« こだわりを肥やしとして咲く華々 | トップページ | 晩秋といえば肉料理 »

2008年12月 5日 (金)

それは先祖の霊毛で織られた・・・嘘です

 今回のつくばMAXで我らがモト・ラボロレーシングチームの主役と言えば、エースの塩川選手でもなく、ましてや私でもなく、チーム監督の神宮司忠男その人なのである。

 ココでちょっと話題を変えます。

 中国や日本の暦には十干と十二支とを組み合わせた干支ってのがあるんですが、十二支は皆わかるよね。子・丑・寅・・・っていう干支の事ね、それに陰陽五行の木・火・土・金・水をそれぞれ二つに分けて十にした甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸が十干となるんですが、例え甲は木のお兄さんという事で、訓読みでは「きのえ」って読むし、乙は木の弟で「きのと」って読むんです。って言う事で規則性を考えれば、続いて丙は火に対応してはじめに来ているから「ひのえ」丁は「ひのと」って続くんです。私たち世代では昭和41年生まれの人を丙午(ひのえうま)と言って、丙午生まれの女性は気性が激しく、夫を尻に敷き、夫の命を縮めるなんて言われてて、この迷信を信じてこの年に子供を作る人が少なくて、私(私は42年の早生まれ)の学年は生徒数が極端に少なかったのを憶えています。つまりこの干支っていう暦は12年で一回りする暦と10年で一回りする暦がくっついているって事なのだ。で、12と10の最小公倍数は60、ってことは60年経つとくっついた二つの暦が元に還るってことで60歳のことを還暦っていうんですよね。

 一寸長かったですね。

 何が言いたかったかって言うと、今年はジンさん、還暦レーサーなのだ。

 今回のMAXでは、オサダモータースの長田社長がかつて還暦の時にサーキットで着られた赤いちゃんちゃんこを、ネームの所を神宮司に刺繍し直し、それを着てのライディングだったのです。それは福田モータースのメカOBにつたわる伝統行事なのかどうかは、私の知る所ではありません・・・?

 見よ!フリース生地に金糸で刺繍された神宮司の文字を。

F1010222 今回、ジンさんは2クラスエントリーをされていたのでしたが、なんと二本目のレースの決勝、スタート時より左脚が攣ってしまったのだった。

 「今迄でこんな事なかったのに~テッペンのがしたぁ~」と悔しがるジンさん。あ~そこそこ、「歳だ」なんてこと思っても口に出して言わない。

 実はこの還暦に関係する秘密計画が発動しつつあります。

 それは、ここで書けるようになりましたら追々に。

 あと19年か・・・、私にも赤いちゃんちゃんこを着てピスタを走る日が迎えられるでしょうか。

 

|

« こだわりを肥やしとして咲く華々 | トップページ | 晩秋といえば肉料理 »

コメント

道に終わり無し、生涯現役!。

という事でしょうね押忍。


投稿: zuka | 2008年12月 6日 (土) 00時25分

>左脚が攣ってしまった・・・

俺も今年は無かったものの、去年・おととしと
直前で攣って焦りましたよ
俺の場合は、ふくらはぎがステップの先に
ポンと当っただけで・・・

ジン御大相変わらず゛スバラシイ結果゛残されますねぇ☆

投稿: O.C MAKOTO | 2008年12月 6日 (土) 10時02分

私もジン氏の様に永く楽しく、単車と遊べたらと思います。
しかし、氏のプログは、本当に面白いですね。
とっても、楽しみに、拝見しております。

すっかり、寒くなっちゃいましたね。
きっと、松葉ガニの美味しい事でしょう。
もう届くかと、心待ちにしております。

投稿: クニちゃん | 2008年12月 6日 (土) 10時20分

ジンさんの様に、気力・体力・モティベーションを高く
保った活き活きした還暦レーサーになりたいなぁ・・・。

小学校の時、全学年4クラスなのに、1級上の学年だけは
3クラスだったことを良く覚えています。

42年生まれ(松永さん、にしださん、りゅーぢさん、私)は、
我慢した分濃いんでしょうか?(←ぎりぎりセーフ?)

投稿: ふりゅっげ | 2008年12月 6日 (土) 14時46分

zukaさま
四十、五十は洟垂れ小僧です。

O.C MAKOTOさま
>去年・おととしと直前で攣って焦りましたよ
ってMAKOTOさんいくつなん?( ´艸`)プププ

クニさま
>松葉ガニの美味しい事でしょう。
>もう届くかと、心待ちにしております。
(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

ふりゅっげさま
よもやあなた様からシモネタの話題を振られるとは。
あ~俺は今猛烈に感動している。(滝涙)

投稿: 松永 | 2008年12月 6日 (土) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/43329003

この記事へのトラックバック一覧です: それは先祖の霊毛で織られた・・・嘘です:

« こだわりを肥やしとして咲く華々 | トップページ | 晩秋といえば肉料理 »