« Moto Guzzi V12 LM | トップページ | 葡萄酒はこうして造られる(その一) »

2009年11月15日 (日)

こいつは凄い!!

 本日も明日もお仕事がらみ・・・モトレヴォに出ることをあきらめている私は何か手持ち無沙汰・・・そんな時は決まってNETの海をドンブラコ~ドンブラコ~と彷徨います。

 すると目を疑うような動画発見。

 これだ!!

 なんでも、ブラジルのモデラーが四年の歳月かけてフルスクラッチした、映画「スターウォーズ 帝国の逆襲」に登場の、最高にカッコイイ帝国軍の歩行戦車「ATAT(All Terrain Armored Transport )」の自走モデルなのだ。

 その足の運びも、劇中、デニス・ミューレンらによってストップモーションアニメーションで撮られた、あのままの足運びですよこれ。

 なんてたって凄いのは、こういった模型を自走モデルにすると、電池とかモーターの配置、パーツの強度の維持のため、本来のデザインが破綻しちゃう事がままあるの事なんだけれど、全く破綻が無いよね。

 つーか、ディティールも映画で使われたプロップをとてもよく再現されていると思いません、SWマニアな同志諸君!

 もうね、びっくりなのである。

 こうなると私がTwitter上でfollowさせていただいているヴェーダー卿に、ご報告せねばって思うんだ。

  それにしても、本当に、これ、いいよねぇ~。

 いつか、こんな模型を作れるようになりたいものです。

|

« Moto Guzzi V12 LM | トップページ | 葡萄酒はこうして造られる(その一) »

コメント

おおー、思わずワイヤーグルグル巻きにしてコカしたくなる素晴らしい出来ですなあ<やめなさい

本当にコマ撮りっぽい動きにしか見えないので、どんな方法で動かしてるのか中身を凄く見てみたい。

次はどなたか日本のロボ技術でAT-STを!

投稿: funa | 2009年11月15日 (日) 01時10分

funaさま
この間、ファインモールドから出ましたスノースピーダーの模型、とりあえず一個小隊(3機)確保しておりますが、これの実働(空を飛ぶ)は無理ですので・・・ヽ(´▽`)/。

投稿: 松永 | 2009年11月15日 (日) 23時20分

脳内BGMに水前寺清子の365歩のマーチが流れて微笑んでしまった私はヴェーダー卿に切られるべきでしょうか。

投稿: Ken@PASO750R | 2009年11月17日 (火) 13時16分

Kenさま
>ヴェーダー卿に切られるべきでしょうか。
うんにゃ、パルパティーン皇帝陛下の電気ビリビリの刑。

投稿: 松永 | 2009年11月17日 (火) 23時40分

これ!

すごいねぇ〜。

ココまでやるヒトって

相当な熱きパッシオ〜ネが無いと出来ないよねぇ〜。

でも,確か劇中では

脚の作動軸の外側の円盤部分が回っていた様な気が・・・。

で、このAT-AT。

高校生の時にスクラッチしようとして頭の部分だけ先に完成。

で、頭の部分だけ塗装して墨入れして

仕込んでおいた赤い麦球光らせてたりしてたら

それだけでおなかイパ〜イになってしまい、全体は結局完成せず。

懐かしいなぁ〜。(←遠い目)

投稿: ゾンネンキンダー | 2009年11月20日 (金) 01時26分

ゾンネンキンダーさま
我々世代のモデラーにとってSWは通過儀礼であります。
「ほんま、ゼロから作ったほうが早いんじゃないか!!」MPCのキットにも泣かされました・・・(遠い眼)。
今は、それを許せる大人となれましたが。

投稿: 松永 | 2009年11月20日 (金) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/46763648

この記事へのトラックバック一覧です: こいつは凄い!!:

« Moto Guzzi V12 LM | トップページ | 葡萄酒はこうして造られる(その一) »