« 我、汝に命名す | トップページ | 今週末は »

2007年6月18日 (月)

「ほんまもん」には気をつけろ!

 昨日は無茶士邸でのミニモトについて書きましたが、今日はちょっと方向を変えて私が垣間見た、無茶士さんのこだわりについて書きたいと・・・そう思うわけです。

 ミニモトの整備を終え、トランポに積み込み、駐車場にいるとさっきまで整備をしていた部屋から、ビートの利いたツインの排気音、無茶士さんの虎の子、DUCATI 998Rです。アクセルをブリッピングさせていただくとノーマルとは思えない吹け上がり・・・Rは違いますなRは・・・。

 ただ室内でDUCATIのエンジン掛けたりすると、排気ガスで死にますよ。つー事でエンジンを切り、無事作業終わりのお茶を頂く事になりました。

 そのお茶を一口頂いて絶句。

 な・な・な・な・なんだっ!このお茶。(心の声)

 水出しの煎茶なのですが、タンニンの苦味と言うか雑味がまるで無く、「まったりと」と言うベタな表現がぴったりな、アミノ酸由来の甘(うま)み、それでいて、喫んでから鼻を抜けるアロマがただ事じゃない。そう、先ほどのテスタストレッタのRのエンジンのように、アイドリング域から、よどみなくレヴ・リミットまで吹け上がるような非常に洗練された感じ。とにかく尋常あらざるとはこの事です。私が熱くなったのはDUCATIの事ではありません。お茶に対してなんです。

 一体どんな茶葉を使って?どんな揉み方して?どんな蒸しをして?いろんな事が頭の中をよぎります。

私「これは何処のお茶屋さんの?」

無茶士さん「小山さんのとこのや」

私「うーむ、私も宇治の小山園のお茶を毎日頂いていますが、こんな味せーへん」

無茶士さん「でしょう」(with思いっきりニヤリ)。

私「こんなん毎日喫んでたら、舌が肥えて、巷のお茶なんて喫めなくなりますよ」

無茶士さん「そうや」

 「そうや」って・・・そうなんでしょう。ホンマにシャレにならん位のお茶なんです。「そうや」って言われても直ぐに納得しちゃうくらい。結構、自分はお茶好きとしての自覚もあったのですが、生まれてこの方、こんなお茶を口にしたことなんてありませんでした。

 あ~あ、世の中は不公平や!(←あたりまえ)

 本当はこのお茶をお代わりしたかったのですが、本当に美味しいものは腹八分目ならぬ五分目くらいの満足度にしておくと、その時の味や馨が記憶に鮮明に残ります。この感動をしっかり鮮明に舌と鼻と喉と脳味噌に刻み付けるため、「美味い!もう一杯(by悪役商会)」なんてとても言えませんでした。

 中国なんかでは、お茶にこだわると家を潰すと言われます。その位、お金と時間がかかる高貴な嗜みなんです。

 絶対に普段の生活では経験できない経験をさせてもらいました。

 しかし、今朝、出社前の朝一番の煎茶の物足りない事・・・舌が肥えるとこうなるんです。ええモンを知っちゃうと、後戻りは中々出来ない。

 「ほんまもん」には気をつけろ。

|

« 我、汝に命名す | トップページ | 今週末は »

コメント

>ええモンを知っちゃうと、後戻りは中々出来ない。

これはその通りなんですけど。。その分、お値段がね。。。

そんなあなたに角長醤油です。よかったらどうぞ。。。

後戻りできないんですよね。。(爆)

投稿: VERTCAL | 2007年6月19日 (火) 14時11分

角長醤油って・・・調べてみれば、これまた無茶士邸からお散歩圏内だし・・・お茶にお醤油にあの梅干・・・紀州は旧御三家だけあって、文化が深い!侮れません。
あっ・・お茶は宇治でしたね。

投稿: 松永 | 2007年6月19日 (火) 22時23分

>中国なんかでは、お茶にこだわると家を潰すと言われます。
そうですよね、茶葉1gが7万円といわれても・・・・。


「ウラガン,あの壷をキシリア様に届けてくれよ! あれは・・・いいものだ!」

投稿: kuwa | 2007年6月20日 (水) 00時01分

kuwaさま
茶葉1gですか!!!100gじゃなくて!!!
茶葉1gが7万円と言う事は、相手が日本人と言うふっかけがあったとしても、凄い値段のわけで・・・それを考えると銘柄は「大紅袍」かなんかでしょうか?
>「ウラガン,あの壷を・・・(以下略)
↑このガンダムネタは、ちょっと誤爆っぽいのですが・・・w

投稿: 松永 | 2007年6月20日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/15484591

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほんまもん」には気をつけろ!:

« 我、汝に命名す | トップページ | 今週末は »