« ほんのりヨードの馨 | トップページ | ツアコンで御座います »

2009年11月29日 (日)

不死鳥は灰の中から

 ほぼ三年前のエントリー「ノートン日和」にて紹介しておりました、ノートンコマンド復活プロジェクト、当初はNortonってブランドを所有していたアメリカ人の方のプロジェクトとして進んでいたのですが、しばらくすると良くありがちの資金ショートでプロジェクトがアボーン、その話を聞いた当時「あぁ・・・もったいない・・・」とブリティッシュビートの鈴木社長とお話したものでした。

 そう思ったのは私だけじゃなかったようで、「名車の復活は我がイギリスの手で」つー事で、イギリス(何と会社と工場の住所は、ドニントンパークのサーキット敷地内みたいよ)にて、このプロジェクトを引き継いでの復活と相成ったのです。

 UK版ホームページはこちら→ポチッとな。

 この三年間で燃料マネージメントが、京浜のFCRキャブから、今時な環境対応を考えられた市販車らしいインジェクションにアップデートされています。

 能書きはこのくらいでいいでしょう。MCNによる動画コンテンツがありましたのでそれを貼り付けておきます。

 これだっ!

 あ~なんだか、モダン・レトロなこの感じ・・・我がロシナンテに通じる物を感じるのは私だけ? 

|

« ほんのりヨードの馨 | トップページ | ツアコンで御座います »

コメント

う~ん、ささりますねぇ、これ。
モダンレトロにはあまり好感を持てるモノがないのですが、これはいいかも。
ライダーが大きく見えるけどそうじゃないんですよね、きっと。
国内販売されないことを祈ります。(煩悩がはじけてしまうので  笑)

ところでBlitish Beatがオープンしたころ、アルファ乗りでドカ単乗りの知人に紹介されて鈴木さんに350デスモ入れてもらったことがあります。なつかしいな。
手放してしまったけど、今でも後悔しています。

投稿: 白猫#35 | 2009年11月29日 (日) 13時53分

うーーーーん
たしかに(* ̄ー ̄*)

投稿: tatara | 2009年11月29日 (日) 19時06分

お邪魔します、なんかヘスケスと通じる高貴さ?
感じます。

投稿: kunimomo@浅草 | 2009年11月29日 (日) 19時32分

〉アメリカ人の方のプロジェクト
の時からとても気になっておりましたが
市販ということになれば”どうぞこのまま”って
気持ちになります・・・これは良いなぁ(*^-^)

投稿: ナガヤン | 2009年11月29日 (日) 22時45分

確かに、コレは良いですね~

でも、グッチが好きなのでロシナンテを売って欲しい私。。

投稿: zackino | 2009年11月29日 (日) 23時17分

白猫#35さま
>ライダーが大きく見えるけどそうじゃないんですよね、きっと。
いやいやアングロサクソンですから・・・ライダーがデッカイんですよ。

tataraさま
でしょう~(◎´∀`)ノ

kunimotoさま
いや~ヘスケス!!良いですよねヘスケス。
ちなみにかつて、エイプリルフールのエントリーでこんな事書きました。
http://guzzi-crazy.cocolog-nifty.com/sunday/2006/04/post_f7f3.html
えぇ、病気ですとも。

ナガヤンさま
今なら、「レーサー作ってくれ」ゆうたら、メーカーそのままレーサー作ってくれそうな気がします。(所帯が小さいだけに)
MAX用のマシンとしてオーダー入れてみませんか?

zackinoさま
> グッチが好きなのでロシナンテを売って欲しい私。。
売れません・・・あしからず。
JINさんに「NMR(核磁気共鳴機ではなくて、ノリタケ・マツナガ・レプリカ)作って」って、頼んでみましょう。

投稿: 松永 | 2009年11月30日 (月) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/46884545

この記事へのトラックバック一覧です: 不死鳥は灰の中から:

« ほんのりヨードの馨 | トップページ | ツアコンで御座います »