« 北米横断耐久レース | トップページ | 渋すぎて震えた »

2010年9月18日 (土)

リンチのようでもあり諸星のようでもある

 すっかり朝夕が涼しくなってきました今日この頃、皆様はいかがお過ごしですか?
 相変わらずの忙しさに身を浸す私は、口内炎が6つできちまって、痛くて痛くてアセスで歯磨きの毎日なのだ。

 嫁をもらう環境であっても、深夜のNET放浪癖が治る訳でもなく、「タイラー・ダーデンか!?」と言わんがばかりの夜更かしの毎日。

 で見つけたこの動画。

 すんばらしいです。

 映画好きの人はモトネタは「デビッド・リンチ!!」と叫ぶのでしょうが、私的に絶対、諸星大二郎ですな。この見立てどうでしょうヲタクな方々。

 感想求む。

 ハッ!フランス映画の「ポゼッション」って見立てもありだな。

|

« 北米横断耐久レース | トップページ | 渋すぎて震えた »

コメント

おおっ!!これはまた良い作品ですね、デビリンですね~どう考えても、イレイザー・ヘッド、デビリンですよ~

あっ!見様によってはテレタビーズにも見えるんですが・・・デビッド・リンチに怒られそうw

投稿: zackino | 2010年9月18日 (土) 00時59分

元ネタはズバリ『バスケットケース』でしょう。
シャム双生児として生まれた兄弟(脇腹にくっついていた肉塊が兄)
兄はその後、手術によって切り離され、隠遁生活を余儀なくされる。
絆を引き裂かれた兄は、怒りと怨みで人間に復讐を始めるという内容。
この映像で、女性の肉塊に対する愛情描写からも
上記設定みたいな背景を想定すると道理がいきます。
『バスケットケース』はホラーですが、上記映像ではホラー的に
醜悪な要素を排除して絆と愛情面にスポットがあてられているように
感じました。

『バスケットケース』トレイラー
http://www.youtube.com/watch?v=ok7fOwdk2gc&feature=related

投稿: zuka | 2010年9月18日 (土) 01時30分

あっ!そうだ『バスケットケース』ですねw確かに、
流石Zukaさん、しかし、どこの劇場で見たのか?記憶が無いんですよね、バウスSかユーロSか?気味の悪いバスケットケースから目玉が見える、そんな絵面のチラシだった様な、レンタルのパッケージだったのか?全く想い出せません(*^-^)

投稿: zackino | 2010年9月20日 (月) 01時30分

お二人とも遅レスですんません。
最近は色々あってですね・・・。


バスケットケースですか、観ていましたが、記憶の奥底へ沈んでいました。
そう言えばそうですよね。
ただ、あの口の「ハフハフ・・・」ってのがそのまま諸星の漫画であったもので。

投稿: 松永 | 2010年9月21日 (火) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/49480301

この記事へのトラックバック一覧です: リンチのようでもあり諸星のようでもある:

« 北米横断耐久レース | トップページ | 渋すぎて震えた »