« cogito, ergo sum | トップページ | No.17 »

2007年8月 8日 (水)

人は皆、少なからず変態です

 吾が身は成り成りて、成り餘れるところ一処あり。故この吾が身の成り餘れる処を、汝が身の成り合わぬ処に刺し塞ぎて、國土生み成さむと思ほすはいかに。
古事記 島々の生成より

 ここにきてモト・ラボロ以外の、いろいろなショップの若手のメカの方々と遊んでもらえる機会が増えました。

 そこで発見した、今、キテいるメカの方々の傾向は、少なからずも変態君と言うことですっ!!(キッパリ)

 以前にこのBlogで紹介したデライトの若手、伊藤メカは、よくよく話してみると、なっなっなっなんとBimota真言宗の狂信者であった事が発覚しました。「僕、お金があったら、レッドバロンが持っている日本にあるマントラの新車のデッドストック、全部買い占めたいんです!!!」と何とも豪気な発言。ちなみにご自分用のマントラはレーサー仕様となっているそうな。あ~サーキットを駆けるマントラレーサーこの眼で見てみたいじょ~。

 そしてこの週末のモトレヴォの折、更なる変態君を発見いたしました。

 それは、DUCATI広島のメカ、お客様から主治医と呼ばれて誉れ高いハマちゃんです。

Hamachan ハマちゃんは自分の748spを愛して愛して止まない御仁。今回のモトレヴォの前日練習後、日もとっぷりと暮れたパドック内、ピットの中で彼が何をしていたかと言えば、愛機とまるで一つに成らんと、カウリングの形状、タンクの切り欠けにぴったりと自分の腕をフィッテイングさせ、タンク前部のキーシリンダー部の抉りに顔を埋めイメトレをするこの姿・・・ヤヴァイです・・・748の形状はハマちゃんのためにあるように思えてくるほどの一体感、本当に748と一つになろうとしています。モーターサイクル版ヴィデオドロームと言いましょうか、フェティシズムの極致と言いましょうか、まるで機械との情交ですな。

 この状況を目を細めながら見守る彼の上司、DUCATI広島のSストアマネージャー。「ハマちゃん良いよぉ~少しくらい変態君でも」って・・・「少し」と違うような・・・(滝汗)。そのハマちゃん、仕事でお客様の749Rに試乗した後「くそっ・・・くそっ・・・」と小声で独り言をぶつぶつ、Sマネージャーが理由を聞けば、「これ、僕の748より速いです。くそっ・・・くそっ・・・」と、その位自分の748spにぞっこんなのだ。

 ともかくこのくらいの変態君なら、機が熟した暁には何かムーヴメントを起こされるような気がします。未来の大物の予感。

 とりあえず「ヒゲと坊主」は彼のお決まりのファッション。「ヒゲとボイン(by小島 功)」ちゃいますよ。←当たり前!サーキットのパドック、人も疎らな夕刻に、ヒゲと坊主の御仁がピットの中で748にぴったり一つになってイメトレをしているのを見かけられたら、それはハマちゃんと彼の愛機です。その時は、マシンと彼の大切な時間を邪魔しないで、そっと遠巻きに見守ってあげていてください。 

|

« cogito, ergo sum | トップページ | No.17 »

コメント

ハマさんのマシンとの一体感「愛おしさ」写真、凄くイイです。
諸星大二郎「うつぼ舟の女」での裸体で卵を抱く異界の女の図にも似ています。
(変な例えですみません、私も変態なのでかんべんしてください)

投稿: zuka | 2007年8月 9日 (木) 06時33分

ありがとうございました。
大受けに受けました。

でハマちゃんなるかたですがまさにエイリアンクイーンに抱かれた
シガニーウィーバーを彷彿とさせます。(笑)

多かれ少なかれみんなこんなんですよねぇ。。心の中は。
ハマちゃんは思わず体で表現してしまったですね。

投稿: VERTICAL | 2007年8月 9日 (木) 22時38分

zukaさま
おーっ変態仲間、心の友!
おーっおっほおっほ!(byキンドーちゃん)
パレンケの石棺のレリーフに見える、私も変態です。
パレンケが判らんとな。
これじゃ。
http://2.csx.jp/~smx/file080.html

VERTICALさま
一説にはこの画像はハマちゃんではなく、スタート前、日向でガソリンが沸くのを防ぐための、断熱タンクカバーと言う意見もあります。
すいません・・・私、嘘をついてしまいました。 

投稿: 松永 | 2007年8月 9日 (木) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/16026397

この記事へのトラックバック一覧です: 人は皆、少なからず変態です:

« cogito, ergo sum | トップページ | No.17 »