« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

代打、私

 一ヶ月ほど前から話が始まります。

 今、私が関わっている料亭のお仕事、その営業会議にて、料亭の名前の入った判子が欲しいと・・・判子と言うよりも落款の類が欲しいと言った話になったのです。

 実は我がオヤジ、書と篆刻を嗜みまして、お調子者の私はオヤジの了解も取らずに「うちで何とかします」と言ってしまった訳なんです。で、事後承諾でオヤジに「ちょっとオイラの顔を立てて一つ篆刻をお願いできないかな?」との願いに、渋々ではありましたがOKと返事をもらっておったのです。

 で、本日。
 この落款の納品日が11/4でして、いまだ何も言ってこないオヤジにやきもきして、ただ・・・こちらが一方的に頼んだ物なので、あまり催促するのは悪いかなと思うのですが、それでも納品が遅れれば料亭の皆にも迷惑が掛かる。ココは「エイヤッ!」と覚悟を決め、オヤジに物申した訳なんです。

 「彫ろうと思って、墨書きはしてたんだけれど、老眼が事の外進んでいて、刀(とう)を握ったものの、彫れないのよ」と物凄いショッキングなカミングアウト。今この時期にこんな事の言われても・・・どうしたら良いの・・・。

 見れば、落款となる石には、漢字が生まれたばかりの頃の字体「篆文」の鑑文字が墨書きされ、彫り出されるのを今や今やと待っている状態でした。

 それをただ眺めていても、石はただの石のまま。ココは一つ、我が模型魂とテクニークで、私がいっちょ彫りだしてやろうじゃあ~りませんか、と決めたのです。

 大・中・小、三種の刃先の刀を手に取り、息を止め、ちょっとづつ「カリ、コリ」とオヤジの文字を削り取らないように篆刻を行います。

 時々、休み休みやらないと、集中力と視力が続きません。

 カリ・・・・コリ・・・カリ・・・

 やっと形になり、それに朱肉を付け試し捺し。その印影をオヤジに見せると、鉛筆で「ココが太い。コノ余白の始末が雑。ココの線はもっとシャープに」と、駄目出しです。

 そして、其処を修正しては試し捺し→駄目出し→修正→試し捺し→駄目出し→修正そんな事を何度続けたのでしょうか(遠い目)。

 そんなこんなでやっとの事OKが出ました。

 そして私が彫りの代打として篆刻をしたのがこちら。

Tenkoku

 これで「有隣」って書いてあるんです。「オイオイ、左右が逆じゃないのか?」って思いますよね。最初、私もそう思いました。でもこれ正しいのです。ちゃんと「篆刻辞林」っていう本を原典としています。
 ただ、そのままちゅー訳でもなく、ちょっとオヤジ流のアレンジも入っているのですが、「それは書&篆刻をやるものとしてのセンスの試し処だから譲れない」との事でした。

 とにかく私は、何とか納期前に間に合った事が一番ホッとしています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

ヘルメット新調しました

 さて、サンデーレースの仲間の皆様は、11月のレース目掛けて着々と準備を進められているようですよね。

 うらやましい・・・・

 まあ、結婚式という人生の中でのビックイベントを控えている身、ここはおとなしくして今期はもうおしまい、なのでハロウィーンも近い事ですし、ちょっと欲しかったヘルメットを新調する事としました。

 「ちょっと待て、何故にハロウィーン?」と、そんな声も聞こえてくるかと思います。

 そんなね、私がこの時期に普通のヘルメット買うわけ無いじゃないですかぁ~!!!(何故か逆ギレ)この私、しゃべって、光るこのヘルメットが、ずっと欲しかったんですよぉ~、映画HIHOのプレゼントコーナーに載っていたその日から。

 でネットで見つけてお買い物。

 終に昨日、来たわけだコレが。

 もう、子供のように「ヤター」って喜んでいる・・・訳無いでしょう、こう見えても結婚式を控えた、分別のある四十路のお兄さんのですから。

 それにしても、いいなコレ・・・

 ウヒヒヒヒヒヒ・・・ 耳に付いているボタンをポチッとな

Ironman_5 “I am IRON MAN”

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

なが~い溜息

 コレより紹介いたしますサイトは、ちょっと前に私がTwitterでリツイートしたり、mixiのボイスでつぶやいたりしておりましたので、あぁ・・・またかと思われるかもしれません。

