« 無事に帰宅しております | トップページ | 私には筑波は色々な意味で遠い地のようです »

2009年11月12日 (木)

土曜日はライディング教室

 先週の金曜日午後5時からのお話・・・

 会社を定時退社、ソッコーで予約を入れていたトヨタレンタリースにてハイエースを受領して、家へ向かいます。帰宅すると、仕事着のスーツの上着を脱ぎ、早速レーサー、備品、タイヤの積み込み。前日までに積み込むものをガレージに仕分けしていたおかげで、レース備品一式の積み込みを10分で済ませ、額の汗をタオルで拭い、再びスーツに袖を通しレストランへ徒歩で向かいます。6時半から、会社の後輩の結婚のお祝いパーティーを、有志で行う約束なのです。そうは言っても会社の仲間、「明日、レースだから行か~ん」とか言わないで、「そうは言っても会社の仲間、最初の一時間だけでも顔を出そうかな」と思って参加しました。勿論飲み物は、昨今の流行キリンのフリーだす。

 なんやかんやで本当の帰宅時間は9時前、シャワーを浴び一時間ほど仮眠をとろうと努力しましたが、眠れない・・・遠足前の小学生のような物です。仕方ないので、眠る事無く10時半に筑波に向けて出発です。

 ノンストップで御在所SAまで行き、其処で給油と30分ほど休憩。シートを倒し、眠るわけでは無いのですが、ラジオの深夜放送を聞きながら目を閉じて目を休めます。二度目のジングルが掛かったところで再起動。筑波へ向けて行動開始です。なんとか6時前には首都高に入れたのですが・・・こんな早朝から首都高渋滞です・・・

  マジですか(つд⊂)エーン。

 練習走行が11時からだったので、8時前にサーキットに入り、8時半までに走行準備を全て済まし、後は走行時間までぐっすり二時間以上仮眠を取る・・・そんな私のもくろみは、この首都高の渋滞によって打ち砕かれたのでした。

 用賀からほぼ向島まで断続的に渋滞発生・・・結局、筑波サーキットのに到着したのは走行一時間前、しかもトランポが置けたのは駐車エリアの一番奥、芝生のまん前しか空いていませんでした。はぅ~。

 一年ぶりの筑波に、おっかなびっくりしながら走行するも、1分12秒台で周回。やっぱり1ヘアからダンロップ下が全然あきません。西田モータースの西田代表を捕まえて、「1ヘアで迷子になっています。走り方教えてくだされ」と頼んでみれば、次の走行枠で引っ張ってくれる事に。

 ここでも1分12秒台で走行ラインをトレースするように引っ張ってもらっていたのですが、私と西田代表の間に、国産四気筒マシンが二台割り込んできました。すると西田代表との間に差がつき始めたのです。「折角引っ張ってもらっているのに、このままではイカ~ン!!!」奥歯の加速装置のスイッチを・・・←嘘です、ペースアップで、がむしゃらに走ります。最終の入り口で一台、立ち上がりからメインストレートを使って1コーナーの進入でもう一台かわし、1コーナーを立ち上がれば、前を走る西田代表は1ヘアへ進入しようとしています。「待ってくれーっ!」と、ばかり更にペースアップ。何とか最終コーナーで追いつきメインストレートへ還ってくると、この無茶走りのおかげでP-LAPには1分10秒を切る1分9秒998の文字。「瞬間風速みたいな物ですが、あ~なんとか一年ぶりで10秒切った」と安心し、再び1分12秒台で西田代表とランデブー走行。筑波サーキットの走行ラインを教えてもらいます。

 勉強になりました。ホンマありがとう。筑波はアウト・イン・アウトが必ずしも正解じゃないと言う事がよ~くわかりました。

 走行後、お片付けをし、ジンさんと明日の事を話していれば、D;REXのエースライダー、空冷ツインで筑波0秒の男といばイケチさん。そのイケチさんが「これからコースを歩きながらコース説明しますけど松永さんも来ませんか?」と、本当に嬉しい申し出をしていただきました。

 それでは、暮れなずむ筑波サーキットのコースに出て行き1コーナーに向けて歩き始め・・・おや、イケチさんは最終コーナーへ。「松永さ~ん、コース攻略は立ち上がりから考えるのが沼田選手のやり方でした。なので逆周りでコースを歩きます」

 「なるほど!」と思わず膝を叩きました。この考察手順、サーキット攻略に限った事じゃなくて、ビジネスでも同様だよね。

 「こうしたい、こうなりたい」と言う帰結点をまず決めて、其処にいたる道筋を逆回しで構築していく。妄想族の妄想族たる所以をココで発揮する時なのだ。

 それでは、イケチ先生のお話に耳を傾けていきましょう・・・

 最終コーナーのイン側、緑色の舗装を指差しながら「松永さん、ココ大事ですよ。ココにマシンがつけるのが筑波攻略の最重要ポイントです」

20091107164748 最終コーナーから裏ストレートへ、ここで、この日の練習走行でばら撒かれたオイルをサーキットスタッフの皆様が処理されておられました。翌日の我々のレースのために・・・ありがたや。

