« 松田風籟 | トップページ | インディ4 »

2008年3月27日 (木)

ありがたっくって涙が止まりません

 かねてより、高校時代からの友人が、F.B Mondial 175のレストアをモト・ラボロに依頼しているとの事をエントリーに書いていました。

 最初はジンさん、あまり乗り気じゃなかったのですが、私が「ジンさん以外に任せられないんですっ!」と「やんわり」とねじ込んだものだから、仕事を請けてくださいました。かつて外車と言えば溜池界隈と言う時代がありましたが、ジンさんは現役の溜池世代の職人さんなのです。

 そう、無いものは作ってくれますし、修理の利くパーツは、交換じゃなくて修理してオリジナルの物を残して、塗装もビカビカにしないで雰囲気のある・・・てな感じでお仕事をしてもらえるのだ。

 そして、そのジンさんから信頼をされ、今回の塗装仕事を請けてくださっている、ペイントショップの “airplants”(エアプランツ)さん。

 airplantsさんもBlogを書かれているようなのですが、そのBlogのここ最近のエントリーが、この友人のF.B Mondialの塗装について書かれておられるのです。

 F.B Mondial

  F.B Mondial レストアその2

 F.B Mondial レストアその2(やり直し)

 コレ読むとね、ありがたくって目頭が熱くなるんです私(マジですよ)、手間隙掛けて此処までやってくださっているのかって。(実は私のLeMansレーサーのロシナンテ号も此処のお仕事なんです。)

 このレストア中のマシンオーナーの友人も、airplantsさんのBlogを見て、海外長期出張中の身でありながら、赤道を越えた南半球で、うれしさのあまり、管楽器ディジュリドゥの調べに乗せて、アボリジニの方々と焚き火の周りで踊り狂っていることと思います。

 今年は半世紀前のマシンの復活と相成りますや、あと少しの辛抱です。   

|

« 松田風籟 | トップページ | インディ4 »

コメント

ホントありがたいです。
今朝見てすぐに、あちらのブログにおじゃまして足跡を残してきました。
いろいろな方のおかげで、ゆっくりですが確実に進んでいます。
ただ残念なことは、こうして画面でしか見られないというところでしょうか・・・考えようによっては、遠くにいてもこんなに簡単に見られるというのは幸せなのか・・・いや、やはり不幸せなのか・・・
どちらにしても、このようなバイク、それにまつわりいろいろな人に出会えたことは幸せです。 そしてこれからももっといろいろな方のお世話になると思います。
一年くらいは戻れませんが、こうして理想の姿、このバイクが活き活きとしていたであろう形になって行くのを、小さな画面の中ですが楽しく眺めております。
帰国して直接見るのが待ち遠しい。

投稿: 瓶星 | 2008年3月27日 (木) 21時41分

いい~話ですね。

名人達人と言われた中沖さんが居なくなり寂しい限りですが、airplantsさんの様な人が居る限り安心ですね。

塗装は奥が深いですね、最近のウレタン塗装は紫外線による退色、艶引けには強いのでしょうが、ちょっと味気無いですよね。

素晴しい下地処理!!やはり塗膜は薄く鏡面仕上げは大変なんですね。

投稿: zackino | 2008年3月28日 (金) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/40645680

この記事へのトラックバック一覧です: ありがたっくって涙が止まりません:

« 松田風籟 | トップページ | インディ4 »