 しかしね、ココ本当に私のお気に入りで、紹介してからも、何度も何度も訪問していたのだ。

 このお話が初めての人は「なんのサイト~?」となりますよね。
 “Sci-Fi Air Show”日本語に訳すと空想科学航空ショーとなるのでしょうか、SF映画やSFのTV番組でお馴染みのマシンたちの航空ショーです。

 百聞は一見にしかず。こちらをポチっと→

 コレを見つけて当分の間、「これってCG上手いな~」と思っていたんです。

 おいらって大莫迦者だ!!!

 実はですね、昨日ネットでこんな本を買ったのだ。

20101026003034

 それに、このサイトのメイキング記事が載っていたのです。

 はぅ~、合成にデジタル技術を使われているようなんですが、機体はミニチュアとは言えない、大きなギガチュアを作られているですねぇ~。しかもサイズを生かして凄く精巧な・・・。

 模型心一杯な企画だと解り、「何だか~何だか~ふぅぅ~」と、読んでいて深くてなが~い溜息をつくのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

イモラ・リバイバル

 とやかく言わん、二輪好きはコレを観よ!(涙)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

山の神のお裾分け

 さてさて、今年も金木犀の馨る時期となりました。

 そう、茸狩りの時期なのです。

 もうね、居ても立っても居られない・・・実は日曜日の午後から結婚式の衣装合わせがあるにもかかわらず、友人からの茸狩りの誘いを断りきれず「午前中にちょっと・・・」と、行って来たのです。

 6時のアラームで眠い目をこすりながら目覚め、バナナ一本と牛乳で腹ごしらえし自家用車のハンドルを握り集合地点に向かいます。

 友人と合流し、友人の持ち山まで友人の軽トラで行けなくなるまで、細い細い林道を登ります。終に軽トラの車幅ではいけない所まになると、其処に軽トラを停め、そこから山に入る装備をして徒歩で山に入っていきます。

 それでは友人より山に入る前にブリーフィングです。

 友人:「今日は稜線つたいに山頂まで昇り、朝日の当たる山側の稜線10m下を縦走します。そこに松茸の代と香茸の代があります。」 

 私:「えぇぇぇぇっ!!この道無き山を稜線つたいに山頂まで登るの・・・マジで・・・茸の為なら仕方ない」と決心をし、山用の地下足袋に足元を固め、腰には鞘に収まった鉈を装着。友人は竹で編んだ「しょいご」に熊よけの鈴を装着しています。出るんですよこの山には。

 しかし、熊よりも、ススメバチよりも大変な伏兵がおった訳です。

 朝食のバナナと牛乳のみが裏目に出ました・・・山頂を目指して1時間ほどたった時、もうね体が動かなくなったんです。ハンガーノックです。血中のグリコーゲンが底をつきました。15分ほど休憩を取っていると、脂肪が代謝され始めまた元気になってきました。タイムラグがあるんですよ。

 ヒヤッとしました。恐るべし!今回の茸狩りの消費カロリー!

 松茸が生えるだろう地点にやってきたのですが、既に先に入った人の足跡だらけ・・・先を越されたようです・・・くそ~。松茸は無理か・・・

 こんな茸は沢山生えているんですけどね。

20101017074617

  気を取り直して、稜線下10m縦走を続けます。

 するともう一つの目標、香茸の群生にぶちあたったのです。

20101017091019

 さて、一つ見つければ周りを注意深くよ~く観察です。この種の茸は円(この円をフェアリーリングなんて言います)を描いて生えるんです。すると枯葉の影のソコココにあるではないですか。
 この後、香茸の代をもう一つ見つけ、帰って重さを測ったところ、ほぼ2kgの収穫でした。

 それを仲良く友人と山分けし、家に持って帰ってみれば、オフクロの第一声。
 「松茸を期待していたのにこんなグロテスクな茸を山ほど採って来て・・・」って。

 をぃ!香茸って高級食材だぞ!

