« 鳥取ブートキャンプ | トップページ | 消耗戦 »

2008年7月31日 (木)

「水中モーター」は夏の季語

 さてさて、終にやってきた甥坊主。

 我が家では作業机とカッテイング台を用意して、甥の為の工作、陸・海・空の三軍が編成できるように、鳥取工廠設営済みで待ち構えておりました。

F1010048 本日のお題はタミヤ社の新製品、ミニ・水中モーターの製作です。「ちょっと待て。新製品?水中モーターは子供のとき遊んだで」との声が上がりそうです。実は元祖水中モーター(マブチ社製)は、その権利がタミヤ社に移行され単三電池使用だったそのボディーは今回単四電池仕様となり、一回りコンパクトになって新たに登場したのです。しかもそのCAD設計をされたのは、このエントリーに登場のMV仲間のU野さんだ。

 水中モーターと言えば水遊び、水物と言えばこのオープニングテーマでとりあえずテンションアップしてから次に行きましょう。“海底大戦争 スティングレイ”のオープングテーマ!

 それではいってみよう!!→(ポチっとな) 

 テンションが揚がったところで細かいところを見てみると、防水性を高めたOリング。樹脂素材の熱可塑時の収縮率をきちんと考慮され、玩具といえども逃げてない工作公差の金型技術。なのでパーツもぴっちりピッタリのはめ合い。でも、このように機能が向上し、ちょっとコンパクトになったとはいえ、あのフォルムはちゃんと健在。この辺がタミヤ社の先達に対するリスペクトが垣間見えて、私のようなオジさん世代には好感度アゲアゲなのだ。 

 さあ作りましょう。甥にニッパとカッターナイフを持たせ、刃物の使い方を注意させながら、後は手を出さずやっている事を看るのみです。

 ・・・悪戦苦闘中。

 設計図見ては組み立て、また設計図を見ています。

 甥よ、設計図は見るものではなくて読むものなのだ。

F1010050 「できた~っ」と通電させスクリューを回して一喜び。

 ちゃんと動くか発泡スチロールのトレーに付けて、お風呂で実験です。

 甥、服が濡れるのも気にせず物凄い興奮度。これで機関が完成です。 船体は私が会社に行っている昼間に、PETボトルや、かまぼこ板や、発泡スチロールを使って、おじいちゃんと艤装する段取りになっています。初めての本格的な工作で、ちゃんと水面を走る船が出来上がるのか。何事も経験が大切です。

 此処で一句

  濡れ衣(ころも) 水中モーターしか見ぬ児(こ)

 ・・・おそまつ。  

|

« 鳥取ブートキャンプ | トップページ | 消耗戦 »

コメント

おや、懐かしい。
森永さんの乳飲料で、「マミー」なるものが御座いまして。
懸賞品に、水中モーターがあったのを、手中にしました事を思い出しました。 飲み物のキャップを送った様な、、
素直な、可愛い子供だったな~。 今なら○○王子って、呼ばれるんでしょうなぁ。  絶対に。

投稿: クニちゃん | 2008年7月31日 (木) 10時10分

クニさま
>今なら○○王子って、呼ばれるんでしょうなぁ。  絶対に。
今でもお呼びしますよ。
「水曜岡国王様」と。
練習量凄いですね。

投稿: 松永 | 2008年7月31日 (木) 11時50分

いらぬおせっかいかもしれませんが。。。。
実家には錦鯉の養池が有り子供の頃このモーターに夢中になるあまり池に「どぼん!」でした。
子供って頭が重いのですぐに落ちちゃいます。
くれぐれも水の事故、お気をつけ下さい。
「嗚呼!なつかしのマブチモーター。。。。」

投稿: VCE | 2008年8月 1日 (金) 15時29分

VCEさま
>くれぐれも水の事故、お気をつけ下さい。
了解であります。
明日が進水式ですw。
我が甥は、熱中すると本当に周りが見えなくなる子なので、私がつきっきりで見ることにします。

投稿: 松永 | 2008年8月 1日 (金) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/42008690

この記事へのトラックバック一覧です: 「水中モーター」は夏の季語:

» 金型4社、共同受注や資材調達で連携 [鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み]
金型4社、共同受注や資材調達で連携 将来は20社規模 金型設計・製造のペッカー精工(埼玉県東松山市)など4社は共同出資会社を設立し、資材の共同調達や生産協力に乗り出した。鋼材価格が高騰し、アジア企業とのコスト競争で劣勢に立たされているため。コスト削減だけでなく、各社の設計・加工技術を持ち寄って共同開発なども進める。全国の金型関連企業に呼び掛け、将来的には20社程度の組織に拡大する。 新会社「マザー... [続きを読む]

受信: 2008年7月31日 (木) 21時23分

« 鳥取ブートキャンプ | トップページ | 消耗戦 »