« うだうだしながらこの週末を振り返る | トップページ | 名レシーバー »

2008年11月27日 (木)

超弩M二輪大会

 前回からのつづき。

 ちゃっぷい、ちゃっぷい岡山国際サーキットの朝。9時からの予選を目掛け7時から活動開始です。

 昨日急いで組んだタイヤ周りのトルク管理、セーフティーワイヤ掛け、そして空気圧を見てウォーマー巻き巻き。周回数から逆算して、予選走行後ガソリン残量が1L残らないようにギリギリのガソリン給油。ライダーが重いので他の部分でデッドウエイトは出来る限りなくします。

 準備万端、後はやけどの手をどの仕様で走るかです。痛いけどレーシンググローブの中にゴム手袋無しでダイレクト感を重視か、それともアクセル全開時にタイムラグがあっても、「あまり痛くなぁ~い」ゴム手袋使用するのか・・・。5秒ほどよ~く考えた・・・男子の本懐ここにあり。5周耐えればいいんです。予選はコントロール性を取って痛いので行きます。

 で、走ってみると寒いわ痛いわのあっという間の予選で、タイムは1分58秒台・・・・ドベから数えて三位・・・(つд⊂)エーン

 ベスト1分50秒フラットはいずこ(´-д-`)

 帰ってきて、あまりの痛さに自分でグローブ脱げなくて、桑森さんに「介錯お願いいたし候」じゃなくて「自分じゃ痛すぎて、とてもグローブ一人で脱げないので、エイヤッって引っ張って脱がせて」と頼み込むも、「ビッ」と引っ張られるもグローブ簡単には脱げず・・・二度ほど失敗。腕まで痺れるほどの痛み。グローブに患部が貼り付いていたみたい。それが剥がれてまた血ぃ出てます。

 流石にこりゃいかんと、医務室まで行き、伏目がちに「おっさんよぅ~。最高のカットマンの腕見せてくれや、」と矢吹丈の「丈」と松永法丈の「丈」つながりで、ジョーになったつもりで拳キチのオッサンに止血を頼んでいるシチュエーションで行こうと思いましたが、あいにくこの日のサーキットドクター女性でした。○|_| ̄ =3 ズコー

 アイスクリームを食べる時に使うへギ匙のでっかいヤツに、たっぷり白色ワセリンをすくってもらい、それを自分で塗り塗り。血を止めながら患部をソフトにするのです。

 患部にワセリンたっぷり+ゴム手袋で決勝は行きます。ワセリンおかげで親指の曲げ伸ばしが本当に楽になりました。

 それではスタ~トォ~!をぉ!!まずまずのスタートです。で一コーナーに向かっていくと左右から皆さんがせってきます。これじゃ逃げ場が無くなるのでちょっと様子を見ていると後ろの二台が割り込んでこられました。でも慌てない。だってこの混みようだとこのラインは行き止まり、ちょっとアウト目にライン変更1コーナーアウト目から切り替えし2コーナーに向かうインよりのラインで一台捌きます。つーかやけどのお陰でマージン取りすぎっていう位のスローテンポ。いつものテンパッテいる私とは大違い、周りがよ~く見えているのだ。

 二・三台の集団にくっつきながら走っていると、先ほどぬいたDUCATI、なんとmakotoさんお得意のダブルヘアピン通せんぼラインを使われて、私、進入で刺されました。

  (ノ∀`) アチャー。ゴム手袋しててもこのコーナーは手が痛いのよね・・・ブレーキングが甘いのを見透かされちゃったのだ。そのままついていくとセクシーナイトマイクナイトコーナーでアクセルが開け切れて無い感じ、最終前の短い直線で横に並び、そのまま最終コーナーでぬき返し、目の前にプラスワンの花房選手発見であります。

 この周はこのまま走り、そして次の周、大好きなモスSでスピードを・・・アトウッドブレーキング辛い・・・ここでちょっとアウトに膨らみましたが、坂の途中で花房選手をパス。次、目の前には黄色のDS。インフィールドをうまくまとめて差を縮め、最終でテールトゥーノーズ、メインストレートで「をぉぉぉぉスリップが効くぅ~伸びるぅ~」とスリップストリームに付き1コーナー手前でスリップから抜け出てパス。予選時よりポジションを一つ上げたところで前を見ると前車との間には結構差があります。今回はもう満足です。手負いなのでマージンをもって走ろうと走り出すも一人旅。それではと、残り周回を、「ココは一速高めに入ったら立ち上がりの加速はどうだ?」とか「シフトを上げて直ぐ下げる、忙しい乗り方はどや?」と練習走行みたいな事をしながら走っています。こんな時、直ぐ結果がわかるP-LAPって素敵。

 その結果わかったこと。裏直後のヘヤピンは今まで2速でしたが、その後が下っているコースレイアウトのため、私のGUZZIでは3速でも無問題!

 ・・・レース時にする事じゃないですよね・・・だって一人旅で寂しかったんだもん。

 そのままの順位で無事にチェッカー。ベスト1分54秒台・・・ちょっとゆる目のレース内容でしたが、私のエグゾーストノート、川井さん届いたでしょうか。

  なんだかとても痛かったこのモト・レヴォリューションでした。

|

« うだうだしながらこの週末を振り返る | トップページ | 名レシーバー »

コメント

お疲れ様でした~
あーいたたたた!
って読んでてなりました。
また来年もあそんでくださいね!

投稿: かっぱ | 2008年11月27日 (木) 09時24分

激痛の中、お疲れ様でした。
今度は筑波でゆっくりしていってね!

投稿: Ken@PASO750R | 2008年11月27日 (木) 09時46分

かっぱさま
来年の話をすると鬼が笑いますが、来年もよろしこです。
オフの間、ヒラマサ師匠に模型製作を学びましょう。(・∀・)ニヤニヤ

Ken@PASO750Rさま
あまりゆっくりできないのだ。
バッと来てザッと走ってズバッと帰ります。

投稿: 松永 | 2008年11月27日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/43230849

この記事へのトラックバック一覧です: 超弩M二輪大会:

« うだうだしながらこの週末を振り返る | トップページ | 名レシーバー »