« 今週末は岡山国際 | トップページ | 砂は降る・・・ »

2008年3月 5日 (水)

デイトナよりの便りに勇気付けられた一日

 昨日、仕事の昼休み、「デイトナよりの報告が何かされているのでは」と、K井さんのBlogに行ってみると、その内容に大変驚いたのと同時に、そのエントリーを読みながら不覚にも熱いモノがこみ上げてきたのです。

 そのK井さんのエントリーはココ、ポチッとな→

 これから書く事は、K井さんのリザルトを私が喜んでいるようで・・・なんだか大変申し訳ないのですが、K井さんのおそらく日本最速であろうDUCATIの996レーサーが、オーストラリアのメルボルンで組まれた1600ccのVincentに一勝一敗の五分のリザルトだったと記述をされておられ、そのマシンの写真が添付してあったのです。

 その名もIrving Vincent1600。Vincentがお好きな方ならこの名前でニヤリですね。名前の由来は、そうVincentの伝説的なエンジニア、Phil Irvingの“Irving”なのだ。

 Irving Vincent社のHPはこちら→

 よくお判りではない皆様に説明すると、このVincent基本設計は1936年なのです。もちろんこのレーサーは、フロントのガターフォークはオーリンズの倒立になってますし、ブレーキもラジアルマウントのロッキード(英車なのでロッキードなのが泣かせる)、排気量もオリジナルの1.6倍になっているし、プライマリードライブはチェーンからギア駆動に、気化器はインジェクションをMoTeCにより制御。ただリファインされているとは言え、フレームはあのヴィンセントのモノコックフレームのようですし、スイングアームもオリジナルを踏襲した形状になっているようです。

Motoguzzi_lemans_ii クラシックな車両に手を入れてモダンな車両と戦う、これって、私が1978年式のMOTO GUZZIのLeMansIIレーサーで目指しているものそのものなのです。私のマシンよりも基本設計は40年前のIrving Vincentに比べたら、私の愛機「ロシナンテ」なんて洟垂れ小僧ですね。

 やっぱり世界は広い、デイトナ行かなきゃです。

 正味の話このBlogのエントリーをお昼休みに読んで、「私の目指していた事は間違ってなかった!」と勇気をもらい、それと同時にこのようなレベルまでVincentを磨きげた技術と、やったものだけが理解できる目に見えない苦労に感じ入ったのです。(涙)

 ホンマ、良い副作用として、仕事に忙殺されてヘナヘナだった自分にやる気が出て、午後からの仕事にもメリハリがでました。

 基本的に馬鹿なので、直ぐ影響されてその気になるのでした。 

|

« 今週末は岡山国際 | トップページ | 砂は降る・・・ »

コメント

フィル・アービング!?ええっ こんなのあり~スゴイ!!

パトリック・ゴデ氏の'Le Gros Avion'に憧れてましたが

これはホントに凄すぎ!!

ビンセント、ハーレーWR、インディアンボードトラックレーサーなど、どうしても後方シリンダーに熱害が出でる(冷えない為)とお聞きしますが、ドカもグッチも両シリンダー冷える様になってるので、その点でイタリアンは基本設計が素晴らしいと思うのですが・・・・・・・・・・・

「私の目指していた事は間違ってなかった!」って

神宮司さんのサイコフレーム製のνガンダム!? もといLeMansレーサーでレース三昧! ウラヤマシ~!!

男心はバート・マンローですよね!!


投稿: ZACKINO | 2008年3月 5日 (水) 02時38分

この会社、ウチからそんなに遠くなさそうです。
車で40分くらいかなぁ。
時間が取れたら様子でも見に行こうかな・・・と。

投稿: 瓶星 | 2008年3月 5日 (水) 05時30分

K井さんのDUCATIに勝つヴィンセントって・・・
ほんと世界って広いですね
変な感じです

投稿: T | 2008年3月 5日 (水) 08時46分

ヴィンセントちょっとムキになってバトルしました。
相手は週末SUPERBIKEで走るライダーとは言え、負けれません…でも1コーナーリアをスライドさせながら、向きを変えていく走りに思わず見とれてしまいました。
カッコイイ… クラシカルなデザインとその走りは本当に美しい…デイトナ来て良かった~!(^^)!って走りながら感動しました。次回は必ず倒します。勝たせませんから~

投稿: K井です。 | 2008年3月 5日 (水) 13時47分

こういうのをスーパーモディファイとでもいうのでしょうか。

>やったものだけが理解できる目に見えない苦労

激しく同意です。
それにしてもこの情熱はすごいですねぇ。。

投稿: VCE | 2008年3月 5日 (水) 15時26分

ZACKINOさま
>パトリック・ゴデ氏の'Le Gros Avion'に憧れてましたが
そーとーマニアですね。
でもなんであだ名が“でっかい飛行機”?
カスカートさん教えてください。
ちなみにこの前、Dunhillの広告で使われていた、エグリ・ヴィンセントは、フリッツ・エグリがライセンス生産を許可した、ゴテ氏の手によるものなんですよね。

瓶星さま
まってました。
メルボルンって文字、見た時から「多分行くな」って。

Tさま
>変な感じです
ですねぇ~

K井さま
>1コーナーリアをスライドさせながら、向きを変えていく走りに
>思わず見とれてしまいました。
バトルしながら特等席ですか。
たしかに、ブラックマークつけながら立ち上がっていく、モーターサイクルはカッコイイですもんね。
でも、K井さんもそうだとおもいますよ。
前後輪のスリップ率のデータをロガーで確認してみてください。
リザルト見ると、ポーレンはやっつっけられてますよね。(笑)

VCEさま
コレが男泣きせずにおられようか。

投稿: 松永 | 2008年3月 5日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/40375530

この記事へのトラックバック一覧です: デイトナよりの便りに勇気付けられた一日:

« 今週末は岡山国際 | トップページ | 砂は降る・・・ »