« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

10歳ポテンシャル今昔物語

 さて、今週に入って東京より、春休みに入った甥が一人で帰省してきているのですが、その相手も伯父さんはしているのだった。

 しかし、甥と遊んでいて最近本当に特に気になることが・・・不器用なのだす。本当に上手に刃物が使えないんです。こんな事を見せられると伯父さんはブルーなんです。

 ガンプラを買ってやっっても、それが上手く作れないんです。問題はカッターナイフでのゲートの処理がちゃんと出来てないので可動部がうまく動かない。結果、力技で何とかしようとするのでポキリとパーツが折れて、べそをかく事に。

 模型を知らない人に説明です。バンダイのガンダムのプラモデル通称ガンプラは、本当にユーザーフレンドリーに出来ていて、とにかくランナーからパーツを奇麗に切り出せば、塗装無し、接着剤無し、修正無しで、とてもカッコイイ完成品が出来るのだ。逆に返せばガンプラが作れなきゃ、タミヤはおろか、そのまま組んでも形にならない外国製のプラスティックモデルを作るののなんて、先ず不可能なんです。

 その模型道の入り口のガンプラでつまずく・・・しかも今回四体目です。そりゃね、タミヤだって完成品を売る時代だわさ、こんな状況じゃ。

 今年で10歳になる甥なのですが、私が10歳の頃を思い起こしました・・・竹籤とバルサでゴム動力のプロペラ飛行機を作ったり。パチンコで牛蛙をしとめて、その辺に捨ててあるガラス瓶を拾い、石器時代の人々が黒曜石で作った打製石器の刃物のようなナイフをそのガラス瓶を材料に川原の現場で作り、その刃物で皮を剥き解体してカエルの肢の筋肉だけにして、それをタコ糸に結びザリガニ釣りをしたりと・・・刃物を使って物事をする事が子供の遊びの中に溢れていました。 

 「肥後の守が一つあればいろんな遊びが出来るのに・・・」

 現代っ子の人としてのポテンシャルの劣化に危機感を募る今日この頃。

 丁度そんな時、タイムリーにも雑誌『家庭画報』の書評欄にて、本日書いてきたこの10歳のポテンシャルについて書いてある興味深い本が紹介してありました。その書評を読むと、私とても気になる話なんです。

 終戦時、満州からの引き揚げを自分の足で1000kmを歩き無事引き揚げ船に乗り、日本へ帰国した10歳の少年のお話です。

 「たった独りの引き揚げ隊」(ソッコーで買って読みました)

 血の半分はコサック、また半分は侍。後に格闘技の世界で41連戦すべて一本勝ちで決め、「 サンボの生ける伝説」と呼ばれた格闘家のビクトル古賀先生の少年時代史。

 本来の10歳のポテンシャルってこんなに凄いだ。

 甥よ気張るのだっ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

メロメロにちかれた・・・

 実はこの週末、岡山国際サーキットにてKenさんの岡国レースデビュー戦のモト・レヴォリューションがあったのです。

 私はお手伝いに行ってきました。

 いろいろあったのじゃ・・・(遠い目)。

 歳なのか物凄く疲れているので、本日はもう眠らせてください。
 「何があったのか?」って。ココ数年、ただ車を、ウエイティンッグエリアやグリッドに持っていくだけ、みたいな~そんな楽なピットクルーは、永らくさせてもらえないちゅー事で。

 ただ、そんなボヤキもスカッとさせる、Kenさんの今日一番カッコよかったスタートシーン。 

 スタート前チェックから雨が降り始め、結果このクラスのライダー全員、ウエット路面ドライタイヤ状況の中での、気合の入ったロケットスタートです。

 なんと9位から3位へジャンプアップ!!

 その後の結果はまた後で・・・と言う事で。

 Kenさん、岡山初レース、お疲れ様でした。(◎´∀`)ノ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

できました

 さてさて、昨日より知恵熱出しながらこの前の自動車イベントCent'annni Classica Targa Shoudoshima 2010のアルバム製作、やっと今仕上がりました。

 昨日のエラーに次ぐエラーで作成データが真っ白攻撃を受けること三回。流石に心が折れました。

 本日もデータ量を調整し、それぞれにコメントを付けこれから紹介するようなアルバムししてみたのですが、どうでしょううか?イベントの楽しさが伝わりますか?

 前置きはこのくらいで、それではCent'anni Classica Targa Shoudoshima 2010のアルバムを此処に公開します。

 こちらをポチッと→
  (注:携帯からだと見られないみたい。ゴメン)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

ぐぁ~エラー出まくりなのだ

 この前のイベント、Cent'anni ClassicaのフォトアルバムをこのBlog上に作ろうとやっているわけなんですが、エラー出まくりなのだ。

 三度目の正直でも、やっぱりエラーが出た。
 調べてみると、「データ量を1MB未満としてください」とな・・・「グハッ(吐血)」これから全部の画像データ量を・・・

 折れた・・・完全に心が折れた・・・。

 もう本日のこの作業止め・・・また別の日にしよう・・・と言う事で、フォトアルバムの完成は気長に待っていてくだされ。

 寝よ寝よ。

 友人がちゃんとデジ一で撮ったこんなのを、まとめようとしているのだ。

 はぅ~。

Img_1903

Img_1870

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

開け胡麻

 昨日は、松江の島根県立美術館までピーター・ラビットの原作者、ベアトリクス・ポター展に行ってまいりました。

 ろっ!最近、島根の美術館に入り浸りだねぇ~って、年間会員になっているので、入場料がタダなのだ。それに最近、良い展覧会が続いているんだよねぇ~。このベアトリクス・ポター展の後も、浮世絵のスゴイ展覧会が来るみたいで、それも待ち遠しいんだ。

 でもとにかく、このポターちゅー人はハンパ無く絵が上手いですよ。童話の挿絵と侮る無かれ。そりゃちゃんと骨格が中に入っているデッサンをされているのだ。すばらしい・・・(うっとり)

 で、その展覧会を拝観後、この前の淡路島のイベントに誘ってくださったお礼方々、白猫#35さんのアジトへお伺いしたと言う訳なんです。

20100322151028 そのアジトの中でオヴァーホールを受ける段付アルファのレーサー!!!マジですかって・・・マジなんです。
 ちなみに奥様用のチェレステブルーのスパイダーデュエットのレーサー、レーシング・ニーラー、二輪もGUZZIのV35とV50Monzaがいました。

 しか~し、もっとすごいのはこのお隣さんのガレージだった。

20100322150509 シャッターを開けていただくと・・・なんやねん。レプリカとは言えなんでこんなんがあるねん。言わ無くても判るよね。Ferrariのプロトタイプレーサー330P4のレプリカッちゅー訳です。あ~そこそこ「なんや本物ちゃうんかい」なんて言わない。本物はリーマンショックで不景気な今でも、確実に5億円は超えちゃう値段なのだ。普通の個人では無理ちゅーねん。(TI時代の岡国のロビーに飾ってあったけどね)

20100322150538  そして極めつけはこれだ!
 これこれ、「おんぼろ」とか言わない。パナール エ ルバソール発見!
 実車初めて見たぞ!
 ココも写真には写っていませんが、他にもロータスの23、其処から降ろされたケントユニットがエンジンハンガーに載せてあったりと・・・いったいなんなんだ、このガレージ!
 凄すぎです。

 そして、アルファ乗りのご友人の方々も集合です。

 で、その愛車に164のQ4ぐぁ・・・「ア゛~番長どないしたらよかですか・・・」天を仰ぎつつ、その昔のドリー番長とのこんな会話がリフレインされていきます。
 「松永さ~ん、164Q4のゲトラクの6速最高ですよ。今でも164欲しいですよぉぉぉぉぉぉ」

 そんなこんなでオーナーさんに頼んで助手席に乗せていただいて、ドライブ・・・あぁ・・・マジで良いぞこの車。(うっとり)往路はオーナーさん運転、何と復路は私にハンドルを預けて下さりました。うぉ、久々の左ハンドルのMT車、ちょっとテンパル。でも、なんて素晴らしいギア比にハンドリング。FFベース車なのにこのQ4の可変四駆システム、後輪駆動見たくアクセルオンでオヴァーステアにもって行けるのだぞもし。
 そしてアルファの6cユニットの声も(・∀・)イイ!
 

 こんな感じで楽しませていただきながら、お話を聞けば、4月11日にこんなイベントをされるみたいです。行ける方は行かれて見てはどうでしょう。
 ユーロ・クラシックカー・ミーティングin米子2010←文字をポチッと

 本当に昨日は、盆暮れ正月がまとめてきちゃった感じです。白猫#35さん、その奥様、白いデュエットのオーナー様、164Q4のオーナー様、そしてP4のオーナー様、お騒がせしてすいませんでした。でも楽しかったです。又の機会がありますように。

 本当にありがとうございました。

 なにやら、アリババの洞窟を覗いたような連休最後の日を過ごしました。

 うひひひひひひひひひっ! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

キャメロ~ン!!

 もう私に何も言う事はない。

 これを見るのだ。勿論見方はわかるよね。再生する前にSubtitleのJapaneseをポチッとするのだよ。

 ではGo!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

Get ready 私?

  さて、本日はちと仕事で正念場。

 大切な会合があるのです。

 其処に、目の下にクマをつくり、疲れて眠そうな顔で出席する訳にはいきません。人は見た目が9割です。清潔感のある身なりに気をつけて、睡眠を十分に摂って事に挑みます。

 偶然にも昨日、この度の会合のお茶菓子として使えそうな京都のソロモン金平糖を頂きました。桜の馨のする季節限定商品です。

 これは、追い風が吹いております。

 やるべす。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

五月二日は

 五月二日は順当に行けば筑波MAXに出走予定だったのですが、すこし前にも言いましたように、ちょっと無理となりました。

 実は、今年も師と共に京都へ剣術演武へと伺います。それが五月二日なのです。

 今年は、昨年よりももっとピシッとやりたいのです。そうなるとね、限界を超える為にヘロヘロになるまで稽古しかないのです。多分そんな稽古が今週あたりから始まると思います。

 あぁ・・・皆とレースしたい・・・でもね自分の欲望よりも、今すべき事としての剣術なのです。 

 残念ですが身体は一つ。筑波の皆様ごめんなさい。秋には必ず行きますのでそれまで待っていてくださいね。

 やるしかない。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

春の瀬戸内 ひねもす のたり のたりかな

 行ってきました弾丸小豆島ツアー!
 「で、何しに?」そんな問いに終に答える時がきたのです。
 実は、この弾丸ツアー、事の起こりは、3月9日の白猫#35さんこのコメントに始まります。 

ポルシェのレンシュポルトが好きならば3月14日小豆島へ渡られよ。
間近で見ることが出来るでありましょう。
  ~スピードの神様のお告げ~  笑)

 瓶星君とか昔から私を知る人にしてみれば、このコメント、「あぁ、飢えた狼に生肉見せおった・・・」そんな感じでしょう。もうどうしても行きたい、行く為にはどうすれば・・・灰色の脳細胞がフル稼働し始めます。仕事を前倒しの段取りをつけ、アポの変更の為電話をかけまくり、そして誘うべき友人を誘い、行く手段の作戦会議と、その内容はココ連日のエントリーに書いてきた通り。

20100314065910 そして終に午前7:30、場所は岡山県日生(ひなせ)港。終に小豆島に渡るためにフェリー大型上陸用舟艇の前に居たのであった。
 見よ!この大型上陸用舟艇の勇姿をっ!!それではこれより行われる作戦についてのブリーフィングを行う。ハートマン一等軍曹よりお言葉があるので心して聴くように。
 では軍曹お願いします。

 「朝早くからご苦労な事だっ!いいかっお嬢ちゃん達っ!今日のお前達の任務は、島に上陸後、新岡山港より先発したアルファ・チームと0845にてRVPにて合流。その後、島で行われる秘密ミッションの偵察を行い、情報を撮り次第、帰還する!わかったか!!」

 サーッ!イエッサー!!!

 「それでは早く乗船しろ!ムーヴッ!ムーヴッ!ムーヴッ!」

 と、こんな感じで小豆島で行われた四輪イベント「Cent'anni Classica Targa Shodoshima 2010」の観戦レポートを始めたいと思います。

 それにしても良い天気です。日本海側で育った私にとっては、昨日の瀬戸内の海はベタ凪のよう。海というより池な感じです。

20100314105524_2 島に到着し車を走らせる事、10分余。会場のホテルオリビアンの芝生広場会場に着くや否や、白猫#35さんに発見されてしまいました。そんなに目立つのか私ってば。先ずは自己紹介がてらお話をさせていただきました。

20100314085650 さてさて、それでは車を見てきます。先ずは白猫#35さんのコメントにもあったRSポルシェからやっつけていきますです。ハイ。
 はぅ~言わずと知れた904、906、910。素晴らしいコンディションです。

 こうなると、イタ物も気になってくるわけです。俄然血中バルサミコ濃度が上昇してまいりました。

 それではいってみよう!