 ちなみに香茸と言う名前のとおり、凄く良い匂いがするんです。ちなみに収穫後の自家用車の中は香茸の香りでいっぱい。スパイシーでもありその中の甘い香りも有り、ちょっとうっとりしちゃいました。

 その香りも香茸を干す事によってもっともっと強くなるとの事、夕食にお吸い物として食べる分を除いて、全て干す事にしました。

 ちなみにそのお吸い物・・・汁に無茶苦茶香茸の旨みが出ていて、脳が痺れるほど美味かったです。

 コレだから茸狩りは止められんのですヨ。

 勿論、午後一からの婚約者との着物合わせまでには、ちゃんと間に合わせたのは言うまでもありません。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

キレンジャーでいってみよう!

 さて、本日はカレーを肴に南アフリカのワインを呑む、勉強会の日、しかも昼間から。お天道様のあるうちに酒を飲む、こういうのって、なんだか内緒でいたずらしている子供のときの「ヒヤヒヤ、ワクワク」。

 言い訳です。この会は飲食業をされているプロ向けの会なのです、なのでお店が休憩の2時~4時の間に行おうって事なんです。

 私もただ遊びや趣味の範疇だけで出席するつもりなんてありませんヨ。どこかにビジネス的に良いネタが転がっているじゃないか~、もちろん会の後には会社にレポート提出はMUSTな訳です。

 スーツを着て、ワイン片手のキレンジャー。

 そんな午後を過ごしてきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

グルメ週間始まる

 皆さん、この三連休如何お過ごしでしたか?

 わたしゃ、月曜日は大山で行われていた、“とっとりバーガーフェスタ”なる催しに行ってきました。

 HPで詳細は確認してね。→(ココをポチッと)

 お知り合いチェロ奏者の彼女さんが出店メンバーのお一人でしたので、「どんなんされているのかなぁ~むふふふのふ」と好奇心です。

 会場はこんなかんじ。

20101011100937_2

 このブルちゃんカッコイイ!!その奥のクマの着ぐるみは、プーさんのようでプーさんじゃないゆるすぎるデザイン!!渾然一体としたこの会場の雰囲気!!これぞカオス!

 それでは、上記お知り合いのバーガーを開店と同時にほおばり「うーまーいーぞー!!手を合わせ!ご馳走様!」と味王様気取り。じゃ「次いくか」と目をつけていたバーガーのテントを見ればこの通り・・・

20101011103439

 これからここに並ぶッスカッ・・・マジ萎えた。

 つーことで、目的のバーガーはちゃんと食べたし、さっさと家に帰るかと、午前中には家路につきました。

 そして、次~!!!

 この木曜日には、「カレーを肴に南アフリカ産のワインを飲んでみよう!」という、ちと変わった勉強会が、私の関わっている料亭で行われます。それに出席予定です。南アフリカのワイン醸造農家のアジア太平洋部門統括の責任者の方も出席との事、こういったインターナショナルな舞台に使いたかったのよ・・・この料亭・・・ジーン(涙)。

 本当に役得であります。

 ヨーロッパからカルフォルニア、そしてチリにオーストラリア、そして南アフリカ、ワイン産地のトレンドはどんどん変わっていくんですな・・・。

 そう、何事も変わり続けるって事が物事の、いや熱力学の本質なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

レシプロではないけれど

 今、海の向こうでは自動車の展覧会、パリショー開催中ですよね。
 パリショー関連の情報を調べていて、今年のジャガーのコンセプトモデルC-X75にびっくらした 。

 先ずは動画を観てね。

 外観はバブル期のジャガーのフラッグシップ、XJ220の血統を色濃く残す感じの結構イカすデザイン。でもねこのお車、肝がちがうのよ。なんとマイクロガスタービンエンジン2機掛けで発電して走る、なんとも豪快なハイブリッドマシンなのだ。

 ガスタービンエンジンのマシンといえば、ここのディープな読者の方々なら、こんなのや

Stppaxtonfront_2 

 こんなのを思い出すよね。

Howmet_tx_daytona

  新しくて懐かしい、ガスタービンという響き・・・ジャガーGJ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

おいら頑張る!

 結婚式まで2ヶ月切りました。

 準備に、これほど色々とエネルギー使うとは思っても居ませんでした。経験済みの既婚者の方々には頭が下がりますです、はい。(何度も経験されている人も・・・)

 でも、ケジメだよケジメ(byマンマユート団)。

 今日のエントリーは自分のために書いてます。

 やるベス!

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »