« インフラ・ヴィジョン | トップページ | 伯父さんはちかれたのだ・・・ »

2009年8月 1日 (土)

自らの手足の如く

 道具を使う・・・それは人としての根本的な行動なのですが、脳科学者の方々に言わせれば、上手に道具を使うことは、脳が道具をその使い手の延長器官と認識してる事だそうです。

 そりゃそうですよね、私事ですが、二輪車に乗れている時は、妙な統一感覚がありますもん。ただその時、乗っている二輪車が私の高速移動のための体の延長器官になっているのか、私自信が二輪車の延長器官としての制御ユニットになっているのか?それは判りません。

 とまあそんな私が、この昨今、惚れ惚れしてみている動画がこれです。

M_i_mb_300slrStirling_moss かつてシルバーアローと呼ばれ、直列デスモ8気筒エンジンをスラントしてフロントに積み、1955年のイタリアの公道レース「ミレ・ミリア」で大活躍、そのレースの出発時間7:22がゼッケンNo.のメルセデス・ベンツの名車中の名車300SLR、その時ドライブしていたF1界の無冠の帝王と言えばこの人ですね。スターリング・モス御大。

 そして時は移り変わり2009年の現代、マクラーレン製のメルセデスのスーパースポーツ、現代版SLRにスターリング・モスの名前を冠する、ウルトラスポーツモデルが発進なのだ

 それがね、シュトッドガルドの黒い森シュバルト・バルトの中を悠然と走る・・・そんなPVじゃなくて、DTMでAMGのドライバーで開発テストドライバー氏のタイヤスモークはモクモク、スキール音は「キヤァーッ!!!!」とばかりのアグレッシブなドライビング内容の映像。

 スーパースポーツはこうでなきゃ。

  それにしても、大パワー車をココまで自分の手足の如く操れたら、どんなに楽しい事やら・・・そのスキルの高さが、うらやましいですね。

|

« インフラ・ヴィジョン | トップページ | 伯父さんはちかれたのだ・・・ »

コメント

マッハGO!GO!GO!!!!!!!!!!カッコイイですね~♪

しかし、どうしてもこの跳ね上げたドア?が疎ましいと思うのは私だけでしょうか?
閉所感100%の車が大好きですが、この車のプロポーションは凄いですね、イタリアもドイツも・・・・まだまだ夢の続きが有りそうですね\(^o^)/

投稿: zackino | 2009年8月 2日 (日) 01時23分

かっけ~~~~~~って言いたくなりますね。

それにしても、「ブルーノ」かっこいいぞ。

買うだけの財力があれば欲しい1台です。

投稿: 沢庵和尚 | 2009年8月 2日 (日) 02時08分

zackinoさま
いや~良いですよね。
フロントスクリーンすら持たないメルセデス。
やるときにはやりますよね。

沢庵和尚さま
>買うだけの財力があれば欲しい1台です。

私もです。

投稿: 松永 | 2009年8月 2日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/45805820

この記事へのトラックバック一覧です: 自らの手足の如く:

« インフラ・ヴィジョン | トップページ | 伯父さんはちかれたのだ・・・ »