« 師走のひととき | トップページ | 弟のプレゼント »

2007年12月 3日 (月)

Ambush

昨日は、機械獣・ガラダK7&ダブラスM2との二対一の戦いをした、兜甲児の気持ちがなんとなく理解できました。

  こんな〆方をした、昨日のエントリー。

 何故こんな事を書くほど疲労困憊したのか。原因は二対一の「かくれんぼ」です。

 家の一階部分を使って私が襖とかの物陰に隠れ、甥姪の兄弟が通り過ぎた所で「わっ!」と脅かすと、二人してピョコンと飛び上がるくらいびっくり。そしてここから「もう一回して」の無限地獄が始まります。

  子供は一度脅かされたポイントをまた見ます。でも、もうそこにはいな~い。メタルギアで鍛えられた私にAmbush(待ち伏せ)させるとは・・・愚かな。子供相手に大真面目のかくれんぼ。こういった遊びは本気度が高いほど楽しいのだ。って私は辛いけど・・・だって最後の方なんて、中庭の地面と縁側との間に匍匐して隠れてたりするんです。雨の中・・・←馬鹿。もう気分は映画“山猫は眠らない”のトム・べレンジャー演ずるスナイパーなのだ。

 何処から現れるか判らない私に対して、廊下を歩く歩みの一歩一歩も真剣です。7歳と3歳が周りを注意し私が居た過去位置を一つ一つ確認し、「あそこは・・・、さっきココに・・」なんてひそひそ話しをして彼らなりに気配を消しながら、ポイントマンは甥、バックアップは姪で廊下を行軍です。

 一度廊下を出発点から玄関までチェックして「どこだ?どこだ?」と折り返し、再び出発点に戻っている途中で「わっ!」と脅かします。

 甥、姪共に大興奮、三歳の姪にいたっては、エイリアン顔負けのよだれの量だ。

 こんな感じで私のこの週末は終わりました。

 次の週末は岡山国際へミニモト耐久のお手伝い、その次はモト・ラボロの忘年会で上京です。

 私に休息を・・・。

 

|

« 師走のひととき | トップページ | 弟のプレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/17255525

この記事へのトラックバック一覧です: Ambush:

« 師走のひととき | トップページ | 弟のプレゼント »