« それでは告白しよう | トップページ | 「ほんまもん」には気をつけろ! »

2007年6月17日 (日)

我、汝に命名す

 行って来ました、和歌山、無茶士邸、行きも帰りも丁度三時間半!!!これってひょとすると、時間的に広島に行くより近くないかい?

 つーことで、清貧号のエンジンコンバートです。そして外したノーマルエンジンをバラバラにして、この前のレースの影響のチェックです。

F1000070F1000069  こんなんになっちゃいました。あーあ、知ーらないっと。

 冗談はさておき、心配していたピストンピンとコンロッド小端部の焼きつきはありませんでしたが、ピストンピンはピストンとの間で軽い焼きつき状態に・・・ピストンと当たっている部分が、エロージョンを起こし、オレンジ色になっていました。やばーい!!!しかし、燃焼室やピストン裏を観察すると、空燃比は濃い目にでていますし、全開できていない雨の中のレース。この走行状況でこうだと・・・うーむ・・・やっぱりこの辺は潤滑をよ~く考えないと。

 そして用意してあった新しいエンジンを車体に積みます。なんと今回のエンジンは、六速化、125ccにボアアップ、鍛造ピストン、強化クラッチスプリング、FCRキャブレーターと、もう「清貧号」なんて呼べないくらいの内容なのです。

 去年の試行錯誤のおかげで、無茶士さんのお金を喰い荒すっていう意味で「ピラニア号」と名付けられた一号機に比べ、ノーマル状態なので「清貧である」って事で成り行き上、二号機を「清貧号」と呼んでいましたが、「こういった状況になると、そろそろ本当の名前が必要なんじゃ・・・?」なんて気になってきました。

 こういった物に名前を与えるって、魂を入れる意味でも、実は大切なけじめなのだ!

 う~む・・・セッテイングは私に任されています。そして耐久レースのイメージ・・・考え中・・・考え中・・・私が住んでいるのは因幡の国、因幡の国で耐久レースのイメージ・・・考え中・・・

 ・・・・・・・・・・・はっ!!!

 これだっ!

 我、汝に命名す、

 汝の名は、桂蔵坊

 無茶士さん、どうでしょう?

|

« それでは告白しよう | トップページ | 「ほんまもん」には気をつけろ! »

コメント

けっ! けつね(狐)ですかい。
じゃあ、京都か岡山で御祓いをしてもらってください。
出走前には、油揚げかおいなりさんでもお供えください。
軽快にはしって下さることでしょう。
どんべえもお忘れなく。

投稿: ocboo | 2007年6月18日 (月) 04時56分

”ケイゾウ” ってと http://www2s.biglobe.ne.jp/~higorin/
イメ-ジしたのですが・・・・
APの耐久にもエントリ-されているようです・・・

投稿: 無茶士 | 2007年6月18日 (月) 09時34分

ocbooさま
因幡藩の池田のお殿様の「もののけ飛脚」です。
今で言う所のプレスライダーちゅーとこですかな。

無茶士さま
だいぶちゃいます(笑)。
鳥取城跡の二の丸に桂蔵坊さんの祠があったりします。
子供にはちょっと怖いポイントです。

投稿: 松永 | 2007年6月18日 (月) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/15472417

この記事へのトラックバック一覧です: 我、汝に命名す:

« それでは告白しよう | トップページ | 「ほんまもん」には気をつけろ! »