« これで私も・・・ | トップページ | (ノ∀`) アチャー(;´д`)トホホ… »

2009年6月27日 (土)

ココのところ日本製が凄いんです 

 昨日は仕事関係の酒屋さんが主催の、山陰地方にあるワイン醸造所のワインを飲む会に誘われました。

 何事も誘われるうちが花、つー事で二つ返事で参加です。

 で会場に着いてみれば、北条ワイン醸造所の社長さん、奥出雲葡萄園の醸造長さんも来られていて、限られたクラブのような何やら凄い会でした。私が参加して大丈夫?ι(´Д`υ)アセアセ

  で、料理も地元産の食材にこだわったウマーな料理、ワインは、売り物ではない葡萄の新品種の開発中の物や、売らないでワイナリーがストックしている10年以上熟成している物と盛り沢山。

 その中で私のお気に入りは、山葡萄の掛け合わせ品種の葡萄で作った奥出雲葡萄園さんの「小公子」というワイン。果実の味がしっかりしてそれでいてフルボディーで、素敵な馨がして・・・はぁ~。恥ずかしながら私、こんなに美味しいワイン飲んだ事がありませんでした。しかも値段を聞いて再びびっくり。3000円台との事、マジですか。

 思わず「これ買います。売ってください」と言えば、「今はもう売り物が無いんです」とのつれない言葉、「7月4日から今年の分の予約を受け付けますので、ココに電話してください」と電話番号を教えていただきました。

20090626195859 ちなみにこの画像は、貴重なその「セドリック小公子」を分け分けしている、今回の仕掛け人、谷本酒房の若旦那。

 で、こう言った場所での少人数の集まりですので、色々な出会いがありました。

 最後には、私の勤めている関連会社のバス会社を使って、ワイナリーツアーをやりましょうなんてお話まで飛び出しました。・・・ありがたや。

 丁度この前のエントリーで、日本製紅茶が大変な事になっているのを書きましたが、日本製のワインも中々の物に育ってきています。生産者の方が、こういった席に同席され、我々がどんな顔して飲んでいるか、他のワイナリーはどんなワインを作っているのか・・・普段の私の話題に振り返えてみれば、まるでサーキットのパドックで、それぞれのショップのバイクを前にして、ショップのオヤジ同士の会話を見ているみたいな・・・そんな感じでした。(普通の人にぁ、尚更わかり辛れーよっ!)

 こんな楽しい時は、あっという間に過ぎていきます。5000円の会費で「もう飲めない」つーほど鳥取&島根の旨いワインを飲む事が出来ました。

 谷本酒房の若旦那、この度は会に誘っていただき、本当にありがとうございました。 

|

« これで私も・・・ | トップページ | (ノ∀`) アチャー(;´д`)トホホ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/45462229

この記事へのトラックバック一覧です: ココのところ日本製が凄いんです  :

« これで私も・・・ | トップページ | (ノ∀`) アチャー(;´д`)トホホ… »