« 止めたくても止められない | トップページ | 名前をつけるという事 »

2011年3月25日 (金)

Noblesse oblige

 いつも「こんな時だからこそ、道化をしてでも皆の顔に笑いが取れるようなエントリーを」と思うのですが、震災、津波の被害の凄さ、原発の行く末、東京の停電と、矢継ぎ早に色々な事柄を、TVの画面で、Netのニュースで見てしまいますと、なかなかBlogのエントリーを書く事が出来ませんでした。

 しかしココに来て、twitterの方に気分転換のために、動画を紹介したりできるようになったのは、会社の事でちょっとした進展があったからなのです。

 実はこの震災が起きて直ぐ、上司の取締役に「我々のグループ企業で、義援金とか、何か出来るのではないでしょうか。その機運は各会社の現場担当者の間でも高まりつつあります」と報告をしていたのです。実際、我が上司も「その通り。各会社の取締役からも同様の意見が出始めている」と。「それを、上の方で何とか纏めて下さい。『いざやるぞっ』っとなった時にレスポンス良く動けるように、現場担当者同士の根回しはこちらで動きます」と。

 根回しと言ってもそんなたいしたことでは無く、「こんな動きがあるので、そうなった時にヨロシクッ!」と言って回っただけの事。

 そして昨日、遅ればせながら我らが田舎のグループ企業体で、義援金プロジェクトが動き出したのです。
 やっと自分にも何かできると、胸の痞えが取れた気がして、また、Blogエントリーを書き始める気持ちになってきたのです。

 昨今の地方経済の冷え込みに、皆、大変なのは良くわかる。でもね、そんな時こそ「武士は食わねど高楊枝」。ノブレス・オブリージュの実践を、こんな時にやらいで何時やるの?!義援金だけじゃなく、自粛ムードでキャンセルが相次いだり、売り上げが下がってきているグループのホテルや百貨店にも、食事に行ったり、買い物したり、無駄使いするぞ。皆、持ちつ持たれつなんだ。

 そんな事を思う、今日この頃なのだった。 

 

|

« 止めたくても止められない | トップページ | 名前をつけるという事 »

コメント

私の住む町は地盤が固く、大きく柔らかく揺れただけで何気ない日常が続いていましたので、帰宅してニュースを観るまで事の重大さに気が付きませんでした。
また、報道されない被災地の悲惨さなど、どうしても耳に目に入って来てしまう東京の住人も違った意味で大変です(´Д`A ```;

3・11明治通りは原宿の竹下通りの様に人であふれ、タクシー待ち8時間、新宿から市川まで20時間・・・
スーパー・コンビニに食料無し、ガソリンが無いから物流はストップ、計画停電の不公平にイライラは爆発寸前、石原都知事の“天罰・我欲の日本人”発言を批判出来ない程、買い占め、買い溜めなどなど・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~・
ガソリンが今日から普通に買えるようになりました、当たり前の事が有難い事だと気付く毎日です。。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
栃木・茨城・千葉にまで大きな被害が出ているので今後が心配です(特に生産者・農家の方)

投稿: zachino | 2011年3月26日 (土) 00時39分

心強いお言葉ありがとうございます。
周囲を見ていると、今回最も心を打ち砕かれたのは都民ではないかと、、、そんな気が。中長期的な見えない脅威に怯えています。体が縮こまってます。

無駄遣いぐらいなら私も貢献できるかなwww。

投稿: yo | 2011年3月26日 (土) 10時11分

yoさま&zachinoさま
身内が東京にいる身としましては、心配でたまりません。
ニュースを見てはただただ言葉を失うばかりです。

投稿: 松永 | 2011年3月27日 (日) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/51216525

この記事へのトラックバック一覧です: Noblesse oblige :

« 止めたくても止められない | トップページ | 名前をつけるという事 »