« この松永、一生の不覚 | トップページ | 視聴覚教室の時間 »

2010年2月14日 (日)

最近の動向

 私の最近の動向をちょっと報告。

 相変わらずの忙しさ、ひょっとすると5/2の筑波MAXはダメかもしれん・・・そんな予定の込み具合です。その分、岡山は頑張ります。

 それと、外国語のブラッシュアップ開始中。だけれども一人では「さびしんぼう」回りのやる気のありそうな人を勧誘中です。ライバルを作って競い合うと上達が早いからねぇ~。

 そして、料亭プロジェクト驀進中、しかーし色々とすべき事が停滞中、そうなると自分の感受性や妄想力も上手くいかないストレスで、なにやら澱が溜まって来ているみたいです。

 こんなときこそ、自らの受信アンテナを、全方位&全チャンネルでオープンとしなければならないと思い、普段は右利きで左脳使いの私、理性的や論理付けて物事考えるには左脳使いで良いのですが、感性や直感力といった右脳部分の働きを、もっと研ぎ澄まさにゃならんと、左手を使うようにしているのです。

 前にも“肉体改造”のカテゴリーで書いていましたように、脳が筋肉に「こう動け」と指令のシグナルを出しているだけじゃなくて、筋肉からも「こう動いた」ってリプライのシグナルが出て、それによって脳内のシナプス回路が最適化されるんですからね。

 剣術と言う普通の人よりも左手を使う(刀の振りは左手が主)事をしてはいますが、もっとセンシティブにと言うことで、家での食事はお箸を左手で持ったりしています。

 おかげでオフクロが「あ~鶏を借りてこないと・・・」叫ぶほど食卓の下にポロポロ・・・やっと最近、お盆と正月に帰省してくる孫の二人(私の甥・姪の事ね)が大きくなり、奇麗にご飯が食べられるようになったのに、四十路の息子が幼児退行・・・でもね、意図があってやっているんですけどね、これ。

 両手使いの食事が美しく出来るようになれば、この身体を上手に操縦できている事になるのか、脳は四十路でも感受性が上がるのか。

 自分を使っての、そんな人体実験な最近の動向なのだ。

 この世に生まれてきたからには、どうせ最後は土芥へと返るこの体、使い倒して何ぼです。

|

« この松永、一生の不覚 | トップページ | 視聴覚教室の時間 »

コメント

今年は久々にMAX出てみようと思っているのですが、お忙しいようで残念。

投稿: funa | 2010年2月15日 (月) 01時39分

funaさま
何とかなるように、ギリギリまで調整してみるつもりですが、今の段階で動かし難い一つ予定が入っちゃってるんですよ。

投稿: 松永 | 2010年2月15日 (月) 02時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/47563370

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の動向:

« この松永、一生の不覚 | トップページ | 視聴覚教室の時間 »