« May the Force be with them. | トップページ | 体チェーック »

2007年3月 4日 (日)

ギャーッ!!(歓喜の叫び)

 22時過ぎ、トレーニングから帰って来るとアマゾンの段ボール箱が届いていました。

 「えっ・・・?なんか買い物したっけ・・・?」送り状を見るとアマゾンからではなく、SUZUKIさんからの荷物、項目を見ると「プラモデル」

 「まさか・・・もしや・・・そんな・・・」

 期待を胸に、心臓は早鐘の如く鼓動のテンポを上げ、焦る気持ちで梱包を解くと20070304010652

 「ギャーッ!!!!!!」

 なんとこの前のエントリーで「探しています」と言っていた、フォン・ブラウン博士設計の宇宙船の模型が!!!

 「うぉ~俺は今、猛烈に感動している」思わず血中梶原一騎濃度が上がる始末。

 模型の箱を、両手で仰ぎ、それを上下に振りながら、「グレンコ~、フォン・ブラウン、SUZUKIさん、ありがたや~」と、まるで踊る宗教に入信したかのような状態になりました。

 もうこのエントリーを書いている今でも、大脳新皮質は機能停止、理性的な判断は不可能な状態です。

 SUZUKIさん、本当にありがとうございます。

Vonbraun  こんな感じで完成すれば大満足、こんなに大きくは無いけどね。

 ピカピカのデスクトップモデル調に仕上がるのだ。

|

« May the Force be with them. | トップページ | 体チェーック »

コメント

スゲェ!
遂に手に入ったんですね!
って言うかホントに便利な世の中になったものですよね。
静岡で拝見出来るのを楽しみにしております!

投稿: ゾンネンキンダー | 2007年3月 4日 (日) 03時14分

鳥取のブラウン博士、一日も早く組み上げてくれ。
そしてそのロケットに乗船して、宇宙の彼方に行け!
久し振りにスターダストでも聴くか。

投稿: 瞬間接着剤 | 2007年3月 4日 (日) 11時05分

ゾンネンキンダーさま
残念ながら、不老隊は今年の静岡欠席です。
私は多分プライベートでも行けないと思います。
どうもすいません。
静岡とはまた別の機会に。

瞬間接着剤さま
Mondialで無茶なお願いをしていますので、その仕返し・・・?(笑)
この模型が作られた50年代は、明るい未来を信じていた時代です。
この頃の空想物だとか、カーショーのために作られているコンセプトカーが無性に好きです。
あっ・・・Mondialも50年代でした。

投稿: 松永 | 2007年3月 4日 (日) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/14124084

この記事へのトラックバック一覧です: ギャーッ!!(歓喜の叫び):

» プラモデル [プラモデル]
プラモデルについて解説 [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 01時44分

« May the Force be with them. | トップページ | 体チェーック »