2010031409081320100314091006

 ぐはっ!(吐血)
 やってくれる、やってくれる喃。
 アルファのSVZにフェラーリの166MMがこの目で拝めるとは・・・コロンボユニットの排気音も素晴らしか・・・感動です。

 そして、こっこれは!!!!という物を発見してしまいました。

20100314085825

 カウンタックの12本出しエキパイ。カウンタックだけに「驚いた!」と、同時に「懐かしい」 これって、70年代のスーパーカーショーの時に付けてたよね。思わず、かっぱさんが「私がこのコスプレをしている夢を見た」と言っていた事を思い出しました。(はぅ~こんな時に衣装持ってくるの忘れた・・・なんつて)シーサイドモータースのステッカーもイカス!

2010031409553120100314091250 そして、お仏蘭西の新旧のブガッティでおま。
 片や1929年製造。片や1001馬力、定価1億7千万円也。(チーンッ!)
どっちもスゴイよね。

 午後からは、場所を寒霞渓移し、ラリー形式の法定速度しばりにてヒルクライムがありました。(峠を使ったパレード走行みたいな感じです)

20100314125017_2 撮影&観戦ポイントへ向かい、ここぞというカーブのアウト側に陣取り観戦です。クラシック車輌にはちと厳しい上り坂ゆえ、速度が上がっていないのですが、エンジンの回転が上がっていて、観戦している我々にとっては素晴らしいエグゾースト・ノートが聞く事が出来、興奮の一時となりました。(ちなみに画像はフィアット・アバルト・750・レコルト・モンツァです。)

 ヒルクライムを見終わり、今回のイベントに大納得、楽しい時は直ぐに過ぎ去っていきます。終にお開きです。

20100314142643 さらば小豆島。
 又、来る日まで。

 それにしても、殆ど知られていないこんなに凄いイベントの事を教えて&お誘い頂いて、白猫#35さん、本当にありがとうございました。

 これからもよろしくお願い致しますネ。

 最後に業務連絡。
 一緒に行った友人がデジ一で撮った画像の数々があるのですが、後日このBlog上にてアルバムを作成し公開いたしますので、それまで行儀良く待っているように。業務連絡終わり。  

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

小豆島行って来い作戦発動

 さて、本日五時出。

 日生(ひなせ)港7:30のフェリーにて小豆島へ向かいます。

 天気予報は晴れ。絶好のドライブ日和。

 それではレポートは明日のエントリーにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

三つ子の魂百まで(第○シーズン)

 最近ね、ホンマ年とったと思うわけなんです。何もかも・・・懐かしい・・・まるで沖田艦長のような私・・・・(遠い目)

 ハッ!!イカンイカン。忙しさに負けそうで、ついついプチ妄想で現実逃避してしまっています。

 でもね、こんな気持ちになったのは、ほぼ三十数年振りくらいにこれが発売と知って。もうね脳内買うた止めた音頭を踊りまくっているわけです。

 それは何かって・・・これだっ!

  ココをポチッと→

 ノスタルジアな訳です。

 四十路の身ゆえ判る、ロボダッチの憧れ・・・・。

 あぁ・・・何もかも・・・懐かしい・・・

 ハッ!!イカンイカン。

 (そして、無限ループへ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

ぐあんばっています

 今週の日曜日、完全フリー化にするために頑張っております。

 「何や?あんたの会社は日曜日も休みないんか?」そんな声もあろうかと思います。日曜日は休みですよ。もちろん。
 ただね、日曜日に入っていた予定を土曜日に繰り上げようと・・・そして、この土曜日は休みじゃないんです。という事は、その土曜日分のお仕事を前倒しして、今やっている訳なんです。

 すべき事を箇条書きにして、終わった事を消していっています。

 なにやら締め切り間際のガンパクみたいな感じ。

 外回りもせにゃなりませんし、金融機関の振込みもケツカッチン14:00までだし、その間にホワイトデーのお返しの買い物もせにゃなりません、事務所に帰れば料亭関係で書類作成Excel、Wordともお仕事せにゃなりませんし、保険会社提携システムの打ちこみもせにゃなりません。

 さて仕事、仕事。

 遊ぶために仕事ダス。

 もち昼メシは活入れるために「早い美味い安い」の三拍子揃ったうどんの、10分チャージで終わらせます。

 ファイトー!オーッ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

作戦会議の末、午前様

 いや~何としても14日に小豆島に行きたい。

 白猫#35さんの一連のこのコメントを見て、俄然行く気になってきました。仕事の段取りは、前倒しできるか。

 イベントでは、どんな車が来てタイスケは?

