« 今年の抱負 | トップページ | 死語の世界 »

2013年1月 9日 (水)

惚れた弱み

 ファッションとかに疎い私。そんな私がネットで一目惚れして、イタリアからスウェットを買う事になりました。

 イタリア産綿100パーセント、オールドイタリアンなあずき色、腕と胸には飛行艇最速記録を出したマッキMC72のモチーフの入った金糸の刺繍。私が買わんで誰が買うと、ポチッとした時、2012年11月24日・・・。

 普段、私がする海外のネットショッピングと言えば、アメリカからSFモノのガレージキットを買うくらいですが、そのために決済代行会社のPaypalにアカウントを開設しておりましたので、このイタリアとの取引もPaypalを使っての決済としました。

 と、ここまで書くと、これから書こうとしていることがなんとな~く見えてこられる方もいらっしゃるかと思います。本日2013年1月8日(この記事書いている時点では)、未だ来ません。クリスマス休みと新年の休みを考慮に入れても、ちょっと時間がが掛かり過ぎです。そして11月の取引ですので、もう既に私のクレジットカードから代金は差し引かれています。

 こう言ったトラブルのリスクヘッジためにPaypalをいっちょ噛みさせているのです。使わない手はありません。
 ここの異議申し立てのフォームに、つたない英語ではありますが、文面が強圧的にならないよう気を付けながら「私のところにまだ商品が届かないだけれど、何かトラブルかな?調べてくれませんか」といった意味の英作文をして送信してみました。

 すると一時間もしないうちに「松永さん、長らくお待たせして申し訳ありません。我々の会社は小さなメーカーで、作るのに時間が掛かるのです。ご理解ください。出来次第、直ぐに送ります」と返答がありました。

 受注生産だったのか!!惚れた弱みです。このメッセージを蕎麦屋の出前と思わず、信じて待つことにしてみました。

 そしてこう返しました「了解しました。私のシャツが届くのを、心待ちにしております」と。

 ネットで一目ぼれの服の現物はいったいどうなのか・・・!?続きはまた届いた時にこのBlog上で報告します。

|

« 今年の抱負 | トップページ | 死語の世界 »

コメント

イタリア・・・やはりねぇ~(;´Д`A ```
日本国内でヨーロッパの物が思い通りに流通していない理由が、強力な家族経営(マフ○ア的?)とE-コマースに限らず納期に無頓着。。まぁ芸術家なんだと思うことにして( ^ω^ )
アメリカの通販はすこぶる良いですが、最近、アメリカ企業を装う中国の方々いらっしゃいますので面倒ですね。

一時間で返事が来たのなら良いですよね、半年待ちありますから。

投稿: zachino | 2013年1月 9日 (水) 19時42分

zachinoさま
Squadratlanticaちゅーブランドなんですが。生地も縫製も全部イタリアって言う処に惚れたんです。
画面で見る色目、デザインも秀逸なんですよ。
もうすこし待ってみます。

投稿: 松永 | 2013年1月10日 (木) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/56500677

この記事へのトラックバック一覧です: 惚れた弱み:

« 今年の抱負 | トップページ | 死語の世界 »