« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

おもてなし

 この週末はオヨバレ週末、土曜日は先日のエントリーに書きましたとおり、ホテルニューオータニ鳥取でのイタリアンディナー、そして日曜日の午前中、結婚祝いのために、年上の友人が、私たち夫婦二人をご自宅に招き、お茶会を開いて頂いたのでした。

 その年上の友人とココでは気安く書いておりますが、大手広告代理店の鳥取支社の責任者の方で、元々商業デザインの現場でお仕事をされていた方、絵心をお持ちで、それゆえ自分なりの審美眼もお持ちです。そして何より焼き物のコレクター。また最近は、広告代理店なのか蕎麦屋なのか?と言う位に蕎麦打ちに熱中されている方なのです。

 そのお方が「是非、家に来て。結婚祝いのお蕎麦茶懐石をやろう」とのお話になったのです。

 ご自宅に伺うと、先ずほうじ茶で一服、その時にあつらえてあったお菓子が器といいお菓子といいすばらしくイイッ!!なセンスなのです。

 201102271144000

 幼児の書いたような(ちゃんとした作家さんの物ですよ)可愛らしい絵付けの白磁の器に、金平糖、一口大に割った和三盆、そしてゼリービーンズ。見て下さいなんともカワイイお茶菓子ではないですか。
 これは20代のおねぇちゃんの見立てではないのです、還暦を越えたオジサンの見立てですよ。素晴らしいですよね。コレで相方はすっかり上機嫌。

 ゼリービーンズをつまみ、ほうじ茶を啜って暖機運転終了、これから隣の部屋へ向かいます。すると、その部屋の長机の上にはおびただしい数の桐箱が出番を待っております。

 桐箱を開け、ウコン染めの黄袋を解きますと、出て来る出て来る、お宝の山です。30年を超えるコレクター道の結果が其処に現れたのです。

 黒楽、備前、志野、織部、白磁、青瓷、萩・・・

 一つ一つの由来、作家、作陶方法、高台のつくり、器の個性、そんなこんなをお話して頂きます。この方はとても話し上手な方。美術の講義のようなそれではなく、笑いの尽きない楽しいお話でリズムを載せての器の説明に、こっちからも調子に乗って質問君、するとまたそれに返答と、あっちゅー間に時間が過ぎていきます。

 そして、お茶会の始まり始まり。

 今度はスタンダードに、実に春らしい練りきりの生菓子を用意されていました。

201102271102000

 お菓子を頂きながら抹茶を点てて頂き、作法にしばられる事なく、笑いの絶えない楽しい会話の中でのお茶席です。そこに存在するマナーと言えば「客は亭主に恥をかかさず、亭主もまた客に恥をかかさせない」その信頼関係があるのみです。

 さて、そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎていくものでお昼近くなりました、すると自らが手打ちされたお蕎麦が登場です。

 見て下さい。この艶かしいほどに艶のあるこの半透明な蕎麦面を。そばつゆも、返しを寝かして全て自家製。

201102271125000

 これに、ご自宅の裏の畑で栽培された辛味大根のとっても辛~い大根おろしを添えて、おろし蕎麦として頂きました。

 蕎麦打ちをされ始めてまだ一年経つか経たないかなんですよ。実は私、蕎麦打ち第一回目の蕎麦も頂いているのですが、あの時はそりゃーもうね・・・今では笑い話として語られる内容だったのです。それから何度蕎麦を打たれたのか。今やお金を取れる内容の蕎麦に仕上がっています。

 最後にもう一服ずつ抹茶を点てていただき、それを頂くと、会は終了となりました。

 我々の結婚の祝いに、手作りの暖かいもてなしを受け、ありがたさ一杯で日曜日の午前を過ごしたのです。

 あと20年歳を取ってから・・・私はこんな風に生きているのでしょうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

魂を抜かれる料理

 昨日、仕事の関係で、ホテルニューオータニ鳥取で行われました「ホテルニューオータニ鳥取 35th Anniversary Event スーパーパティシエ&スーパーシェフ夢の饗宴」なるイベントへ夫婦揃って出席させていただきました。 来鳥られたパティシエは東京・紀尾井町のホテルニューオータニ本店のシェフパティシエ:中島 眞介氏、シェフはラ・ベットラ・ダ・オチアイのオーナーシェフの落合 務氏。イタリアンのお好きな方なら聞かれた事のあるお名前だと思います。

 「仕事関係で・・・を、なんて役得」と思ったあなた、席が取れたのは役得ですが、仕事関係であっても、もちろん料金は私の自腹だ!でもいいの、美味しい物は借金してでも自腹を切る、コレが後々の色々な意味で身になり骨になるのです。

 でね、当初は色々このエントリーに書こうと意気込んでいたんです。

 でもね今書ける事と言えば、ほっぺを人差し指でグリグリしながら「ボニッシモッ!」としか書けません。その位、感動です。

 昨日のお料理、前菜から始まってデザートまで、どれも凄く素敵に素晴らしく美味しかった・・・はぅ~(遠い目)。
 同席の相方も「こんなに美味しい御馳走食べたのは、生まれて始めて!素敵な経験をありがとう」と感動しきり。

 そんな事を言っていてもエントリーが成立しませんね・・・特別に一つだけご紹介します。私がスプーンを口に運んで、直ぐに魂を抜かれた超絶の一皿。“茸のリゾットポルチーニ茸のソース、フライドオニオンを添えて”これだ!