 友人と作戦会議をしていたら、こんな時間になってしまいました。

 ど・お・し・よ・う。

 発表!

 9分9厘行く事となるでしょう。友人のマキナロッサのスペチアーレは、車高が低すぎて、フェリーに乗らない可能性があるので、今回は乗用車で行く事としましたが。

 さて、本日から猛烈スケジュール前倒し(出来るのか)作戦発令です。

 ウキーッ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

空へ

 サンデーレース仲間で、DUCATIのPOSO村山sp使いとしては知らぬ者のいないKenさん。氏の飛行機好きでここ数年はリノのエアレースの動画レポートしてくれたり(このBlogでも紹介しました)と八面六臂の大活躍。

 そのKenさん、終に大空へ。なんとグライダー体験搭乗をされ、そのオンボード映像を公開されているのだ。

 すごいよねぇ~。KenさんはMixiもTwitterもされているので、マイミクの人やFollowされている方はもうご覧になっている方が多いと思うんだけど、私はこの動画にいたく感銘を受けまして、日を追うごとに何度も何度も観ているわけです。

 ここで「はっ」っと気がついた。私のこのBlogの読者の方で、Kenさんのマイミク、TwitterのFollowerこれら共通項に該当しない人たちの中にだって、これを観せたい人はいっぱいいるじゃないか・・・それでは、つー事で、Kenさんに連絡を取り「この動画を私のBlogで紹介したい」の意を伝え、快く承諾していただいたのだった。

 今回のフライト体験を期に、「サンデーレースの頻度を落としていって空の人になろうかな・・・」そんな野望を持ったと言うKenさん。新しい目標が見つかってホンマうらやましいですぞ。小十年後には「風読みのKen」と呼ばれていたりして。なんだかガッチャマンみたいですね。ヽ(´▽`)/

 それにしても、Kenさん、今回も素晴らしい動画をありがとう。

  P.S キャノピーに貼ってある、毛糸の横Gセンサーがイカス!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

(*゚∀゚)=3ハァハァたまらんです

 此処のところ、私的にキテいる新車のスポーツカーは、実はイタリア物を差し置いて、ポルシェに心を奪われておるんです。

Porsche_carrera_gt_03Porschersspyder_01  近しい何人かの友人には「もし、いくらでも仕えるお金があったなら迷うことなくカレラGTがRSスパイダーを買うだろう」なんて仮定法の未来の英作文に出る例題のような戯言を、呟いていたのです。

  「げっ・・・どっちもボクサー6じゃないし、しかも一般市販車じゃないやん。(RSスパイダーはレーサーだし)」そんな声が聞こえてきますが、だから良いんです。夢の車、私のドリームカーです。

 そんな私にストライクなポルシェのコンセプト・カー、918スパイダー・コンセプト参上!一説にはRSスパイダーのロードリーガルモデルの先行プロトタイプとの噂です。

 ちなみに、昨今のエコにもしっかり対応、プラグインハイブリッドだ!

 それではこれを観よ

Porsche_904_carrera_gts_1thumb450x3 うぉぉぉ917をデザインソースにしているのか、私の琴線に引っかかる訳だ。ちなみにカレラGTは904カレラGTS(右の写真参照)のイメージが見て取れますし、RSスパイダーはそのままRSポルシェの正当進化版なのだ。だまらん。

 「おいおい、エコエコ言うハイブリッドは嫌いなんじゃ?」そんな声もあると思います。でもいいのだポルシェ・ハイブリッド!結構ではないですか。そもそもハイブリッドシステムはポルシェ博士作ったも同然。元祖ですよ元祖!

Extra9x 見よ!これがポルシェ博士作った、試作のティーガー戦車はハイブリッドなのだ。エンジン二機で発電機を回し、作られた電気でモーターを回す。重装甲で重い戦車を高出力のエンジンで動かすと必ずミッションとかの駆動系が壊れる、それを回避する為に高トルクのモーターでミッション無しの設計なのだ。

 まさに、ドイツの技術は世界一ィィィィィィィィッ!!!!

 でもね、あまりの高負荷の為、モーターが熱を持って焼けちゃったのはご愛嬌。勿論、一般生産タイプのティーガー戦車は、凝りに凝ったポルシェのそれではなく、ヘンシェルのエンジン駆動の凡庸なやつが採用されたのでした。

 でもね、私にとっては、こんなマッドサイエンス系がたまらんのです。

 話を戻して、今回の918を含めたこれら今時ポルシェの3台は、そんなやりすぎ感がにじみ出ていて、実に(・∀・)イイ!ですよね。そう思われません?

