« 葡萄酒はこうして造られる(その一) | トップページ | Over the rainbow »

2009年11月17日 (火)

葡萄酒はこうして造られる(その二)

 さてさて、前回からの続き、今回は「鳥取の左です」でおなじみの島根県、その東部に位置する雲南市木次町の奥出雲葡萄園についてお送りします。

 まず、ワイナリーに行く前に、このワイナリーの親会社 木次乳業さんへ、ここでパスチャライズド(低温殺菌)牛乳やチーズのお勉強です。ちゃんと見学コースもあって、本当に小学生の社会科見学のようです。後でココで作られているチーズを肴にワインのテイスティングがあるとの事、ご当地のチーズでご当地のワインを、こりゃたまらんのです。これが本当のスローフード。今回のツアーは日帰り版アグリツーリズモなのだ。

 で、ついにワイナリーに到着です。

 到着するや否や、ワイナリーの製造責任者、安部醸造長さんから畑の説明です。

20091115122001_2 見よ、この整然と作られたこの葡萄畑。日本の葡萄畑には珍しい立ち木栽培のこの樹形(普通、日本の葡萄園は棚栽培)、まるで本場のヨーロッパのようです。収穫後の画像なのですが、聞けば、葡萄の収量は、この今年伸びた徒長枝に、普通は二房、多くても三房までなのだそうです。

20091115122819_3 ちなみにこの畑は、葡萄品種で言えばシャルドネの畑。よく観察すれば、収穫されずにシワシワになった葡萄の小さな房が一つ枝に残っていました、それを一粒取って食べてみると、水分が抜けているせいもあって、とても糖度が高く、返り香がシャルドネのワインと同じ風味。ウヒヒッ!

20091115122541 除草剤を使わない(草刈機での草刈はされるそうです)ためと、土壌が栄養過多にならぬよう葡萄の木の周りはこんな感じで草が生えています。何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」で、養分は確かに必要なんですが、やりすぎは木を甘やかしてよくないのだ。果樹の世界でもハングリー精神のあるものが大成するのだ!!ったらなのだっ!!!

 さてさて、終にワイナリー内部へ侵入です。

20091115124748 前日に紹介した、創業60余年のホージョーワインさんとは対照的な、明るくて新しいこの感じ、平成生まれのワイナリーの故なのですね。ここで赤・白・ロゼの醸造方法の説明を受けます。隣の部屋でコルク詰め等を経験して、ここでもワイナリーの要、地下の樽の貯蔵庫へ。

20091115131441 うぉ~!!!この光景、無性に興奮してきました。しかも見学コースのこのBGM、マイルズ・デイビスの「死刑台のエレベーター」がかかっています。たまらん、こんなアジト・・・秘密基地・・・欲しい・・・。

20091115132608 何と此処で嬉しい経験が、普段は絶対こんな事をしてもらえないのそうなのですが、このツアーの参加者の我々に、今、この樽の中で熟成中の赤(カベルネ・ソービニオン)と白(シャルドネ)ワインを試飲させていただく事になりました。ガラスの大きなピペットを使い、テイスティング・グラスに一口ずつのワインを注がれていきます。これもひとえに、このツアーの幹事、谷本酒店の若旦那のおかげです。

20091115132947

20091115132218 まだ出来上がる手前のワインの色はこんな感じです。白ワインの画像を見ていただくと良くわかると思いますが、まだ酵母が混ざっていて白濁しています。それと発酵中のため炭酸ガスがワイン内に溶けていて、舌先をピリピリと刺します。赤はタンニンがまだまだ強く「ニガニガ」した尖った渋味があります。この状態はとても美味しいと言える飲み物ではないのです。このオークの樽の中で熟成され、洗練されていくのです。

 しかし、此処まで手をかけて、このワイナリーのほとんどのワイン値段が3000円/瓶以下っていうのは、本当にモトが取れているんでしょうか?お客の私が心配になります。

 完成途中のワインのテイスティングの次は、勿論完成品のテイスティング。

 そう、ちょっと遅くなりましたが、ランチと共にワインのテイスティングの時間がやってまいりました。

20091115140405 ちなみにこの日のランチプレートはこれです。12時方向から時計回りに紹介しますと、雲南舞茸をつかったコンソメロワイヤル(洋風茶碗蒸し)、サラダ、そば粉のクレープ雲南鶏巻き、木次乳業のチーズを使ったキッシュ、雲南豚の煮豚、自家製スモークサーモン、島根沖のメダイのソテー、豆腐の生姜ソース・クコの実添え、レンズマメのコロッケ、そして中心にあるのは、古代米を赤ワイン風味で。と、こんな感じです。ほとんどの食材が、フードマイレージの低い、この地の物で作られています。

 これに2008年の新酒の赤と白、シャルドネの樽熟、山葡萄のワイン小公子、一緒にツアーに参加した皆様と楽しいおしゃべり、知らないうちに食事の時間の二時間が過ぎておりました。

