« Otto cilindri | トップページ | オイラも壊れた~ »

2006年12月 9日 (土)

Master Strangelove( 匠の異常な愛情)

 私の模型の大先輩にして、足元に触る事すらできない、「模型の匠」柴田御大。

 その御大が困り声で、模型の資料を私に問い合わせして来られたのはまだ初夏の頃。生憎私も今回模型化されるマシンの詳しい資料など持っておらず、最後の手段として7月21日のエントリーにて皆様に「だれか~オラに元気を!!(←違います)」じゃなくて「だれかカラーリング知っておられませんか?」と聞いた訳です。しかし、ちゃんと自分で運命を切り開く御大、このヤマハの浅間レーサーのカラーリングを含む詳細な資料を、しかるべき筋から提供していただいた模様、そして終に完成したようです。

 これだ!!Dsc102981

 もう実車が存在していない今、これがオフィシャルと謂えばオフィシャルになるのであーる。(ヤマハが認めればですが・・・)

 驚愕のフルスクラッチ記事はコチラよりどうぞ。しかし凄いですよねぇ~ほとんど手作りですよこれ。サイズは謂わずと知れた不老隊ならではの1/9(プロタースケール)。

Dsc030481  実はこのモデルを作られる一年半前には、ご自身もトーハツのレーサーとして走られていた雁ノ巣を舞台として、暴れまわっていたヨシムラのCB72レーサーも模型化されています。このモデルの製作記事はコチラ

 「戦後の日本ロードレースの曙」を、先に述べた「浅間」とされる方が大多数ですが、御大のHPにある当時の写真をご覧ください。お分かりですか?コースのほとんどが未舗装路でのレースですよね。

 対する「雁ノ巣」は、旧海軍の飛行場を用いた舗装路クローズドコース、ここを柴田御大、ヨシムラの面々等がロードバイクが疾走していたのです。

 戦後のモータースポーツを語る上で、この二作品って色々な意味で重要な事だと思いませんか?「僕らは浅間なんかよりもずっと前に舗装路を使ったレースをしていたんだ!」これら二作品の画像を、代わる代わる見ていると、そんな御大の声なき言葉が聞こえてくるようです。まあ、私の勝手な想像ではありますが。

 興味を持もたれた方は、柴田御大のHPを隅々まで読んでみて下さい。そりゃ~凄いですよ。

 MOTO MODELING

 ちなみに御大が柴田青年と呼ばれていた若かりし頃に騎乗されていたトーハツも、ちゃんと柴田仕様で模型化されています。

Dsc022701  模型のみならず二輪レースと言うジャンルでも、私の大先輩なのであった。なので私のリザルトを見た感想が「ヒジョーにキビチーッ!!」かったりするのである。

 さ~て、今日のエントリーを読み終えられた皆様、段々二輪模型を作りたくな~る・・・作りたくな~る。

 ZZZzzz・・・・はっ・・・夢っ!(by白昼夢夫人

|

« Otto cilindri | トップページ | オイラも壊れた~ »

コメント

匠の技は凄すぎて
頭がクラクラしますよ
思わずのめり込みました

投稿: 電気屋 | 2006年12月12日 (火) 13時27分

電気屋さま
せっかくのオフ・シーズン。
ちっちゃなマシンも如何ですか?

投稿: 松永 | 2006年12月13日 (水) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/12990076

この記事へのトラックバック一覧です: Master Strangelove( 匠の異常な愛情):

» yamahaのxjr400カスタムに乗ってます。バイクってやっぱり最高です! [yamahaのxjr400カスタム]
yamahaのバイク、xjr400をカスタム化して乗っています。 エンジンやマフラーはもちろん、ボア アップまでしています。 乗り心地は最高ですよ♪ [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 02時01分

« Otto cilindri | トップページ | オイラも壊れた~ »