« メガネッ子の正体は!? | トップページ | テキーラにやっつけられました »

2008年10月 3日 (金)

ここにあったのね

 このBlogを始めた頃の懐かしいエントリー「SUPERCALIFRAGILISTICEXPIALIDOCIOUS!」の中で書いたBenelli 250/4。

 その後、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの記事の中に小さく写真に撮られていたのをエントリー「Return of The Missing Ring」で報告させていただいていましたが、終にこの伝説的なマシンの居所が判明いたしました。

 ちょっとエントリーのネタ元のウラ取りをしていて、NETの海をフラフラと放浪していて、イタリアのモルビデリ博物館の展示所蔵品の画像を調べていて驚いた・・・ここにあったのであります。

 なんだか、ずっと心のどこかに引っ掛かっていて、それが偶然にも向こうの方から「ここにいますよ」と言われたよう。やっぱり「無駄だ」とか言って直ぐ諦めないでいると、何とかなる物なのですね。まあ、それが世界を巡るNETの力と言われればそれまでなんですけれど、求めてないと会えないのは真実なのだ。

 初めてこのマシンを知った大泉のプロタージャパンの岡部邸、そこでイタリアの二輪誌の付録としてついていた小冊子の中の白黒の写真(それがSUPERCALIFRAGILISTICEXPIALIDOCIOUS!に上げている写真)の頁を「戦前にこのスペックすごいな~ぁ」と食入るように見て以来、もう五年は経ちますか・・・(遠い目)。

 あんまり能書きが長くなるのは良くないですね。

 その奇跡のマシンはこれです。モルビデリ氏のことですからキチンと動態保存なんでしょうね。

Dscn3108_fs

|

« メガネッ子の正体は!? | トップページ | テキーラにやっつけられました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/42665583

この記事へのトラックバック一覧です: ここにあったのね:

« メガネッ子の正体は!? | トップページ | テキーラにやっつけられました »