« 西高東低 | トップページ | 銀幕で観る醍醐味 »

2007年2月 2日 (金)

今年の恵方

 I am but mad north north west, when the wind is southerly,I know a hawk from a handsaw.
 北北西の風の時にかぎって狂気がやってくる。南風の時、鷹と鷺(鷹狩りに使う鷹と、それに狩られる獲物の鷺{さぎ})との違いは分かる。
 ウィリアム・シェークスピア “ ハムレット”より

 昨日のエントリーから遅れる事一日、抜かりなく雪が降りました。

 明日は節分です。そして今日のエントリーは、去年の節分のエントリーの焼き直しとなってしまいました・・・。なぜかって、だって今年の恵方(幸せがやって来るとされている方位)はなんと去年の真逆「北北西」なのです。その辺をボケて(あの時、つっこんでくれたのは、海苔さまだけでしたが・・・)、去年のエントリーを書いてしまっていたのだ。

 この恵方に向かい太巻きを無言で「モグモグモグ・・・・・」これで本当に幸せが来るのでしょうか・・・。(関西の風習ですがコンビニのおかげで全国区になりつつありますね)

Nnw  ちなみに去年のエントリーにも、それとな~く書いたヒッチコックの映画、邦題を「北北西に進路をとれ」と言う作品ですが、原題は「NORTH BY NORTH-WEST」と言い、これを訳すと「北北西ではなく(北北西の英語表記はnorth north west)、「ノース・ウェスト機に乗って北へ」が正しいようです。「これより何かが起こるぞ」と言った意味での伏線として、先に述べたシャークスピアの狂気を運ぶ風の吹く方向を絡めたインテリの言葉遊びと、この映画のスポンサーだった航空会社のノース・ウェスト社に対する計らいの双方から、映画会社が生み出した名前のようです。

 ただ、ヒッチコック自身は、商業主義にまみれたこの名前を、あまりお気に召していなかったようですが。

 一年前は、まさか今年の恵方がこんな事になるとは思わないでエントリーを書いてました。一体どうやって決まっているのか恵方って・・・。

 おれって・・・ニュータイプ?

|

« 西高東低 | トップページ | 銀幕で観る醍醐味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/13750213

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の恵方:

» Setsubun / 節分 [英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ [ English Cafe : Over the Sky ]]
February third is the day of “Setsubun”. On this day, a bean-throwing ceremony is held in each home. Roasted soybeans are used for this ceremony. To bring in good fortune and drive out evil spirits, we throw beans from inside the house to the outside c... [続きを読む]

受信: 2007年2月 2日 (金) 12時08分

« 西高東低 | トップページ | 銀幕で観る醍醐味 »