« 9月に向けての野望 | トップページ | 458ちゅうんやでぇ~ »

2009年7月28日 (火)

潮目の変わり時

 この昨今、仕事にすっかり忙殺されてしまっている私にとって、ちょっと気になることがあります。

 皆様、この今現在、一ヶ月前とは状況がちょっと変わってきている感じがしませんか?具体的にと問われれば、なんとも答えようの無い曖昧な状況であるのは確かなのですが、なんと言うか・・・まだ季節は変わっていないのだけれど、風に当たっていると「あぁ春になったな~」とか、空を見て「夏の空だ・・・」って感じる季節感先取りのあの感じ?(数年兼業農家の真似事をやっていたからか)

 ただ今、仕事でちょっと洒落にならないくらいフル回転中の私は、この一ヶ月ほどで社会状況や、経済が大きく潮目に当たっているんじゃないかって感じを受けているのです。まあ、政治の状態が与党と野党がひっくり返るんじゃないかとか、そんなこともありーの、でも実際は、地方の景気は未だどん底・・・ちっとも変わってないのですが。

 でもね、何かかが違うんです。「私のゴーストの囁き」←「妄想」と言われればそれまでなのですが、皮膚感覚で、違いを感じるのです。個人消費ってレベルの話じゃなくて、企業の設備投資レベルでのお話なんですが。

 もしかして、日頃の絶えることの無いプレッシャーとストレスのお陰で、ニュータイプへの覚醒が起こっているのかしら?

 ご商売をされている皆様は、何かそんな予兆のようなモノを感じ取られていませんか?

|

« 9月に向けての野望 | トップページ | 458ちゅうんやでぇ~ »

コメント

未だに底辺を動いているとは思うのですが

僕は、上り坂に来たと感じていますよ。

もっとも、自営をこの時期に始めるので

そう思わないとやってられないのですが・・・・(笑)

でも明らかに、人の流れが変わって来ていますね。

消費の自粛に辟易してきたのかもしれないですね。

だって、今全体的に安いんですもの。

投資するには負担が少なくて済むので

チャンスと言えばチャンスでしょう・・・

投稿: 沢庵和尚 | 2009年7月28日 (火) 19時51分

今が底・・・
と思いながら数年が経っています

確かに上り坂に来たかもしれませんね

しかしながら言い知れぬ不安(恐怖)が
湿気をたっぷり含んだ風のごとく
首筋あたりにまとわりついています。

投稿: ナガヤン | 2009年7月28日 (火) 23時59分

沢庵和尚さま&ナガヤンさま
お二人に返信と思っていることがダブっているのでまとめて。
個人の消費はマダマダ渋いものがありますよ。
だってメーカーの方々とお話をすればお給料を前のようにもらえてないですから。
ただ、企業の行う設備投資のお話があるちゅー、水面下での噂が結構耳に入ってくるのです。
しかもビッグバジェットの・・・。
沢庵和尚さんが言われているように、動きの付く会社は低金利で物価が安いうちに次に見越して動き出そうとしているのでしょう。
次の段階は選挙の結果と云うか、その後、我々が選んだ与党が、ちゃんと期待に応えてくれて及第点の政治が出来れば、今まで鬱積している消費熱が再び燃え上がるのでしょうが、またしくじっちゃうと再起不能なくらいドボンですよね。
よ~く考えて選挙にいきましょう。
議会制民主主義とは、政治家が悪いのじゃなくて、そんな政治家を選んだ国民が駄目なんですから。

投稿: 松永 | 2009年7月29日 (水) 00時25分

悲観的に予想する癖があるので
昨日のオバマ大統領の米中に係わる演説といい、日本にとって更に下がるのではないかと心配しております。
今日の海外から食料品を調達する調査会の設置といいSAPIO誌の記事通りになってきました。

Moreヒカン頭の戯言です。
あっイカン誰かのアレがうつったような。

安物ねだりの風潮が何時になったら収まるのか?
従来のデフレとは違うような気がします。
ガラガラポンしかないのかな?

投稿: どじょっこ | 2009年7月29日 (水) 00時37分

どじょっこさま
>ガラガラポンしかないのかな?
ガラガラポンですか・・・私は歴史を振り返ると「民衆のために!」「国民の解放のため!」等と叫び、方法のいかんを問わず政権を手に入れた政党が、政権を奪取した後、その地位をかっこたる物にするため次に行う事は間違いなく「恐怖政治」だったと言う事実を鑑みて、簡単にガラガラポンで本当に良いのか・・・自信がありません。
議会制民主主義とは、有権者があまねく一様の教養がある事が、そのシステムが正常に働く第一原則であって、「その時代の~」「みんながそうだったから~」そんな理由で多くの人が投票すると、それはただの衆愚政治であるわけです。
ガリレオ・ガリレイの「それでも地球は回っている」の故事は、その良い歴史的教訓だと思うのです。

投稿: 松永 | 2009年7月29日 (水) 00時59分

う~ん、庶民的過ぎるかもしれませんが、底から少しだけ上昇したかと思ったら、都議選で1週間停滞、解散の声を聞くや硬直!外食産業は一部を除き、本当に厳しいです。

生ビールが売れない原因は、メーカーが自ら力を入れている発泡酒であり、(大ブーイングなんです!)矛盾が矛盾を生み出してます、自治体のアンテナ・ショップが現地価格を実現すれば、市場と中卸は死活問題、しかし、消費者は、このご時勢に高級食材が安く食べられるのは有難いですよね~(*^_^*)一人勝ちではなく、一人しか勝てない??

とにかく、お金が回ってない、まともな会社が、資金調達につまずいて消えていく(破産する前に、自主廃業)、建設業は単価が下げられ過ぎて、仕事請け負ってるのに破産、職人は半年仕事が無い人はザラです、
日本人は、無痛の痛み(麻酔が効いて麻痺して、激痛を感じない)と無色透明の血がダラダラと流れている感じ・・・止血して治療してくれる人は政治家にいるのだろうか???

『それでも地球は回っている』そうなんです!100年に一度の不況下でも天の恵み、農作物は素晴しく、自然の力を見せ付けます、まぁ人間様の小さい事(-_-;)

投稿: zackino | 2009年7月29日 (水) 03時19分

zackinoさま
個人レベルでは「ひじょ~にキビシーッ!!」ですが、このエントリーを書いて少し頭を冷やした今でも、何かが動いているような感じがします。
ただ、この不景気で商売モラルの低下が激しですよね。特に書かれているような上流の業者が、下流の仕事に手を出す・・・なんて仁義無き商売がまかり通る昨今、これに対して私もどうかと思います。(メーカー直営の小売店なんて、私に言わせればもっての外)
あ~やだやだ。

話は変わって楽しい話題で・・・
生ビールなのですが、漫画「もやしもん」第八巻がビールネタなんです。
そのネタ元の生ビールが鳥取の大山Gビールの小麦から作った「ヴァイツェン」(普通ビールは大麦から作る)つーのらしくて、私は興味津々。今行きつけの酒屋の二代目にとってもらうように頼んでいます。
土曜に入荷予定とのこと楽しみです。
鳥取の酒は「千代むすび」だけじゃないですぞ。

投稿: 松永 | 2009年7月29日 (水) 21時59分

引き続き一方的にお世話に成り、誠に有難う御座います!
で、仰せの通り「潮目の変わる時」目茶目茶感じております!!
ん?決してお茶屋だからと言う事ではなくです・・・。

まぁ、難しい事は生まれながらに良く解らんのですが、、、

早800年を超えた我が業界にあっても、その間積み重ねてきた
土壌と技術を未来に活かす取り組みを始めた同志が各国に増え!
一人一人の技が合体!!小が大を制す、いや、世界を制する。

問題は「素晴らしい!後は俺を他国の地に放て!!」と、
大きな大きな世界一の勘違い男が、どこまで勘違いし続けられるか!

小国の、先人から受け継がれ続けた一人一人の技が結集し
世界を揺るがす?いや、震撼させる日も遠く御座いません!!

小さな確信の積み重ねを、おかげさまで大きくしていく事が出来。

日本が世界を驚かせる日も近し!そう確信をする大馬鹿者…

ん?久々にお邪魔して意味不明な悶々数々を、皆さま!!
大変失礼を致しました。。。

投稿: ギムⅡはお茶屋 | 2009年7月31日 (金) 11時17分

ギムIIさま
薩摩紅茶美味いです。
ファーストフラッシュ、サイコーです。
実際ダウラでも、普通品より値段のはるファーストの方が好評です。
来年はもっと・・・ですよね。
ただ、この雨降りが気になります。
お茶も自然相手のモノですからね。

投稿: 松永 | 2009年7月31日 (金) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/45764389

この記事へのトラックバック一覧です: 潮目の変わり時:

« 9月に向けての野望 | トップページ | 458ちゅうんやでぇ~ »