりますか?

 農学部・農芸科学科卒の私には本当にストライクな今回の社会科見学だったのです。

 そんな私の経験を皆様にも少しお裾分け。

 アルバムを作りました。かんちゃん、ペロくんは居ませんが、こちらで擬似ツアーを楽しんでみてください。

 それでは→(ポチッとな)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

視聴覚教室の時間

 さ~て、大人な社会科見学のお時間です。

 と言っても、私が行って見てきたレポートではありません。YouTube上にFerarriのV12エンジンの製作工程の動画を発見しました。

 今回の社会科見学は、その動画を見ていただこうと思うのです。
 なにせ、こんなにわかり易く、それでいて車好きを唸らせる動画はちょっと無いんです。

 自社鋳造工房での、砂型の製作工程から始まってアルミ合金のキャスティングの場面、非破壊検査、FCによる切削、トレッセルの塩津代表の得意技でもある極低温に冷やしたバルブシートの冷やしハメの場面だって見れるんですぞ。

 それでは、一度と言わず何度でもじっくりとご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

葡萄酒はこうして造られる(その二)

 さてさて、前回からの続き、今回は「鳥取の左です」でおなじみの島根県、その東部に位置する雲南市木次町の奥出雲葡萄園についてお送りします。

 まず、ワイナリーに行く前に、このワイナリーの親会社 木次乳業さんへ、ここでパスチャライズド(低温殺菌)牛乳やチーズのお勉強です。ちゃんと見学コースもあって、本当に小学生の社会科見学のようです。後でココで作られているチーズを肴にワインのテイスティングがあるとの事、ご当地のチーズでご当地のワインを、こりゃたまらんのです。これが本当のスローフード。今回のツアーは日帰り版アグリツーリズモなのだ。

 で、ついにワイナリーに到着です。

 到着するや否や、ワイナリーの製造責任者、安部醸造長さんから畑の説明です。

20091115122001_2 見よ、この整然と作られたこの葡萄畑。日本の葡萄畑には珍しい立ち木栽培のこの樹形(普通、日本の葡萄園は棚栽培)、まるで本場のヨーロッパのようです。収穫後の画像なのですが、聞けば、葡萄の収量は、この今年伸びた徒長枝に、普通は二房、多くても三房までなのだそうです。

20091115122819_3 ちなみにこの畑は、葡萄品種で言えばシャルドネの畑。よく観察すれば、収穫されずにシワシワになった葡萄の小さな房が一つ枝に残っていました、それを一粒取って食べてみると、水分が抜けているせいもあって、とても糖度が高く、返り香がシャルドネのワインと同じ風味。ウヒヒッ!

20091115122541 除草剤を使わない(草刈機での草刈はされるそうです)ためと、土壌が栄養過多にならぬよう葡萄の木の周りはこんな感じで草が生えています。何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」で、養分は確かに必要なんですが、やりすぎは木を甘やかしてよくないのだ。果樹の世界でもハングリー精神のあるものが大成するのだ!!ったらなのだっ!!!

 さてさて、終にワイナリー内部へ侵入です。

20091115124748 前日に紹介した、創業60余年のホージョーワインさんとは対照的な、明るくて新しいこの感じ、平成生まれのワイナリーの故なのですね。ここで赤・白・ロゼの醸造方法の説明を受けます。隣の部屋でコルク詰め等を経験して、ここでもワイナリーの要、地下の樽の貯蔵庫へ。

20091115131441 うぉ~!!!この光景、無性に興奮してきました。しかも見学コースのこのBGM、マイルズ・デイビスの「死刑台のエレベーター」がかかっています。たまらん、こんなアジト・・・秘密基地・・・欲しい・・・。

20091115132608 何と此処で嬉しい経験が、普段は絶対こんな事をしてもらえないのそうなのですが、このツアーの参加者の我々に、今、この樽の中で熟成中の赤(カベルネ・ソービニオン)と白(シャルドネ)ワインを試飲させていただく事になりました。ガラスの大きなピペットを使い、テイスティング・グラスに一口ずつのワインを注がれていきます。これもひとえに、このツアーの幹事、谷本酒店の若旦那のおかげです。

20091115132947

20091115132218 まだ出来上がる手前のワインの色はこんな感じです。白ワインの画像を見ていただくと良くわかると思いますが、まだ酵母が混ざっていて白濁しています。それと発酵中のため炭酸ガスがワイン内に溶けていて、舌先をピリピリと刺します。赤はタンニンがまだまだ強く「ニガニガ」した尖った渋味があります。この状態はとても美味しいと言える飲み物ではないのです。このオークの樽の中で熟成され、洗練されていくのです。

 しかし、此処まで手をかけて、このワイナリーのほとんどのワイン値段が3000円/瓶以下っていうのは、本当にモトが取れているんでしょうか?お客の私が心配になります。

 完成途中のワインのテイスティングの次は、勿論完成品のテイスティング。

 そう、ちょっと遅くなりましたが、ランチと共にワインのテイスティングの時間がやってまいりました。

20091115140405 ちなみにこの日のランチプレートはこれです。12時方向から時計回りに紹介しますと、雲南舞茸をつかったコンソメロワイヤル(洋風茶碗蒸し)、サラダ、そば粉のクレープ雲南鶏巻き、木次乳業のチーズを使ったキッシュ、雲南豚の煮豚、自家製スモークサーモン、島根沖のメダイのソテー、豆腐の生姜ソース・クコの実添え、レンズマメのコロッケ、そして中心にあるのは、古代米を赤ワイン風味で。と、こんな感じです。ほとんどの食材が、フードマイレージの低い、この地の物で作られています。

 これに2008年の新酒の赤と白、シャルドネの樽熟、山葡萄のワイン小公子、一緒にツアーに参加した皆様と楽しいおしゃべり、知らないうちに食事の時間の二時間が過ぎておりました。

 今回のワイナリーツアーで私的にいたく感じ入ったのは、皆様が思っているようなワイン=高級といった小売単価では決して無い(普通で千円台、高級ワインで2千円台、限定の手のかかる醸造本数の少ないものでも3千円台。ご自身で商売やっている方だと小売でこの値段ちゅー事は卸は・・・わかりますよね)価格帯のものを、プラントで大量生産するわけでもなく、こじんまりと手の届く範囲で、ひたすらに自分たちの作るものに手を掛け、一言で言うと「労多くして益少なし」なのではないことこちらが心配になっちゃうような、だけども、自分の仕事に誇りと自信を持ち、それでいて謙虚で学びの心を失わず・・・なんだか宮沢賢治の文章みたいになっちゃいましたが、作り方を聞いたり、ワイナリーの見学も大切なのだけど、このような熱い作り手の方々に出合うことができたのが今回の「大人な社会科見学」の最大の収穫でした。

 初めての場所に行き、その土地の美味しい物を飲んで食べて、その事を勉強して、その土地の人に会って話をして、同じ価値観を持った知り合い宴を囲み、楽しい日曜日でした。皆さん、人生はライブだ!家や身の回りの近場だけに閉じ篭るのはやめて、外へ出ましょう 。

 ホージョーワイナリー、奥出雲葡萄園、木次乳業の皆様、そしてこのツアーの企画で幹事の谷本酒店の若旦那、本当にご馳走様でした。 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

葡萄酒はこうして造られる(その一)

 昨日は、仕事半分・・・いやいや2/3、自らの知的好奇心を満たす為1/3で、鳥取県と島根県にあるワイナリー訪問ツアーに参加してきました。

 つーか、話を遡る事4ヶ月、あるワイン会に出席した折、この時飲んだワインのワイナリーの社長さんと醸造長さんが来られており、「新酒が出来る頃にワイナリーを訪問しましょう」と、お話が盛り上がり「勤めているグループ会社のバス会社でよければ、私がバス押さえますがどうでしょう」と提案して実現してしまった今回のツアー。しかも今私が関わっています料亭プロジャクトのその料亭にも、この度訪問したワイナリーのワインをストックする事となりますので、その商品がどんな環境で、どう作られているのか知る絶好の機会でもあった訳なんです。

 と言う事で、今回は「ワインってどうやって作られるの?教えて偉い人!」って事で、社会科見学と言えば、この曲からいってみよう。

 無事、オープニング曲も聴いていただいたところで、本題へ。

 先ずは鳥取県東伯郡にあるホージョーワインさんへ。

 朝の8時過ぎにワイナリーに到着。朝早くの日曜日ですが、社長さんが表に出迎えに来てくださいました。 

 実はこのワイナリー、西日本では最古の部類に入るワイナリー。ただ創業の1944年、つまり太平洋戦争真っ盛りのこの時代、ワインを作る為の工場としてではなく、電波探知機に必要な化学物質として、葡萄の発酵過程に析出される酒石酸(今でもワインクリスタルなんていうよね)を作り、軍に納めるための工場として産声を上げたとの事。

 なので、ワイナリー内部も歴史があります。創業当時の建物がそのまま残っているのです。

20091115082719 昔使われていた葡萄の圧搾機。

 もちろんヨーロッパからの輸入なんてありえません。「試行錯誤の上作くったんです」と社長さんが感慨深げ。

 もちろん、今は現代的な圧搾機があり、そちらを使ってワイン作りをされておられます。なのでこの機械は眠りについておりました。

20091115082736 そしてこの圧搾機の横、壁の上に神棚が。

 ちゃんとお供えのお酒もワインです。神棚の下にチラリと写っているのが、ホウロウ製の発酵タンクです。

 そしてワイナリーの奥へ・・・

20091115082130 何やら良い匂い・・・鼻をクンクンさせながら暗いワイン蔵の奥で我々を待っていたのは、そうオーク樽の中で熟成していっているワイン達。この樽の周り、本当に良い匂いが充満しているんです。昭和19年創業の雰囲気が伝わってきますよね、この写真。

 さて、社会科見学の後は、皆で朝食会です。今年の赤と白の新酒、1992年物の白のヴィンテージ、赤のカベルネ・ソービニオンの「砂丘」、白のシュール・リーの「樽仕込」、これらのワインをテイスティングしながら、イタリアのパン「フォカッチャ」に大山ハムをはさんだハムサンドをほおばります。

 日曜日とはいえ、朝から酒漬け・・・いいのでしょか、まっいいか。フォカッチャの岩塩とハムのスパイスが辛口のワインによー合います。

 ボルドー大学で醸造学を学んで帰って来られた、跡取り息子さんも登場、最後に握手をしたのですが、土をいじっておられるガッチリした手をされておりました。

 さてさて、この位で第一の訪問地、ホージョーワインさんをホロ酔い加減で後にすることとします。

 お次は、バスに揺られる事2時間、島根県雲南市木次町の奥出雲葡萄園さんへ・・・

 それはまた明日のお話。

 あ~そこそこ、「食べて飲んでばっかりで、ワインの製造方法が何処にも書いてないやん」なんてことは言わないように、それも明日書きますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

仮想工場見学

 本日も昨日よりBMWネタが続きます。GUZZI同志ご安心を。BMWを買ったりする訳じゃないです。ただ最近ネットでよく遭遇するの。

 で、本日のお題はBMW二輪もミュンヘンからベルリンへ工場を移して今年で40年、その工場の40周年記念動画がYouTubeに転がっていたのでここで紹介です。

  見よっ!伝統のおばちゃん手書きピンストはまだ健在なのだ。

 つーか、今年の年初に作ったBlogカテゴリー「大人な社会見学」の第一弾エントリーなんですけど、本来、このカテゴリーを作った当初の趣旨は、私が行う予定だった社会見学突撃取材のレーポート形式だったんです・・・でもなんだかこの昨今、企画はあるけど忙しくて取材出来ないまま今に至ってしまって・・・。でNET上でこの動画を見つけて時に「とりあえず第一回はこれで良いか」そういった使い方になっちゃいました。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

 BMW乗りの方は、「私の愛車はこうやって生まれたのか・・・」と観ていただければ幸いです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)