 今回のワイナリーツアーで私的にいたく感じ入ったのは、皆様が思っているようなワイン=高級といった小売単価では決して無い(普通で千円台、高級ワインで2千円台、限定の手のかかる醸造本数の少ないものでも3千円台。ご自身で商売やっている方だと小売でこの値段ちゅー事は卸は・・・わかりますよね)価格帯のものを、プラントで大量生産するわけでもなく、こじんまりと手の届く範囲で、ひたすらに自分たちの作るものに手を掛け、一言で言うと「労多くして益少なし」なのではないことこちらが心配になっちゃうような、だけども、自分の仕事に誇りと自信を持ち、それでいて謙虚で学びの心を失わず・・・なんだか宮沢賢治の文章みたいになっちゃいましたが、作り方を聞いたり、ワイナリーの見学も大切なのだけど、このような熱い作り手の方々に出合うことができたのが今回の「大人な社会科見学」の最大の収穫でした。

 初めての場所に行き、その土地の美味しい物を飲んで食べて、その事を勉強して、その土地の人に会って話をして、同じ価値観を持った知り合い宴を囲み、楽しい日曜日でした。皆さん、人生はライブだ!家や身の回りの近場だけに閉じ篭るのはやめて、外へ出ましょう 。

 ホージョーワイナリー、奥出雲葡萄園、木次乳業の皆様、そしてこのツアーの企画で幹事の谷本酒店の若旦那、本当にご馳走様でした。 

|

« 葡萄酒はこうして造られる(その一) | トップページ | Over the rainbow »

コメント

木次乳業はひとえにその社主、佐藤忠吉氏の理念で動いているといっても過言ではないでしょう。
今のようにスローフードなどといわれるよりはるかに前からパスチャライズド牛乳などを手掛けておられましたね。
彼を慕って全国から人がやってくるようです。
凄いですね。

奥出雲農園、近いのにまだ行ったことありません 汗)
クルマで行くとゼッタイに帰れなくなっちゃうので・・

投稿: 白猫#35 | 2009年11月17日 (火) 12時31分

あ、それはそうと先週土曜日に東京のグッチ乗りの方がうちのお店にお越しになりました。
松永さんのこともご存知でしたよ。
それから、モトレヴォ、友人のニーラーの応援に行ってきました。(マニアック? 笑)
ラバーズさんのピットでMAGNIのレーサーにヤラレテいた私です。
ネモケンさんのV7見れなくて残念。
来年は松永さんの応援もさせていただきますよ~。

投稿: 白猫#35 | 2009年11月17日 (火) 12時40分

良い経験でしたねぇ。
私もむかし、岡山(倉敷)のバーテンダーさんといっしょに、
サントリーの「山崎」工場に見学に行ったことがあります。
そのときに樽出しの「山崎」をいただいたことがあります。
そのときは感動するくらいおいしかったです。
最近はアルコール摂取も少なくなってますが、
たまにはと思う今日この頃です。
地元岡山にも「マスカット・オブ・アレキサンドリア」
がありますよ。smile
毎年1本は買って飲んでた気がします。
終いには、プロジェクトの関係で
館の支配人でもなってしまうのかと、
余計な心配をしてしまいます。happy01

投稿: tatara | 2009年11月17日 (火) 15時49分

白猫さま
そうでした、お近くでしたよね。
いや~それなら尚更一回行ってみるべきです。
日本車デザイン展の時にそちらによらせていただきます。

tataraさま
マスカットのワインですか、甘口じゃなくて辛口のやつを飲んでみたい・・・(遠い目)

投稿: 松永 | 2009年11月17日 (火) 23時47分

木次と言えばスイッチバック。
ワイン作りと言えば処女が踏み踏み。

失礼しました~

投稿: funa | 2009年11月18日 (水) 00時54分

マイルスの「死刑台のエレベーター」とはダンモ好きなのでしょうか?(モーツアルトじゃないのも面白いですね)

「労多くして益少なし」その通りですね~。

実業家と醸造家、生き様、違い過ぎますよね、実業家は人を幸せにする分、不幸も生み出すのだそうですが、醸造家は自然の恵みに心(技)を込めて、口にした皆を幸せにするのですから、素敵な人生ですよ!拍手喝采!

投稿: zackino | 2009年11月18日 (水) 01時02分

funaさま
>木次と言えばスイッチバック。
奥出雲のワインに木次線のスイッチバックとくれば、先月の家庭画報の特集ですよ!(笑)
>ワイン作りと言えば処女が踏み踏み。
そうですか・・・私は醸造長さんが安部さんだけに
「このワイン、の ま な い か」
と、言われるんじゃないかと・・・・冗談です。

zackinoさま
モダンジャズのイージーリスニングCDがエンドレスで掛かっていました。

いや~この度訪問した山陰のワイナリー、ホンマ拍手ですよ。

投稿: 松永 | 2009年11月18日 (水) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/46783774

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄酒はこうして造られる(その二):

« 葡萄酒はこうして造られる(その一) | トップページ | Over the rainbow »