 もう動画を観ていて(*゚∀゚)=3ハァハァしちゃいます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2010年3月 8日 (月)

どこでもドア~

 かつてこのBlog上で、出始めのGoogle earthやStreet Viewを紹介したのも今はもう遠い昔・・・

 またまたTEDでスゲーモン見つけました。
 まだ開発中画面なのですが、人類は真面目にMATRIXを作ろうとしているのか、いやリアルタイムで実況中継って・・・凄い、凄すぎます、今回のTED Talk。

 先ずは観てちょ。前にも書きましたがView SubtitleでJapaneseを選択しないと字幕つかないからね。

 準備はイイ?では近い将来、最新の地図ってこうなるのを観よ。

 しかしこうなると、本当にプライバシーとかどうなるのか。

 これを使えばリアル・ビッグブラザーな1984的Web社会主義とかになるのではないか・・・そんな懸念も残る感想を持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

学んで稽古

 本日より、午後一から勉強事で、通いの個人授業が始まります。そして夕刻よりいつもの剣術稽古・・・あぁこの感じ、子供の時に返ったみたい。
 つーか、やはり進歩していないのか。行ったり来たりの人生です。

 「考える猿」とラテン語で書いてHomo sapiens sapiens我々人の学名であります。他の猿に比べて体毛が少なく進化したのは、幼形成熟(ネオテニーなんていいますね)の結果だとも言われております。
 はっ!そうか、なので私はコドモオヤジなのか!!! ←ちがいます。

 とりあえずたった今、予習は終わりました。学生の時とは大違い、だいぶ錆付いています私の灰色の脳細胞。記憶の底から、サルベージ作業が大変です。

 ともかく人間、死ぬまで勉強なのです。脳味噌は使い倒してなんぼですよね。

 しかし・・・スケジュールぎゅうぎゅう詰め・・・大丈夫でしょうか私?自分で決めた事とはいえ、今になって心配になってきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

これ、なんて読むの?

 いや~、今、自動車業界ではジュネーブショーまっさかり。

 其処でね、すげーカッコイイAlfaがいるのよ。

 ピニンファリーナデザインのスパイダーのコンセプトカー、とりあえず画像を見てちょ。

Pininfarina_salone_ginevra_2010_1Pininfarina_salone_ginevra_2010_8

 かっこいいよね。ちゃんと昔のデュエットの残り香があるよね。名前を“Pininfarina 2uettottanta Concept”と言うようなのですが、 2uettottantaこれなんて読むの?

Pininfarina_salone_ginevra_2010_28500x_alfa_romeo_2uettottanta_04_01 デュエゥエットトッタンタ ?なにこれ・・・呪文?

 まあ、かっこいいからよしとするか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

今回も勉強になるなぁ~

 TEDを観ていて、この動画をいたく感心しました。

 観る時は、下の方の「view subtitles」からJapaneseを選んでから再生してね。

 それではどうぞ。コメント欄にて感想をお待ちしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

Rocket Fritz

 人の情念とは凄い物で・・・いやね、相変わらずのネット放浪癖、其処でこんな画像を見つけちゃったのだ。

Op1 オペルのロケットバイク、製造年1928年。
 流石!流石であります。
  ドイツの技術は世界一ィィィィィィィィィッ!!!!

 作った人は、フリッツ・フォン・オペル。ドイツの自動車会社オペルの創立者アダム・オペルの孫さん。もうね、ロケットとスピードに憑り付かれた人で。この二輪を初め、ロケット動力とあらば、二輪、四輪、鉄道、飛行機と、会社の宣伝のためって言う大義名分をかざして自分の情念を具現化していった人。“Rocket Fritz”なんて呼ばれたそうです。

 残念ながら、デモ走行はしたのですが、いざ記録と言う時にドイツの当局より、「二輪車にロケットエンジンは、危険なのであきません」とダメになっちゃったようです。

 原文記事は此処を見てちょ→ (この2箇所それぞれをポチッっと)

 でもね、この後、先に書いたように、自動車や鉄道、果てには飛行機にロケットをつけていたのだ。ちなみに飛行機そのものがまだまだ聡明期の時代にですぞ。

 ロケット車による速度記録映像はこちら。

 ロケット機による離陸実験はこちら。

 すばらしいほどの情念の具現化、うっとりであります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »