« 2013年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

朝駆け

 山並みから顔を出し始めたお日様の輝きを目を細めかわしながら、山陰の海岸線を東に向けて駆ける・・・。

 本日、何故か夜中の三時に目が覚めてしまい、ネットをブラブラして、FBとか人様のBlogを見ていたりしていると、増々目が冴えてきてしまいました。
 そんな時、ゴーストの囁きか「F3に乗ろう」と右上方斜め45度に居るもう一人の私が誘いのお言葉。
 バッテリーは大丈夫、空気圧もつい先日チェック済み、ガスも程々入っている。
 4台+1台のチビバイクと除雪車で、「押しくらまんじゅう」なガレージで虜となっている我がMV AGUSTAのF3は、いつだって外へ走り出せる状態なのに、乗り手は旧いAmericaばかり相手をしている昨今なのです。
 
 脊椎パット付のメッシュプロテクターを着込み、その上に革のジャケット、身支度を整えガレージから愛機を連れ出し、キー位置をSTARTポジションへ、オレンジ色の液晶のバックライトが光り、コンピューターがチェックを始めます。数秒の後、全てのチェックが終わりイグニションスイッチをON、「ブブブブブッ」とアイドリングが始まります。早朝の住宅地である事を考慮して、ソーッと2nd走りながら住宅がまばらになるバイパス近くまで、そこから走りながら暖機運転をするんです。
 低い回転のまま2ndから4thへシフトアップ、十分に温まっていないため「」ゴリゴリ」なシフトフィールがします。一気にシフトアップしてそのままアクセルオン、高負荷なエンジンの状態でノッキングが起きてないか注意深く耳を澄ませます。
 「ボボボボグアゥーバァァークゥーン」ある程度回転が上がったらアクセルを抜いてまた2ndにシフトダウンしまた4thへ、そして繰り返し。横から入ってくる朝日の光が、メーターの日除け用ドライカーボン製パーツの繊維模様に熱帯の蝶の鱗粉が創り出すような虹彩を輝かせます。
 そんな事を5回ほどしていると水温計は真ん中くらい。エンジンのレスポンス、ギアのゴリゴリ感も無くなってきます。
 それでは本番です。
 2ndへシフトダウン、一気に回転が駆け上がります。そして13,500rpmにタッチしたところで3rdへシフトアップ。風切音の中で三気筒エンジンが「プフームッ!」と吠えます。
 
 公道ゆえの荒れた路面の続くところは、高速度用にセットされたオーリンズではギャップを吸収できません。速度を保ったままシートから腰を浮かし、ニーグリップで車体を挟み込み、又下の車体に余計な入力をしないよう、荒れた路面に合わせて自分の膝をもう一つのサスペンションとして乗り切ります。スーパースポーツでの公道を疾走する醍醐味。これぞ野駆けです。
 
10552581_686848868068617_31169276_2

 ワインディングとアップダウンの続く海岸線下道を一往復。帰りのパーキングで一休み後、家路へ着きます。

 砂丘地に作られたバイパスのトンネルの中の空気が、このところの晴天続きで温められた砂の地熱によってねっとりとぬるく、纏わりつきます。カウルの熱気抜きからの足にあたる風の温度も明らかに高い・・・トンネルの出口が近づけば、放射冷却で冷やされた朝の外気がサーッと流れ込んできて人馬共に気持ち良くて元気を取り戻すかのようです。
 家に戻り、シャワーを浴び朝食をとって会社へ。
 ここからいつもの日常の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

最後の一しぼり

 この三連休の土曜日つまり明後日に職場で新しいアイスクリームの販売が始まるので、その準備で大忙しな訳です。

 半端なく忙しいので、昨日はBlog書けなかった・・・。
 今日も堕ちそうな眼をこすりながら、書いています。
 分かっています、言い訳Blogですよ。
 
 とにかく、この土曜日まではちょっと時間が取れそうにないので、ごめんなさいという事です。
 それとは別に今企画している新製品のパッケージも、チョーかっこいいのを考えなきゃだし、砂丘で行われるコスプレ大会のチラシ作成も引き受けているし、どうなる事やら。
 これ以上無いって言うところを更に「ギュー」ってしぼって最後の一滴をそんな感じ。
 
 今述べた事柄に比べると、プライオリティーで言えばこのBlogは下位な訳で、ちゅー訳で、ごめんなさい。
 三連休後に温泉とか行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

昔取った杵柄

 足の裏角質ズル剥け画像を公開して以来、「何を使ったらああなるの?どこで買えるの?」と、直に問い合わせがあります、特に私と同じオッサンと呼ばれる方々から。

 説明するよりも百聞は一見しかず、アマゾンのリンクを貼っておくので、それを参照してください。

 さて、本日の話に戻して・・・仕事関係の事なのですが、この週末に店舗のカフェコーナーの改修工事が終わり、そこの什器として黒板が欲しいと言う事になりました。頼んで値段を見積もってもらえば結構な値段がする。

 こういう時、我社には元大工さんの社員もいるし、私も学生時代は大道具さんのバイトをしておりました、バイトと言うより本職で、昼間は学生、夕刻から夜、そして休日はナグリ(金槌)でひとつで稼ぎ、事もあろうに学生時分からGUZZIを買ってたりしておりました。

 そんな昔より幾年月経とうが昔取った杵柄」、黒板をAO版を2枚、A1版を2枚作る事となり、元大工の職員と二人ホームセンターへ買い出し材料をそろえ、午後よりトンテンカンと大工仕事、本日のこの暑さ中汗まみれになりながら二人で作り物作りました。

 この次は私一人のお仕事、釘の頭が出ないようにもう一度釘の頭を叩き直し、サンドペーパーでささくれ取りと下地処理をします。モノがでかいのでこのペーパー掛け結構辛い。暑い・・・。これから黒板塗料の塗り×三回で仕上げです。

 週末までにちょっとカッコいい店舗作りを目指すんです。知恵と手間とセンスで勝負です。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

タイトル改変を考えなきゃだな

 このBlog中の人が観光業に転職してから、週末=忙しいになっております。
 なので日曜明けの月曜日はちょっとエクトプラズマ出気味でボーっとしています。
 そういった意味でこのBlogの名前を変えねば~なんて思う今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?

 さて、息子の夏休みを前にして、相方はちょっと焦っています。
 「一ヶ月半どうしよう・・・」と。
 相方には申し訳ないのですが、夏休み時期は観光業にとって稼ぎ時、その期間はそんなにお休み取れません。夏休みが終わる頃に私の休みは取れるんです。
 そうしたら交換条件と言って別プランが飛び出した。
 「閑散期の冬に、ヘルシンキのムーミン博物館に連れていけ」と・・・
 冬のフィンランド!!!冬に北極圏へ行く!!!マジですか。


 確かに魅力的ではあるフィンランド。ムーミンは相方に任せて、私的にはシモヘイヘ的な何かが無いのかな~そんな事を妄想するこの一両日。

 ちょっとググってみれば、空港に併設のフィンランド空軍博物館もいいじゃない。
 イカンイカン、まだ行くとは決めていないのだ。(行かないとも決めていない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

親に見せていない昼間の顔

 さて、昨日の宵の口は久々に相方と二人、街をぶらぶらして晩御飯食べて、お酒と飲み物(相方はアルコールが駄目)飲んで楽しみました。

 息子の太一が遊び疲れて5時に寝てしまったからです。おじいちゃんおばあちゃんが「看ておくから大丈夫」と言ってくれた事も宵の口に二人で外出できた理由の一つ。ありがたや。
 そんな折、土曜夜市が始まっている鳥取の町で、太一の通っている幼稚園のお友達とそのお母さんにお会いしました。
 
 そこで出た話は「たいちゃんって、子供の中で人気あるよねぇ、うちの子も『たいちゃんが~した』ってよく言って帰るし、他のお母さんも言ってるよ」と・・・
 普段、私が「幼稚園で今日なにしたの?」聞いても「わすれた、しらない」の一点張りの太一。子供同士のコミュニティの中でいったい何をやっているのだろうか。
 この前の三者面談では「クラスのムードメーカー」と先生に言われたことは相方からの報告で知っていましたが、どうやらもっと何かをやっている予感がします。
 まあ「人さまに迷惑をかけていないのなら別にいいやっ!」てな放ったらかしオヤジの私ですから、どーってことないんですけど。

 ただね、私のダークサイドな部分がこうも呟くのです。「誰からも教えてもらっていないのに、いったいどのようにして他のお子様たちに影響力を持ちつつ印象に残る振る舞いをつづけているのか。こいつは評価経済サバイバルスキルを持っているぞ」

 それを考えるに、父親として楽しくて頼もしくて夜も眠れないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

お父さんの休日

 昨日は休日です。台風も逸れ天気も回復しつつあります。何があっても早起きです。

 まだ小雨がポツポツ、路面はハーフウェット・・・早朝二輪は駄目だった。
 さて、午前中は相方のリクエストで米子で開催されているムーミン原画展に行くことにします。ムーミンマニアなんです相方。いや~絵美味いっすよ原作のトーベ・ヤンソン。小っちゃい絵なのにすごい情報量。
 物販コーナーで暴走機関車になりつつある相方。それに比べて太一の冷静ぶりが面白い。境港のピッツェリアでお昼をし、とっとと鳥取へ帰ります。
 そらはピーカン、路面は完全ドライ!
 待ちに待った時が来たのだ、多くのライダーが待ちぼうけ無かった事の証の為に、再びマシンの咆哮を揚げる為に。休日ライディング成就の為に!ドライ路面よ私は帰ってきたっ!←大げさ
 
 良い調子でマシンを流します、本日のお相手は旧いアグスタさんです。
 バイパスの合流地点で右方向のシグナルを出して、それをしまう時。親指の腹の中でターンシグナルスイッチのプラスチックの頭が砕けて飛んだ・・・40年物樹脂ですから・・・。
20140711165737
 シグナルが出せない訳じゃないので、そのままライディングを続行。
 一汗流して帰宅し、MOTO LAVOROへ状況報告。
 ジンさん「いや~年代ものだからそれってよく散っちゃうんのよ(笑)、ネジで止めるやつだよね。何とかするから残っている部分の寸法教えて」と。
 ジンさんの声を聴いて、ちょっと安心をして夕食を食べているとなんだか左足の土踏まずがへんな感じ。見てみるとえらいことになってます。
 ・・・三日目のあれだ。三日前のエントリーはこちら←ポチッとな
20140711181332
 このようにお父さんの休日は色々事が起きるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

休日前夜

 明日はお休みという事もあり、ちょっと夜更かし。

  モケイに取り掛かっているので、Blog後回しです。
 例の「Rat Fink」取り掛かりました。前後を貼り合わせて、足としっぽを付ければ、「あらもう完成」そんなお手軽キットですが、俺リアル仕様となるとそうはいきません。
 こんな訳で整形外科になるのです。
 耳を切り飛ばし、ピンバイスで顔を切り取るためのガイド穴をあけ、各種エッチングソーを駆使し、なるべく切代が出ないように顔を摘出、加えて吻を伸ばしたいのでここも切断。顔と一体成型となっている目玉も摘出です。
 
 かわいそうに、パーツ数がアッと言う間、倍増です。
 
 口の中も別パーツ化したいのですが、吻を伸ばした後じゃないと具合が悪いので、今日は此処まで。
 歳をとると、夜目が見える時間が限られてくるんです。(モケイ活動限界)
 とにかくフィギュアは顔が命ですので、顔の修正大事です。
 
 一週間ほどで顔の再構築ができると思います、その時にビフォア・アフターの顔をご覧できますのでご期待ください。それにしても改めて見るとこの動画とても参考になります。歯茎からの歯の生え方、歯の色彩、顔のしわ&ブツブツ。プロの仕事にため息が出るね~。
 
 あぁ~イメージが更に膨らんできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

おあずけ!

 数少ない休日を指折り数えながら過ごす毎日・・・

 でもここの所、休日の度に空模様のおかげで失望。
 では人よりも2時間早く出社して会社の開店準備をする鍵番以外の日に早起きして、出社前にと備えるも、そんな日も駄目だったり・・・
 子供みたいに「乗りたい乗りたい」って駄々こねて広間の畳の上をゴロゴロしたり・・・
 何の話かって、愛するモーターサイクルとの逢瀬の話ですよ。
 そして、明日の休日私の企みでは「台風一過の晴れた空、ブインッとやるぞ」思っていたのですが、思いのほか台風の足が遅い模様、明日が私が住む地に近づくピークのようです。
 えぇそうですか、乗るなという事ですか。
 浅間ヒルクライムが終わって以来、ガレージ前で「ブオン、ブオン」とレーシングしただけで二輪と遊べていない日々が続いております。
Dscn1544
 ガレージと言う格納庫に出動待つモーターサイクル。
 あぁ~何時になったら、この娘(歳を考えると熟女もいるよね)達と遊べるのか・・・
 おあずけ期間にも限界があります。
 明日も、相方や太一が呆れてしまう駄々っ子状態になっちゃうのか、とうちゃんはツラいのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

私の知らなかった世界

 妻帯者になって以来、40過ぎまで独身貴族をやっていたオッチャンは「えぇっ!」「うぉっ!」等、声にならない驚愕の嗚咽を出す瞬間が多くなるんですよ、奥さん。

 本日、私をうならせたのはドラッグストアチェーンに行って、女性のボディケア、スキンケア、フットケア、洗髪等・・・「二の腕のプツプツが取れる」とか「にきび菌98パーセント除菌」とか「イチゴ鼻の脂取り」とか、「足の裏の角質が驚くほどズル剥け」・・・ズル剥けって、とまあ、そんな挑発的なポップの数々。スキンケアのコーナーにはIKKOネエサンのどでかい顔の物まで・・・。
 「おっかあ、ドラッグストは恐ろしかとこじゃあ・・・」
 とか言いながら、興味津々でいろんなものを手に取って効能書きをガン見する始末。「この効能が本当ならば、ドラッグストアのこのコーナーで化学的に全身プチ改造だな」(ニヤリ)
 あまりに興味深かったので、足の裏の角質ズル剥けを買っちゃいました。
 
 そして、このエントリーを書きながら、その薬液の付いたビニールの靴下を履いているのだ。「見せてもらおうかポップ通りのズル剥けとやらを」な~んて呟きながら。
 小一時間しているのですが、なんだか足の裏がムズムズする。
 ちなみにこの角質除去剤、薔薇の馨つき、ただズル剥けだけじゃなく+このToo much感が必要なのですね、わかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

もうね、仕事の後は一杯の晩酌に救われる訳で

 本日の鳥取は近づいている台風の影響と、梅雨前線の影響の雨降りで、湿気が多くて嫌な一日でした。

 がっつり仕事が終わると、魂が抜けたよう。
 会社のFBの管理兼、中の人の私。本日のエントリーに「こんな日はキリッと冷えたこのお酒」と書きました。
10462867_479764182126974_1377615672
 書いたからには、ちゃんと買って帰って一杯やるてーのが決まりです。いやホント。
 晩酌で日本酒を飲むとなると、夕飯は必要無い感じ、相方に手間をかけず晩酌の中てに剣先スルメを炙って、熱いうちに裂き、こんな時用に持っている瑠璃色の薩摩切子のコップに、氷と水を入れマドラーでステアし、ガラス器をしっかり冷す。氷水を捨て素早く綺麗な布巾で水気を拭き取り、そこへ冷やしていた夏限定の純米吟醸、生の満天星を注ぎ、スルメをガジガジしながら頂きました。
 
 生き返った。ちょっと甘口ですがキレがあっていくらでも飲める感じ。ワイン飲みの人に分かりやすく言えば、なんとなくドイツワインのアウスレーゼな感じ。
 3杯目まで飲んで気持良くなっちゃいました。
 
 隣の席では、太一が苦労しながら固い剣先スルメを頬張ってよだれを出しながら一所懸命ガジガジ中。
 私の「美味しい?」の問いに「おとうさん、ちょーおいしいよ」と剣先スルメお気に入りの様子。幼児ながら顎を精一杯使ったハードな咀嚼を横目で見ながら「それが後々効いて来るから(心の声)」と親心からニンマリ。
 そんな我が家の夕餉の食卓。
 雨で七夕は星を見れませんが、地酒の満天星のおかげで夢心地の七夕であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

Imagine 妄想してごらん

 職場が変われども、両手の指の数ほどのプロジェエクトを同時に抱え、相も変わらず止まると死んでしまう日々を過ごしております。

 さて、本日はそんな私の物事の進め方のネタバラシを。岡田斗司夫さんのスマートノート術を参考にして、この方法にたどり着きました。
 
 それでは、それぞれのプロジェクト毎にファイルを作ります。此処でケチっちゃいけません、1プロジェクト1ファイルです。そのファイルの前半にはノート形式のリーフを綴り、後半はクリアホルダを綴ります。
 そのノート部分を中央縦半分に線引きし、左半分に自分の思う事、希望や妄想なんかを箇条書きにしたり、ちょっとした落書き程度のイラスト描いたりして、その時点で「完成時こうなるはずだ~俺はこうしたい」ってものを書きます。
 そして右半分には、会議の結果であるとか、実際動いたこととか、お金の事とか、そういった現実的な事を脚色なくできるだけ簡素に箇条書きする。
 それに対する感想、感情的な自分の主観部分はその左部分に矢印を介したりして書く。
 配布された書類は時系列を守って後ろのクリアフォルダに入れる。
 
 右脳と左脳じゃないけれど、現実を俯瞰する右部分と、それに対して「もっとこうならないか~」って問いかける主観の左部分のノートファイルができるわけです。
 すると、日が重なるうちに、自分の「こうしたい」が現実に近づいて、現実も「こうしたい」に近づいて、丁度良い落としどころが見えてくるわけです。
 でも絶えず「こうしたい」ってゴールは必要、いかにそれに近づける理詰めで現実を歪曲させるだけの力をもてるか。商売となるとお金の絡んだ生臭い話を上手に立ち回りながら、如何にそのプロジェクトに絡んだ人全てが納得できうる利益を享受できる最適の落とし処がどこかを模索しながら。
 
 実は私の模型製作も同じ、こちらはファイルではなくスケッチブックに、「こんな具合に完成させたい」そんな絵を描くんです。で、目の前のキットとのギャップを、スケッチブックの余白とか、画の部分に矢印で「こうしたい」と書き込んでいくんです。
Dscn1537
 これがそのスケッチ、普通のボールペンで勢いに任せて一気にグアーッと描いているので、乱筆乱画すんません。こういった二次元的な入力を自分の体と脳にすることによって、三次元の物つくりがやり易くなるんです。
 時間と手間とコストを考えながら、できない所は諦めるのですが、その時のできうるボーダーを今の自分じゃ少し無理目のところまで頑張ってみる。此処が自分のスキルの伸び代になるわけです。此処を無理すると伸びるのじゃなくて、擦り減っちゃうのだ。
 このスケッチを眺めながら最大の難問「体毛をどう表現しようか?」と考えています。「ロブ・ボッティンならば一本ずつ植毛するぞ」妄想族のゴーストの囁きゆえに、私は擦り減っていくしかないのでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

復活(リブート)の日

このBlogを放置して、一年以上の長い時間が経ちました。
職場が変わり、赤ん坊だった息子も幼稚園の年少さん。
時の経つのに伴い、私個人も公道のモータースポーツイベントに参加してみて二輪レースの復活の糸口にと思ってみたり、「完成品を見てみたい」と言われているので「ここはひとつ頑張るか」と模型を作ることになったりと、以前の私へ復活の時となっているような感じがする今日この頃です。
このBlogも復活の時なのかも知れません。
 
さて、このBlogの最初の記事は模型趣味についてでした。韻を踏むわけじゃないけれど、復活のエントリーは、模型製作の再開のお知らせについてです。
さてさて、この年になってこのデザインの良さが骨身に染みてわかるようになってきた、米国におけるネズミキャラクターの双璧の片翼を担うBIGDADDYことEd Ross御大デザインのキャラクター「RatFink」。
Revell社のその「RatFink」の模型を私の俺リアルテイストで組み上げていきたいと思います。
20140705215344
ちなみに完成までに使う物は、接着剤と塗料以外はこの箱の中の物だけと言うシバリのあるモデリングをやろう思っています。
一時の父の47歳が組むアウトサイダーでバットテイストなRatFink、ジョー・ダンテ・テイストを利かせるつもりですが、さてどうなりますやら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2014年8月 »