« Bentley Girls and Boys | トップページ | 夢中の番組 »

2008年6月 3日 (火)

この音最高!

 一見さんじゃないこのBlogの読者の方々なら先刻承知の介、私の数ヶ月に一度出る発作、通称:多気筒エンジン発作。

 その発作がマタマタ出ました。

125monkey なんと、ホンダのモンキーを自製125cc四気筒エンジンにしちゃった御仁が、ドイツにいらっしゃると言う記事が、私の大好きなサイト“The Kneeslider”に出ていたのだ。

 その記事はこちら→(ポチッとな)

 最後にYouTubeの動画が貼り付けてあるのでそれを観てもらうとわかるのですが、とにかく音が良いよねこのエンジン。なんだかハートを揺さぶられます。

 Kneesliderの記事の最後には、作った本人のHPへのリンクが貼り付けてあるので、興味のある人は行ってみて下さい。シリンダーヘッドの構造が良くわかる画像が載っています。 

 本当に、こういった記事を目にすると、「すごいなぁ~」って感心するんですが、それと同時に、「どうだっ!このエンジン!俺が作ったんだ」って言うようなプライベーターの御仁が、今の日本にはいないって事に、なんだか寂しく思われてしかたのない今日この頃です。

|

« Bentley Girls and Boys | トップページ | 夢中の番組 »

コメント

痺れる音色ですね~。
絵と音がミスマッチなのも面白いなぁ。

投稿: rev | 2008年6月 3日 (火) 01時45分

日本は自作マシンだと公道認可されないのが、バックヤードビルダーが育たない原因でしょうか。
スーパー7も本来はキットカーなのに、完成車の状態での輸入でなくては認可されなかったそうですし。

投稿: HANA! | 2008年6月 3日 (火) 19時41分

これは懐かしい四発の音っすね!しびれます!

投稿: 走るモトルネ主催者2:横部 | 2008年6月 3日 (火) 22時05分

revさま
>絵と音がミスマッチなのも面白いなぁ。
そうそう、そこが良いんですこの動画。

HANA!さま
バックヤードビルダーと言うよりも、サーキットを舞台に、日本版キム・ニューコムやジョン・ブリッテン、バート・マンロー、エリック・ビューエルが生まれて欲しいなぁ~なんて思う訳です。

走るモトルネ主催者2:横部さま
>しびれます!
いやいや、この前のモトレヴォ時の、貴殿の駆るトライアンフのノートもホンマたまりませんでした。

投稿: 松永 | 2008年6月 3日 (火) 23時32分

「バッカだなぁ・・・。」という賛辞を送ります。

いやぁ、久しぶりに笑いました。
人が走れば追いつきそうな速度で、「フォーン!」と。
しかも、かなり近所迷惑そうな場所で・・・。
更に、3LAP目くらいから軽いハングオンも加わります。

「エンジンの前に足回りを・・・。」とかいう理屈が
通用しないワールドです。

ご紹介いただきありがとうございました。

投稿: ふりゅっげ | 2008年6月 5日 (木) 00時23分

ふりゅっげさま
ふりゅっげさんは、こういったのがお好みですか。(ニヤリ)
そうですか。(ニヤリ×2)
これを真面目にRS125のフレームに積んじゃったりするといけない訳です。
モンキーってのが味噌なんですよね。(ニヤリ×3)

投稿: 松永 | 2008年6月 5日 (木) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/41410535

この記事へのトラックバック一覧です: この音最高!:

« Bentley Girls and Boys | トップページ | 夢中の番組 »