 第二ヘアピンにやってきした。コースをモーターサイクルで走っている時には気付かなかったのですが、普通に立ってらんないくらいのカントがついています。中腰になり、まるで二輪に乗ってレースをしている時の目の高さで妄想開始。イケチ先生の説明を聞きながら自分の妄想力に磨きをかけます。

 そして2ヘアからダンロップ下のシケインに通じる場所へやってきました。「僕はここの白線を踏むくらいにビタッとつけるようにします。速い人で、この辺をルーズに走る人もいらっしゃいますが、なんと言ったらいいか・・・きちんと折り畳まれたTシャツに袖を通すのって気持ち良いじゃないですか。ぐしゃっとしたTシャツ着るのも、Tシャツを着るって行為は同じなんですけど、気持ち良さが違いますよね。そんな感じです。同じお仕事するなら気持ち良い方が良いでしょう」

 金言である。

 そして私の苦手ポイント、シケインでは「もうこの辺からバイクを早めに倒して、『バイクどうぞ』って感じでバイクに先に行ってもらって、後でライダーがついていく、そんな感じで行くと上手くいきます」

 1ヘアでも立ってらんないほどのカントにびっくりしながらのコーナー説明。「ラインはこうで、コーナリングの開始はこの辺で、減速はこのくらいで終わってないとおかしいでしょ」と、如何に今迄、一方通行の決まりきったこの道で迷子になっていたかよ~くわかりました。

 そしてS字を逆走して1コーナーへ、「あまりアウトに膨らまない立ち上がり」からアペックスそして進入へと逆回転です。そしてここでも「このくらいから『バイクどうぞ』ですよ」とさっきと同様の頓知の利いたアドバイス。

  そして、メインストレートに帰って来て筑波攻略教室は終了です。

 それにしてもコースを徒歩で逆走しながら、空冷ツインで最速の選手が解説。何とも贅沢な筑波攻略教室なのでした。

 イケチ先生、ありがとうございました。

 他のサーキットでも、レース前日の夕刻このような徒歩視察ができるのでしょうか?コースの理解が進めば、転倒も減ったりと、良い事尽くめだと思うのですが。

 教室も終わり、日もとっぷりと暮れて、これでサーキット前の宿泊施設モナークへ向かいます。そこでは夕食に、山盛りの豚シャブ鍋が用意されていて、ジンさん、Kenさんと鍋を囲み、最後の方はウンウン言いながら夕食耐久となりました。そしてその後、D;REXさんの本拠地へ遠征です。

 しかし、私といえば、貫徹の夜間走行でほぼエネルギー切れ状態。宴会の最後の方は、良く憶えておりませんでした。

 という事で、この土曜日は、西田代表による、ランデブー走行、イケチ先生の徒歩で逆走筑波サーキット攻略教室と、ライディング教室な一日でした。

 後はこのまま日曜日編へ続くのであった。

|

« 無事に帰宅しております | トップページ | 私には筑波は色々な意味で遠い地のようです »

コメント

筑波遠征お疲れ様でした。
金言なんてお恥ずかしい限りです。
私の変な例えが参考になったようでうれしい限りです。
ちなみにわかりやす~い説明はD;REXToyoさんエッセンスだと思います~。
余談ですが最近は、速く走ろうとするよりも、気持ちよく走ることを心がけてます。
速く走るのって難しいですけど、自分とバイクの楽しいポイントいろいろ見つけて、
バイクと一緒に楽しむのはほんと気持ちいいですよね。

投稿: イケチ | 2009年11月12日 (木) 07時27分

今年一番の格言は『バイクどうぞ』でした。
『運転手は君だ、車掌は僕だ。』ではないですが、これほど明確に
『バイクを操縦する』ということをあらわす言葉は他に無いと思います。
そしてモナークの山盛り晩餐は美味しくてもう動けません。
次回もヨロシク。m(_ _)m

投稿: Ken@PASO750R | 2009年11月12日 (木) 10時18分

土曜日とても有意義でしたね。
私は単純に移動日にしましたのです。
モナークを押さえればよかったです。
春、モナーク予約したら向こうが間違ってて
名前がなくルートインまで戻ってしまったのです。
モナークまともに営業してないと聞いたのでやめました。

私もイケチ選手と散歩してコースを
よく覚えたかったです。
次回は私も前日練習がしたい!です。

投稿: 単車屋 | 2009年11月12日 (木) 14時21分

イケチさんとコース散歩!なんて素晴しいデートコース(違
いいなぁ~。モナークではヨタ話ばかりですんまそんでした。でも楽しかったっす!ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

投稿: おと~る | 2009年11月12日 (木) 15時20分

イケチ大先生
もうね、心に響きまくりの金言ですよ。
あぁ、それが決勝で実行できない我が身のつらさよ。

Kenさま
「ドア閉めます」
ドレミファソラシド~♪
「バイクどうぞ」でどんな音階が脳内プレーヤーから再生されるのか!

単車屋さま
次は一緒にモナーク泊まりましょう。
こっちで手配しますよ。

おと~るさま
>イケチさんとコース散歩!なんて素晴しいデートコース(違
次は君も一緒に「やらないか・・・」

投稿: 松永 | 2009年11月13日 (金) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/46739809

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日はライディング教室:

« 無事に帰宅しております | トップページ | 私には筑波は色々な意味で遠い地のようです »