« スケールモデル5人展 | トップページ | 秋になり・・・ »

2007年9月 4日 (火)

小・中学生のリアル・スーパーカー

 突然ですが、こう見えても、私は公道を走るマシンに対しては、厳格なるオリジナル派なんです。(勿論レーサーは、競技の道具なので私の身体に合うように弄ってます。)

 メーカーが用意したものをそのまま乗る。この前の転倒によるロシナンテの修理費を何とかするために、泣く泣く売ってしまった街乗りLeMansIIも、MV以外のもう一台の虎の子で、今ちょっと車検が切れてしまっているLeMansIも、馬鹿真面目な程メーカー出荷状態保存なのだ。ちなみに車外部品は転倒時、空冷フィンの欠けとプラグキャップを守るグッツィ・ガードだけ。

 この前、こんな業の深い私を「あぉぉぉぉぉぉっ!!!」と唸らせた、一台の車両が街に停めてありました。

 これだっ!

20070902135818 スーパーカーブームの時、子供が本当に自分で運転できた子供のためのスーパーカー。 この車両に遭遇した時、幸運にも自転車に詳しい友人と一緒だったので、鑑定してもらうと、なんとこのオーナー、ほとんどオリジナル状態で乗られておられるとの事。

 鍍金のかかった荷台も、フォグのへの切り替えトグルスイッチの付いた四連ライトシステム、スーパーカーシフトと呼ばれた当時のリレーラー、ポジション調整のために当時の取り付け方法とは天地逆に付けられているセミドロップハンドル、自転車のメーカー名が白くペイントされているタイヤ、そして70年代のモーターサイクルと同じようなしつらえの合成皮革張りのシート。

20070902135838  そして特質すべきは、この後輪のディスクブレーキシステム。

 見よ!このマシンの醸し出すこの雰囲気。私の持つMVとか、GUZZIに近いものを感じます。四輪で言えば、マセラティ・ギブリとかカムシン、ランボルギーニでいえばエスパーダとかハラマ、アルファのモントリーオールにも同じ雰囲気を感じますよね。(ですよね、車二アな方々!)

 世間の子供達の夏休み最終日、私も、ガジェット感が盛り沢山だった子供時代を思い出した、夏の終わりの一時でした。

|

« スケールモデル5人展 | トップページ | 秋になり・・・ »

コメント

カムシン、エスパーダ、ヤラマ、モントリーオール・・・、
ちょっとやり過ぎて、失敗作でゲテっぽいイメージですが。

投稿: kuwa | 2007年9月 4日 (火) 23時38分

kuwaさま
>ちょっとやり過ぎて、失敗作でゲテっぽいイメージですが。
あれっ、私の記憶が確かなら「ハラマが欲しい欲しい」と買うた止めた音頭踊っていたの、誰でしたっけ?
「銭出して苦労買うようなもんだから止めれ」と、その人に言った気もしますが(笑)。

投稿: 松永 | 2007年9月 5日 (水) 00時06分

モントリオールが失敗作でゲテモノだと!

全然やり過ぎじゃないっすよ、まだまだ足らんです

偉い人にはワカランのですよ(笑)

「やらまいか・・・」

投稿: 蛇使いドリー~レッドスネークカモ~ン | 2007年9月 6日 (木) 12時53分

>「やらまいか・・・」
うほっ、kuwaさん好みの良い車(条件反射)

投稿: 松永 | 2007年9月 6日 (木) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/16336821

この記事へのトラックバック一覧です: 小・中学生のリアル・スーパーカー:

« スケールモデル5人展 | トップページ | 秋になり・・・ »