« 読書の日々 | トップページ | その皮下脂肪の下には・・・ »

2007年11月10日 (土)

応力抜きを「枯らし」といいます

 オフに入り、自主トレ期間に入りました。

 「自主トレ・・・・?別にプロスポーツやないんやから年中自主トレやろっ!」と言う声が聞こえてきそうなんですが、まあその通りです。

 これより今年いっぱいは、競技それぞれの姿勢による身体の負担や歪み、今年の度重なる転倒による軽い後遺症の軽減、つまり身体にたまった残留応力抜きが始まります。今現在も直接地面に着地した左肩よりも、その後でんぐり返りで打った右膝の具合が芳しくないのだ・・・。

 昨日、トレーナー師から「来週からのメニューで来てます。BOXに入れておきました」と言われたのでメニュー表を見てみると。

 「なっ・・・なんですかこの量・・・トレーニングメニュー一日じゃ完結しなくて、三日間かけて一回りですか。しかもそれぞれのセット数めちゃめちゃ増えてるし・・・トレーニング初心者の方がココに来てやるトレーニングメニューがアップになっているし、それが終わってから本トレーニング開始ですか!!!」

 も~う、ホンマに何事も容赦ないんだから「私ってば!」(by三日月)

 しかし我に返りメニュー表をじっと見れば「私ってば」なんておどけていられないほどのハードメニュー。トレーナー師におそるおそる詳細を伺ってみると。

 「松永さん、なんやかんや言って、毎日来られて身体を動かされているので大丈夫でしょう。辛かったらその時は言ってください、メニューを変えます」って・・・こんなん言われ方したら、悔しがりな私の性格上「辛い」なんて絶対言わないのを見越して、布石を打たれた気がします。きちょ~っ!!

 シーズンインには「枯れた」身体で帰ってくるのだ。ちなみに余談ですが、鋳造クランクケースも枯れた方がいいのだ。

 サンデーレースはシーズンオフですが、古流剣術にオフはありません。

 更なる高みを目指して、本日も夕刻より坊主頭から湯気出しながら稽古です。

 あ~負傷の事、又、直ぐにバレるんだろうな。

|

« 読書の日々 | トップページ | その皮下脂肪の下には・・・ »

コメント

ツーリングって行かないんですか?

サーキットも良いですが,武者修行が肝心かと.
臨機応変な体のさばき.
いいですよー.

投稿: mosan | 2007年11月10日 (土) 16時58分

mosan先生
あ~春以降行ってないです。
ツーリング・・・雪が降る前に走らねば・・・。

投稿: 松永 | 2007年11月10日 (土) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/17029812

この記事へのトラックバック一覧です: 応力抜きを「枯らし」といいます:

« 読書の日々 | トップページ | その皮下脂肪の下には・・・ »