« ポスター | トップページ | 指先の芸術 »

2012年4月30日 (月)

B.D.の源流を其処に見た

 この週末は大学時代の寄り合いがあり、東京に行っておりました。

 その集まりは、18時からの開始であったのですが、遠隔地からの参加の私としては、ギリギリに動いていたのでは、何かトラブルがあったらそれで「ごめんなさい」となってしまいます。日頃の仕事から、他人様のリスク管理提案などしている私がそのような事になれば、将に「紺屋の白袴」ちゅー事なので、早起きをして、一便の鳥取→羽田の飛行機に乗り、余裕を持って10時前には都心をうろついておりました。

 ただ、ブラブラしていた訳ではありません。見てみたい展覧会を事前にピックアップ、折角の東京です、地方都市ではおよそ楽しめない楽しみで時間を過ごそうとしたのです。

 今、東京で私が行きたかった展覧会は、ボストン美術館の例の展覧会と、片や、小さくて地味なのですか、どうしても私の琴線に引掛かって仕方が無かった展覧会がもう一つあったのです。

 練馬区立美術館で行われたおります、「鹿島茂コレクション2 バルビエ×ラブルール展」でした。

 時間的に、そして距離的にこの二つに行くのは無理です。どちらに行くかと言う事で、飛行機の中まで悩んでおりました。その時手に取った、全日空の機内誌「翼の王国」に、鹿島茂氏自身のよるところの、バルビエ×ラブルール展の特集記事が掲載されているではないですか。
 もうこの記事を読んで、私のゴーストは囁きまくりです。「ボストン美術館展はこの後、名古屋でもあって大阪でもある。でも、バルビエ×ラブルール展は、もしかするとこれが一生で最後の機会かも知れない。この展覧会に引っかかった自分の審美眼を信じ、行動せよ」と。

 で、東京の土を踏みしめると同時に練馬区立美術館へ向かったのです。

 感想は・・・映画好き、B.D.(フレンチコミック)好きな人はMUST。

 よかった・・・本当によかった。

 このまえなくなった、B.D.の巨匠、ジャン・ジロー(メビウス)の源流を見た気がしました。舞台の衣装デザイン画は、後のハリウッドの衣装デザイン画其のまま、ストーリーボードなんか言わずもがな。またその一世紀前の少量印刷物のクオリティーがハンパ無い。

 とにかく、いける事の可能な人は行ってみて欲しい。本当に素晴らしいんです。私なんか、美しさと緻密さと、鹿島茂氏のコレクター魂に、溜息が出っ放しとなったのです。

 こういった深~く深~く掘り下げられた分野において、東京に対してどんな都市もかなわないのが現実です。

 えぇモン拝ませていただきました。

|

« ポスター | トップページ | 指先の芸術 »

コメント

いや~松永さんの行動力とアンテナには何時も驚きます∑(゚∇゚|||)
>B.D.の巨匠、ジャン・ジロー(メビウス)の源流を見た気がしました。

流石、仏語や文化に造詣が深い御意見ですね。
私も行ってみます(o^-^o)

投稿: zachino | 2012年5月 3日 (木) 01時13分

zachinoさま
ぜひぜひ行ってみて下さい。
そして感想をお聞かせください。

投稿: 松永 | 2012年5月 5日 (土) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/54598719

この記事へのトラックバック一覧です: B.D.の源流を其処に見た:

« ポスター | トップページ | 指先の芸術 »