« かっぱさん&ヒラマサさん来鳥でありますっ! | トップページ | DUCATI喧嘩大将? »

2008年11月 5日 (水)

ねらいの無い「美」には敵わない

 ちょっと前の事です・・・ガンプラ製作に熱を入れるあまり、食べる物も「ざっ」と掻き込むだけ、夜も寝ない、最後の一週間は筋トレもお休み・・・そんな殺伐とした修羅場の生活環境が続いていたのですが、そんな環境の中、一通のお手紙のあまりのセンスの良さに言葉を言葉を失ってしまいました。

 手紙の内容は、西田モータースの西田代表へ、日頃お世話になっているお礼方々、秋に鳥取の二十世紀梨を贈ったのですが、そのお返しに横浜の中華まんを・・・と言った内容のお手紙を奥様がしたためられているのです。でもね使われている便箋が松永的にはもうただ事ではないのです。

 何が凄いかって?初めこのお手紙を拝見した時には和紙の模様か何かかな?と思ったのですが一番下に「キュウ画」の文字。そう西田家の三歳のおぼっちゃまキュウちゃんによるクーピー画なのであった。

 でもね幼児ゆえ「上手くやろう」と狙っていない事で、プリミティブな何か凄みを感じませんか?私はこのキュウちゃんの線画を「かわいい、美しい」と思われた西田夫人のセンスの中に、幼児画の中に美を見つけ、それを目指したカンディンスキーやクレーといった画家達が持っていたセンスと同様の物をお持ちのような気がしますし、キュウちゃんの下絵に書をしたためられているそのコラボ感、これって俵屋宗達の下絵を使った本阿弥光悦の書巻と同じじゃないですか。(褒めすぎ?)

 ちなみにこのお手紙を、家のオフクロにも見せたところ、「(・∀・)イイ!」と大絶賛しておりました。

  前置きが長くなりましたね。この手紙は西田代表にBlog上で公開することを承認済みです。

 見てください、西田夫人の、この見立て、アートディレクション能力!

  

Imgy041545580001 

  あぁ・・・西田モータース西田代表も、速くて美しくてカッコイイ二輪レーサーを作らせたら天下一品のセンスの持ち主ですが、その奥さんも只者ではなかったのである。

 眠い目を擦りながらガンプラ製作中、中華まんと、この手紙でずいぶん元気付けられたのは事実です。

 皆様は、このお手紙に何を感じられますか?

|

« かっぱさん&ヒラマサさん来鳥でありますっ! | トップページ | DUCATI喧嘩大将? »

コメント

(≧∇≦)c(>ω<)ゞひとの嫁さんほめるなら、
自分もはよみつけい。c(>ω<)ゞ
全体のバランスもグッドやなぁ。
西田嫁氏のセンスに一票(≧∇≦)

投稿: たたら | 2008年11月 5日 (水) 00時54分

うーむ。
こ、これは真似できない配色。
自分が小さかった時、どんなカンジに白い紙に
向っていたかな...と思いだそうと思ったけど
思い出せない。

あの頃しか書けない絵なのかなあ。
尊敬。

投稿: Ken@PASO750R | 2008年11月 5日 (水) 04時19分

Kenさま
こういった子供のグジュグジュ~って描いたのを、美しい、可愛い、と感じられる好奇心や感受性が大切なのですね。

たたらさま
>(≧∇≦)c(>ω<)ゞひとの嫁さんほめるなら、
>自分もはよみつけい。c(>ω<)ゞ

まあ・・・それは・・・“Let's it be”つーことで。

投稿: 松永 | 2008年11月 5日 (水) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/43009305

この記事へのトラックバック一覧です: ねらいの無い「美」には敵わない:

« かっぱさん&ヒラマサさん来鳥でありますっ! | トップページ | DUCATI喧嘩大将? »