« なんだかとってもゆっくりな | トップページ | おから攻め »

2007年5月22日 (火)

モト・ラボロ基準が染み付いて

 今週末に控えたミニモト練習会を踏まえて、借り物の清貧号ことNSF100を色々メンテしているのですが、やはりHONDAが急場でしつらえた感がそこかしこと見えてきて、こういった所に「ウキーッ!!!」となってしまい、オーナーの無茶士さんに「こんなんなってますけど、ミニモトってこんなもんなんですか・・・?」といつもより多目の質問君。

 まあ具体的には書きませんが、私のGUZZIレーサーであったならば絶対に「ありえな~い」事の連続、この6月のレースには間に合いませんが、無茶士さんの還暦チームが乗る本戦までには、あれやこれやと絶対直したいポイントが盛り沢山なのだ。(別にパーツをおごる訳ではない)

 無茶士さんへの質問君だけでは気が済まず、夜遅くになって、モト・ラボロのTakahashiメカに「コレでいいの?」コール。その辺は凝り性のTakahashiメカ「レースするんならコレでいいわけないよね」とバッサリ。ただ「松永さん一体いくらのバイクに対してそんな事言っているんすか。て言うか、松永号のフロントブレーキシステムの値段でそのマシン買えるよね。そんなマシンの吊るしの状態で、松永号と同じレベルを求める方が無茶って言うもんです。」とも言われてしまいました・・・。

 改造はレース・レギュレーションで禁止なので、がんばって組み直すであります。

 サンデーレース生活11年、この松永、このミニモトを弄る事で、初めてパーツ公差の本当の意味、そして組みの重要さが、身に沁みてわかってきました。モト・ラボロって言う恵まれた環境(最高の部品、素晴らしいスキルでの組み上げ)にいたおかげで、今まではホンマに理解してなかった。そういった意味でも、この機会を与えてくださった無茶士さん感謝です。

 しかし・・・(NSFをじっと見る)ふぅ~・・・・。 

|

« なんだかとってもゆっくりな | トップページ | おから攻め »

コメント

清貧ってのは 
貧しいだけじゃない。
清いだけじゃない。
井蛙は井戸の蛙の事じゃない。

・・・って解かってもらえるかなァ 
その辺の強かさ・・・。

投稿: 無茶士 | 2007年5月23日 (水) 15時11分

無茶士さま
わ~ん馬鹿なので良くわからないのだ!(笑)
まあ、冗談はさておき、「目の前の物(清貧号)をルール内でどうやっつけるか、それで自分の思うベストの物に近づけるのか・・・」私のスタンスは、振れることなく、ただそれ一点です。
ハードとは別に、日頃の仕事柄、ルールとか契約なんかをどう読み解くべきかなんて事も、ヨ~ク解かっているつもりですので、ご安心を。

投稿: 松永 | 2007年5月23日 (水) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/15169232

この記事へのトラックバック一覧です: モト・ラボロ基準が染み付いて:

« なんだかとってもゆっくりな | トップページ | おから攻め »