« 寝ても覚めても | トップページ | ゴ~ジャス、フフ~ン »

2009年10月 8日 (木)

フランス好み

 こんなV12の乗り物動画見つけました。

 おフランスのお乗り物らしいんですが、ハンドルや乗車姿勢はモーターサイクルのそれなのですが、これって四輪ですよね。

 フランスの方々は昔からこういったのを作られますよね。私的には1923年にトゥールのフランスGPを走った、航空エンジニアのガブリエル・ヴォアザン設計「ヴォアザン・ラボラトワール」の現代版に見えるのですじゃ。

 でもね、V12のこれなんだかグロテスク。其処が良いって云う人にはたまらんのでしょうが・・・でもねぇ~。

 ちなみに、ヴォアザン・ラボラトワールの美しい写真はココをポチッと→

 私好みは1923年のヴォアザンです。モーレツにカッコイイです。しかし・・・この写真DSといい、フランス変態車のシズル感がビシバシ出ていて、変態を理解する私にはもうたまらんのです。私・・・ええ、アテネ・フランセ通っていましたが、なにか?

 アルミの地肌、プロペラ式ウォーターポンプ、スリーブバルブエンジン・・・どれ一つ模倣が無い・・・たまらん。

 ・・・ええ、変態ですとも。

 この美しさ、皆に理解されてなる物か・・・。

|

« 寝ても覚めても | トップページ | ゴ~ジャス、フフ~ン »

コメント

これは!!バット・マン、ザ・ダーク・ナイトを思い出してしまいました。
高速道路をこんなのが走ってきたら、惚れてまうやろ~ッ!!
ヴォアザン・ラボラトワールは凄いですね、スチーム・ボーイを軽く超えてるフランス人の感性に脱帽です。
DSも大好きなんでが、私の周りでは2CVが人気沸騰?話題になってます、これこそ最高のエコ・カーだ!草食系のエコ・カーはイヤだ!ケチだけど貧乏臭くならないところが偉い!
などなど、シトロエンって変態でしょうか(*^_^*)

投稿: zackino | 2009年10月 8日 (木) 01時37分

zackinoさま
変態です!(キッパリ)

投稿: 松永 | 2009年10月 8日 (木) 09時05分

ヴォワザンラボラトワールをご存じで、しかもそれが好きという(異常に親近感を覚える)人がこの山陰におられたとは!! 驚きでした。
私も初めて見た(写真ですが)時は衝撃を受けましたね、やはり。
レストアされて初めて出たイベントで小林彰太郎さんがご覧になって記事にされていたような・・
今はどこにあるんでしょうか?  
先日のMC72とともに最も現物を見たいもののひとつです。

フランス人やイギリス人には時として変態を輩出する何かがあるようです。
イタリア人はもっとわかりやすいからこうはならないですよね。


投稿: 白猫#35 | 2009年10月 8日 (木) 13時16分

うーむ…
ニーリングポジションやバーハンドルの必然性を感じないんですが??
極端に狭いリアトレッドにも。
バイク屋KTMの創ったX-Bowの方がよっぽど自動車らしかったり。
ライトウェイト信者の小生には,ゲテモノとしか写りません。が…
…そいつを形にするエナジィは、確かに凄いですねぇ。

ヴォワザンに話が飛ぶとは思わんかったです。
それにしてもフランス人の美的感覚って…??
ブガッティT35”タンク”も、およそ「美しさ」からかけ離れているし。
そこから10年経たん間に、"Flamboyant"(火焔派)とか言って、
フィゴニあたりは凄まじい形の車を作るし。
(競技車と富裕層向けの差はあれど…)
おんなじラテン系でも,イタ公共の方が判り易い形作りますよね。

航空機エンジン搭載GPマシン…なら、
ブリッツェン・ベンツとかメフィストフェレスとか…
あ、そだ。
ルイス・ズボロフスキ伯爵の”チティチティ・バンバン’を忘れちゃイケません。
24リッターもの直6…どないなシリンダーなんでしょ?

長文失礼しました。

投稿: はたぼー@酔っ払い | 2009年10月 8日 (木) 22時51分

白猫#35さま
MC72のお話が出ましたので、フランスちゅー事で、打倒MC72のためにフランスのBernardがつくったH.V.220・・・でも、未完成のまま終わっちゃたのだこのプラン。
二重反転ペラ、倒立エンジン、MC72とスーパーマーリンS.6Bの良い所取りをしたようなこの機体、本気で飛んだらどんだけ速かったのでしょうか?
http://www.letletlet-warplanes.com/2008/06/14/the-schneider-cup-racers/7/

はたぼーさま
>ニーリングポジションやバーハンドルの必然性を感じないんですが??
>極端に狭いリアトレッドにも。
さっきまで全く同じ話を模型店の仲間内で話しておりました。
ブガッティT35“タンク”は、10年ほど前のラグナセカのパドックで穴が開くほど見つめました。
正直カウリングの処理チャッチかった。
馬蹄型のラジエーターグリル、アルミのカウリングをただ切っただけの切りっぱなし・・・レーサーなのでしかたない・・・のでしょうか。

FIATのメフィストフェレは、抜かりなくプロターのキットをストックしております。
チティIはいつかスクラッチしたいっすねぇ~、もちろん煙突エキパイと本気用ブルックランズマフラーのコンパチモデルで・・・・妄想ですが。

投稿: 松永 | 2009年10月 9日 (金) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/46425264

この記事へのトラックバック一覧です: フランス好み:

« 寝ても覚めても | トップページ | ゴ~ジャス、フフ~ン »