Dsc_0010

 スプーンで3~4掬いで完食のこの量。あぁカロリーだとかダイエットだとか、そんな野暮な事は言わずボール一杯位食べたい。そんなリビドーと戦った食事経験。ポルチーニのかぐわしい香り、髪の毛ほど芯を残したお米のアルデンテ加減もたまらんです。
 食べ終わったても、唾液が口の中に出続けるんです。そんな経験、何年かに一度しか出来ませんヨ。

 そして食後、我々の円卓席の皆様と、パティシエ、シェフご両人との記念撮影。

Dsc_0017

 美味しい物を食べた後は、皆、幸せな笑顔なのだ。

 確かに新婚一馬力の我が家にとって一食の食事代と冷静に考えれば、とてもイイお値段ではありましたが、「その金額それ以上の経験が出来た」と、家までの道すがら上機嫌の二人だったのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

日曜日

 まだ少し寒いけど

 お天気がよくて

 ヌクヌク日向で

 お茶を啜りながら

 日向ぼっこ

 そんな日曜日の午前を過ごしております。雪が無いって素晴らしい。何もしなくて良い日曜日って素敵。生き返る気がします。

 三寒四温、春は其処まで来ている感じがします。

 ヌクヌク、ゴロゴロしている、ダメ人間になるのも、たまには良いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

本日20時より

 中国地方限定ですが、本日20時よりNHK総合の番組で、私が習っております古流剣術「雖井蛙流平法」が紹介されます。

 視聴可能の地域にお住まいで、お時間があられる方は、「松永はこんな事しとるんか!」と呆れながら、どうぞご覧になってください。

 NHKの番宣はこちら→(ポチッとな)

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

四十路ヲヤジを粗捜し

 さて、前回のエントリーにて、「自己修復機能・・・」なんてかきましたよね。人はそもそもホメオスタシス(恒常性)という、そんな機能はとっくに獲得しています。(イモリほどではありませんが・・・)

 何故にこんな書き出しかと言えば、明日、朝一から健康診断なのだ。私の自己修復なんちゃらは寄る年波と、今までの無茶な生活のおかげで、まったく信頼できないレベルとなっています。そんな43歳(17日には44歳!)なオッサンを調べれば何か一つ二つでてくるちゅーに。えぇ、太ってますよ。

 それにね、以前にも書いているのですが、胃がん検診のバリウムを飲むまではまだイィ。その後の下剤!あの下剤のおかげで、その後が仕事にならんのが困るのよ。

 万年人手不足の我が会社、明日ももちろん健康診断後には、むっちりとアポがイパーイです。はい。

 なんだか、憂鬱なのです。

 夜9時以降メシ食えない・・・お腹が「キュ~」なのだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

10日間という時間

人間の作った、最高で最低の発明がなんだか分かるか?
テレビさ。テレビは情報によって人をあやつり、人から現実感を喪失させていく・・・そう、今やテレビこそが宗教なのさ。                           CowboyBebop Dr.ロンデスの台詞より

 この10日間、昭和レトロなアパート住まいの我が家では、テレビが映らないでいる。
 先週の月曜日の夕刻から、ブラックアウトしたまま、うんともすんとも言わないのだ。まあ、最近のテレビはお利口さん、自己診断プログラムが走っていて、何処がおかしいか診断してくれるのだ。流石デジタル。車輌整備のマテシスみたいなモンです。

 で、でた結果が、受信強度が全然足りないと、そしてテレビに問われます「アンテナ線がテレビ本体から抜けてませんか?」と。
 チェックした。抜けていない。
 「チェックして異常が無ければ、アンテナ自体に障害があります」と。

 さて、アンテナは我が家の持ち物ではない。で、翌日不動産屋に連絡した・・・大家さんに言ってくれと・・・大家さんに連絡した・・・電気店に連絡させると・・・待っていたら昨日だった・・・やっと連絡キタ・・・我が家に来てチェック・・・良くわかりません・・・このアパートの構造を調べてからまた出直します・・・こんな感じで事が進んだ。まあ田舎にはよくあることです。

 その間、TVは真っ黒黒助。自己診断機能はあっても自己修復機能までは付いていませんでした。

 最初の数日は落ち着きませんでした。

 でもね、その日数が過ぎると、普段はTVを観て過ごしている時間に、相方と凝ったお料理作の仕込をしたり。その日あった事を面白おかしく話したり。

 無いなら無いで充実した生活。ご飯も美味しく、昭和レトロな生活もグレードアップした気持ち。そうか、テレビの無かった明治・大正時代な生活とはこんなだったのか・・・。

 この週末にもテレビは元通り写るようになるでしょう。ただ、元の生活に戻る事もなんだか惜しいような今日この頃なのであります。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

剣術の取材

 先週の日曜日と本日の二日間、NHKより雖井蛙流平法の取材があり、微力ながらそのお手伝いをさせていただきました。

 ゲストは俳優で武術家の藤岡 弘さん。

 ちなみに、「こいつは写りが悪いからカット!」と編集され無ければ、今の段階ではどの程度かわかりませんが、私も番組に出ている・・・かもです。放送は2月18日の午後8時からと聞いています。ただ、中国地方限定のようです。

 心掛けとして、なるべく普段通りに稽古をして演武をするように心掛けたのですが、いかんせんこの取材の前に腸感冒で著しく体調を崩し、自分でもベストと言える体調でなかったのは悔やまれる所です。

 でも終わった事を言っていても仕方ないので、コレを反省点とし、体調管理に万全を期すようにもっと日頃から心掛ける事とします。

 「普段通り」と言いつつも、今、二週に亘るこの取材が終わり、ちと肩の荷が下りた感があるのは、私はマダマダちゅー事の証明でもありますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »