« 復活修理中(私自身の・・・) | トップページ | 剣を持って向き合えば、全てお見通し »

2007年10月28日 (日)

ジンクスってのをちょっと信じたくなるような・・・

 数々のライセンスの更新、レースエントリーフィー、航空運賃、高速代、etc・・・大金が一気にと言うわけでは無いのですが、こういったちょびちょびの支払いの蓄積がボディーブローのように効くのです。働けども働けども我が暮らし楽にならず・・・って使いすぎだっちゅーねん。終いには、ミニモト耐久の帰りに、パンダ色の車に乗った追っかけに、サインをせがまれ、青い紙にサインをするはめに・・・郵便局にて7,000円支払いました御国に・・・。

 こんな折、会社の建物の裏で、とあるもの発見。ちなみに以前のエントリーにも書きましたとおり、私の勤める会社、周りが田圃なのです。

 それは、映画「若大将」シリーズ、飯田蝶子さん演じるお祖母ちゃん曰く「ブルージェネラル」、青大将の立派な抜け殻なのです。(別に田中邦衛さんの皮があるわけではないは、解かってるよね)

 で、よ~く観察すると、目玉の皮・・・?まで脱いでいる・・・目蓋じゃないのよ、綺麗に目玉の形にドーム状の皮があるのだ。

 普段は唯物論者を気取って「げんを担ぐ」行為とかをあまり信じていないくせに、今回のような懐具合がちょっと厳しい時、「神にもすがる思い」とはこの事で、「蛇の抜け殻を財布に入れるとお金がたまる」と言った言い伝えを実証してみようと思い立ったわけです。

 それにしても長い立派な抜け殻、成長のためこの皮を脱いだとするならば、今は100cmはあるなこの青大将。この抜け殻を丸々は折りたたんでも財布入れるのはちょっと無理なので、机から鋏を持ち出し、状態が綺麗で、折りたたみやすそうな腹部の部分を20cm程チョキチョキ。コピー紙のサイズ違いで余っている綺麗な余白を、二つ折りにすると免許証と同じサイズになる大きさに切り出して、折りたたんだ皮をその紙に挟み、財布のカードホルダーの一番下に入れておきました。

 その翌日の深夜・・・ニューヨークのNasdaq市場をいつものチェック中、持ち株の中で株価が下がり続け、数回に及ぶナンピン買いをするも、どうしようも無くなって塩付けにしていた銘柄がいきなり、前日比2.5倍の株価に!!なにやら業界最大手と特許について訴訟中だったようですが、その大手が訴訟を取り下げるため、多額の和解金と、ライセンス使用料を用意したとの事、マジですか。耐え忍んだ株主生活幾年月、やっと芽が出てまいりました。

 それにしても・・・皮を財布に入れた翌日に!!

 若大将ならこう言うのでしょうか「こいつは愉快だ!」

 ただ、株を持っていたからって現金化しなければ、「意味無し親分」と言う事も忘れてはなりません。この度の和解金の一部は五年の分割払いとの事、なので私はもうちょっと様子を見る事とします。この判断が吉と出るのか凶と出るのか、それは又、別のお話。

|

« 復活修理中(私自身の・・・) | トップページ | 剣を持って向き合えば、全てお見通し »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジンクスってのをちょっと信じたくなるような・・・:

« 復活修理中(私自身の・・・) | トップページ | 剣を持って向き合えば、全てお見通し »