« ぐぁぁぁぁっ! | トップページ | フランス好み »

2009年10月 4日 (日)

寝ても覚めても

 いや~公私も無し、週末も無しの毎日です。

 例の料亭プロジェクトまっしぐらです。

 上司に「正味、シンドイです」と訴えれば。「でも楽しいだろーが」と・・・簡単に言うねぇ~。「過度のストレスのために大食いになって、ただ今リバウンド中だし、なにやら奥歯も座りが悪いし、慢性睡眠不足だし、週休二日なんてココ数ヶ月、聞いたこともないし」と、だから如何すると言った事ではないのですが、少しばかり本音の愚痴を言えてスッキリしました。

 まあ、愚痴はこの辺で・・・そんな状況の中、唯でさえ短い睡眠時間、しかも浅い眠りの中で、とても不思議な体験をしました。

 今係っているプロジェクト、休業する前までは日本食一本で、お酒といえばビール、日本酒、焼酎だったコレまでの営業から、山陰の地元ワインもちゃんと出せる体制に・・・と、言うのは簡単なのですが、ワインをちゃんとサービスしようと思えばもう大変。赤、白、発泡ワイン用の三種グラス、デキャンタ・・・ちょっと考えただけでもサービスに必要な備品は山ほど、特に購入すべきか如何するのか?この中で最大の出費となるであろう電動ワインセラー扱いについて、「ワインの在庫時間を考えても、ソムリエの居るフランス料理店のように何年も維持しておくわけではないので、本当にセラーは必要なのか・・・?」プロジェクトの皆と、そんな事に頭を悩ませておりました。

 とまあ、その他にも懸案事項を山ほど抱え、深夜に床に就き、その数時間後の明け方の事です。

 「蔵だ・・・使っていない蔵があるじゃないか・・・」

 浅い眠りに就いている私の耳もとで誰かが囁いたのです。

 「はっ!」となり、目を覚ませば、まだ真っ暗な5時前。もちろん真っ暗な部屋には私一人。

 ちょっとのあいだボーっとなった後、「・・・・・・・これだ!」と、「そうだ蔵があった・・・」簡易の電動セラーって、そもそもワイン蔵(本来それをワインセラーって云うんだけどね)を持てない人用に作られた物だし・・・旧家の豪邸、漆喰土蔵作りの壁厚50cmに近い立派な蔵が三棟、全く正規の使われ方されてなくて、ガラクタ置き場や埃の巣窟になっているじゃあ~りませんか。

 この囁きを聞いた後、これらの蔵を覗いてみれば、日光は全く入らず、棚もちゃんとあって、厚くて重い漆喰で作られた扉をちゃんと戸締りをすれば、温度変化も少なそう。聞けば、かつてはこの中にとても貴重な書画骨董の美術品類が保管してあったそうです。(勿論持ち主の変わってしまった今は、何も無いんですが。)

 しかし、いったいだれが・・・もしかしてこの旧家の憑き神さん・・・それとも「我がゴーストの囁き」でしょうか・・・あ~眠っていても仕事ばっかり・・・その影響でゾーンに入っちゃて馬鹿になっているのでしょうか、私ってば。

|

« ぐぁぁぁぁっ! | トップページ | フランス好み »

コメント

入り口も分厚い漆喰の扉なら、密封性も大丈夫なのでは?
商家の蔵はお金がかかっていると思うので、保存には絶好の保管庫だと思います。

投稿: kuwa | 2009年10月 4日 (日) 23時23分

kuwaさま
商家じゃないのだ、藩からこの旧家の周り一帯の徴税を受け持っていた庄屋の、そりゃただ事じゃない蔵なのだ。
昔は7つあったそうですが、今現存するのは3っつ。

投稿: 松永 | 2009年10月 4日 (日) 23時38分

山陰の地元ワインをサーブするなら、セラーまで必要でしょうか?
地元のワインが大変高価、大量仕入れ(時期)か、もしくはデリケートなら別ですが、保管する為(価格差)に購入して、寝かせるも大変ですから。(蔵があるな使わにゃ損!ですが)

回転する価格帯のワインは殆ど在庫時間がありませんし、和食には少し冷やしたワインが好評ですが、これも、吟醸酒に似た感覚ですね、座敷で、椅子ならリーデルでも良いのでしょうが、座椅子なら、低いグラスの方が親切ですし、お洒落に演出できれば、女性のお客様に喜ばれますよ。

知人のソムリエと話していて、拘り過ぎて、堅苦しくなると、せっかくのワインが楽しめない時がある事、又、私個人は、日本人の殆どがワインを単体評価する点は気を付けていますが。

投稿: zackino | 2009年10月 5日 (月) 01時26分

zackinoさま
>山陰の地元ワインをサーブするなら、セラーまで必要でしょうか?
まさにそう言った事を喧々囂々と議論しているのです。
お酒を納入してくれる酒屋さんを交えて、什器と蔵を見てもらい、セラーの必要性を確認したところ「必要ありません」って言うか「あ~うちのワインをこの蔵に置かして欲しい」とまで言われました。
冗談はさておき、箱のワインをそのまま蔵に置いて、予約のお客さんの来店日に、数本厨房の冷蔵庫へ持っていく、それで良いんじゃないかと。
お酒の味は、それを飲む器で大きく違ってくるので、限られた予算で個数をそろえるのは物凄く選定が難しいです。知恵熱が出そうです。
30人キャパの宴会場があるので、割る事を考えて40必要かなと・・・。

業務連絡:zackinoさんに直にお伝えしたい事があります。次にコメントを下さる時にアドレス欄にアドレスを教えていただければ幸いです。(ウェブ上に掲載は無いです)よろしくお願いします。

投稿: 松永 | 2009年10月 5日 (月) 14時13分

そう囁くのよ、私のゴーストが。

↑まさにこんな感じだったんでしょうか。
神の啓示かもしれませんが。それにしても…
何かが降りて来たとしか思えませんね。羨ましいです。
全身全霊をかけていればこそ…なのかもしれませんね。

1/32スピットは魅力的ですが,1/32鍾馗とどっち?とか、
近所の模型屋の不良在庫であるクラエアのベノムとバッファローも…とか
RC166も…とか、その前にファインの彗星一二戊を組まんと…とか
250TRも330P4も…787Bも…orz

何でこんなに広く深いんでしょう??(←本人が判らんのに…)

投稿: はたぼー@倉敷 | 2009年10月 6日 (火) 00時11分

はたぼーさま
> 何でこんなに広く深いんでしょう??
それは、はたぼーさんの業の深さゆえです。
つーか、うちのBlogホンマ業の深い人がよく集まられます。(・∀・)イイ!

投稿: 松永 | 2009年10月 6日 (火) 00時56分

業務連絡、承りました。

旧家の豪邸で『蔵貯のワイン御座います』なんて素敵ですよね。

投稿: zackino | 2009年10月 6日 (火) 02時52分

zackinoさま
メールアドレス無事届いております。
ありがとうございます。

日本食が主体であるのは間違いないので、タンニン少な目のワインを軸に揃えていきます。
北条ワインと奥出雲のワインに良いのがあるんすよ~。

投稿: 松永 | 2009年10月 6日 (火) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/46395255

この記事へのトラックバック一覧です: 寝ても覚めても:

« ぐぁぁぁぁっ! | トップページ | フランス好み »