« ジンさんち | トップページ | GUZZIネタなんぞをチラホラ »

2007年3月 1日 (木)

ル・ル・ルン・ルン・ルン♪

 「ル・ル・ルン・ルン・ルン♪ル・ル・ルン・ルン・ルン♪ル・ル・ルン・ルン・ルン・ルン・ル~ン♪」と、花の子ルンルンの主題歌のさわりを口ずさんでしまうほど、上機嫌な私。帰ってきました筑波から、走ってきました筑波サーキット、降水確率が50%まで上がり、雨が降るのでは・・・と前日の夜に散々脅かされたのは何処へやら。気持ち良いくらいのピーカン。私の日頃の行いのおかげですかね。(笑)ほんま山陰者には羨ましい、関東はポカポカの春です。

  話を戻してロシナンテ、ごっついエンジン軽やかに回ります。今までに比べて吹け上がりが速いので、シフトアップポイントが変わっちゃた位です。しかも今まで二速で行っていた所が、中速のパワーが太ったので三速で走れるようになりました。楽だ、楽チンだ・・・オーバーホールでこんなにも変わるものなのか・・・たまりません。

 しかし筑波です。流石です。この平日なのにみっちりの人です。皆、練習しています。私はロシナンテを仕様変更したため、そのマシンと私のシンクロ率アップが今回の目的、それともう一つの目的は、大の苦手な筑波の左コーナー、第一ヘアピンとCXの切り返しの道を、ジンさんに教えてもらう事なのだ。

 ジンさんについて走っていると、今までの私は、第一ヘアピンでは向きが変わる前にアクセルを開けようとしていました・・・ジンさんの後ろについて走っていると、マシンの向きが完全に出口を向くまで我慢の子なのが良く判ります。しかしCXの切り返しが前を走るジンさんようには「スパッ」と一発で決める事の成功率が低い私(自分では「よっこらしょ」とやっているように思えてしようがない)・・・練習走行後に「作麼生!今日の練習でヘアピンは何とかなったし、CXの道は頭では解りました。だけど切り返しが中々上手くいかないんです・・・?」とジンさんに相談すると「説破!次はハンドルを拗れ!」との回答。

 そんなこんなで、混んだ筑波のA枠を、ジンさんなりのマージンを持たせた10秒台のペースで錬兵された午前中でした。

 同じくらいのラップタイムで走る国産四気筒の方々とは、直線スピードも、コーナリングスピードも、ブレーキのツッコミも、立ち上がりラインも全て異なっていて、何度か「ヒヤッ」とする場面もありました。

 ただ、そんな事を差し引いてもマシンの状態が今まで味わった事が無いほど素晴らしく、マシンを操るのが、そりゃ~楽しくて楽しくて練習枠の3枠を、ほぼフル(最後の枠、流石にバッテリー点火の我がロシナンテは電池切れとなり、電気式の回転計が落ちてしまいましたので、ピットイン。その後すぐにチェッカーが出ました)で走れました。

 こんなに楽しかったサーキット走行は久々です。

 ジンさん、モト・ラボロのスタッフのみんな、本当にありがとう。

|

« ジンさんち | トップページ | GUZZIネタなんぞをチラホラ »

コメント

いいなぁ・・・

投稿: 沢庵和尚 | 2007年3月 1日 (木) 01時42分

沢庵和尚さま
どうも・・・
自分は本当に幸せ者だと思っております。
GUZZI大馬鹿になりそうです。

投稿: 松永 | 2007年3月 1日 (木) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/14083180

この記事へのトラックバック一覧です: ル・ル・ルン・ルン・ルン♪:

« ジンさんち | トップページ | GUZZIネタなんぞをチラホラ »