« Pica pica | トップページ | コンクリ打ちっ放しは気持ちぃぃぃ »

2007年7月 9日 (月)

ベクトルこそ違えど「すげぇ」

 昨日、無事にロシナンテを受領し、帰って来ました。

 ちなみにRPは、東名高速・下り側・浜名湖サービスエリアでした。

 今日の本題はそんな事ではありません。

F1000099 実は、同日、 この浜名湖サービスエリアで旧車會の方々の会合があったようです。

 エンジンがついているものなら、興味津々の私、こんな機会はめったにありせん、「放って置くな」と私のゴーストが囁きます。早速、現場に貼り付き、観察君に変身です。

 もうね凄いんです・・・お金のかけ方が!!車両によっては、ホイル、ブレーキキャリパー、スイングアーム、全てのアルミパーツをバフがけした後ゴールドアルマイト処理してあったりします。げっ・・・こういった外装の処理だけ見ると、500万円コースのビモータみたい。

 塗装もしっかり手が掛かっています、全てクリアに研ぎが入っていて、色の変わる部分の段差が皆無です。私の愛機とベクトルこそ違えど、ディティールは目指すものが同じだったりするのがなんだか可笑しいですね。

 特に興味深かった一台です。

F1000100  何故に「氷」?メットまで・・・??

 でも先ほど書きましたとおり、クリアの水研ぎ、抜かり無しです。

 夏仕様なのでしょうか・・・?まさか「COOL!!」って事で、氷って・・・そんな事無いですよね。

 しかし・・・二輪にドリンクホルダーですか。永らく二輪に乗っていますが、思いもよらなかったです。

|

« Pica pica | トップページ | コンクリ打ちっ放しは気持ちぃぃぃ »

コメント

最近はこの旧車會のみなさんの年齢層もあがっているそうな。
あと10年後のこの會の皆さんを見てみたい。
BEET製のサイドカバーもう手に入れにくいらしいです。
実は一個もってたりして(爆)

投稿: VERTICAL | 2007年7月 9日 (月) 02時01分

ビカビカですね。この手の車両の中古金額って凄すぎですよね。
それってやっぱり研ぎ代?

私もウン十年前にリーゼントでZ400FXに乗って・・・

投稿: 番長ドリー | 2007年7月 9日 (月) 20時41分

VERTICALさま
>BEET製のサイドカバーもう手に入れにくいらしいです。
>実は一個もってたりして(爆)
まっ・・・まさかとは思いますが・・・
BEET製のサイドカバーを加工して、無理くり今お乗りのBMWに付けるなんて言われるんじゃ・・・ハイマウントカウリングと共に・・・。(笑)
「うそーっ」でも、ちょっと期待しました。

番長ドリーさま
この手の車両、「金沢とか京都の蒔絵職人の手によって作られている」と言われても、「あぁ、なるほど」と信じてしまうくらいの説得力が、あるんです。
これらの塗装の最終行程は、鹿の角の粉末を、手につけて素手で研ぎます。←ごめんなさいコレもうそです。(笑)

投稿: 松永 | 2007年7月 9日 (月) 21時07分

クラウザーの純正カラーリングはこの手の人には好評みたいです。
色使いのベクトルが同じだと思う。
白ベースに、紫、橙色、紺色の組合せと色数が負けていないと思う。

投稿: kuwa | 2007年7月10日 (火) 00時11分

kuwaさま
>クラウザーの純正カラーリングはこの手の人には好評みたいです。
>色使いのベクトルが同じだと思う。
>白ベースに、紫、橙色、紺色の組合せと色数が負けていないと思う。

「よしっ!わかった!」by犬神家の一族の警部(加藤武)
西田代表にハイマウントカウリングをキボンと連絡しよう、そうしよう。
パドックの皆に「ギザ、カコヨス」ってショコタン語で褒めてもらいましょう(笑)。

投稿: 松永 | 2007年7月10日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/15699477

この記事へのトラックバック一覧です: ベクトルこそ違えど「すげぇ」:

« Pica pica | トップページ | コンクリ打ちっ放しは気持ちぃぃぃ »