« じっと我慢の三周 | トップページ | この週末はお出かけです »

2006年12月 1日 (金)

1分8秒7は実現可能なのか?

・・・昨日の記事より続き

 ケン君に狙いを定めた私、この我慢の二周の間、彼を観察していると、綺麗なフォームでスピードが乗っています・・・ある一箇所を除いて。そのある一箇所とは今私たちが進入してきているココ「最終コーナー」です。この最終だけは不得意なケン君。実は、この夏に行われたMax10の前日練習時、不幸にも他車のまいたオイルに乗ってしまい、この最終コーナーで転倒経験があるとのこと、最終コーナーにトラウマがあるみたいなのです。

 「可愛そうに、お兄さん(←ココ大事)は、ここで抜いたりなんかしないよ」なんて事が絶対無いのがレースの世界。アウトからズバッと行きました。そしてケン君を抜きざま、そのまま速度を乗せ、その前を走っていたDUCATIに狙いを定め、ホームストレートでその車のスリップストリームに付き1コーナーの突っ込みで頭を出し、そのまま抜くのに成功。(二台目)

 1コーナーを立ち上がっていった時、ジンさんグループは一ヘアに進入しようとしているのが見える距離。「このままじゃいかん」と、さらに加速装置のスイッチを入れます。しかーしっ、今回のスパートはちょっと違う。ハートは熱いが思考の方は全然熱くなっていないのだ。

 実は昨日の夕食時、TSURUさんと友野選手と西田代表による筑波攻略のアドヴァイスを受け、それを実行するため冷静に自分の出来る仕事をミス無くこなそうとしていたのだった。

 これが筑波攻略のための、明日のための、その一~その三である!!!

  • 一コーナーを小さく立ち上がってS字は早めに3rd→4thへシフトアップして「カチッ」って言うまでアクセル全開、全開のまま右→左と足を踏みかえるべし。(byTSURUさん)
  • とにかく空走距離作らないように心掛けるべし。(by友野選手)
  • 第一ヘアピンは、バンクがあることをよく考え、早めにインに付くように斜めに道を横切りアプローチすれば、回り込んだ曲率を180°では無く、90°に近いコーナーだと見立てる事ができるべし。(by西田代表)

 四周目と五周目をあらん限りの精密な走りを心がけ、五周目の最終コーナーで少し離されていたジンさんグループに仲間入りです。

 順位はこうです。ふりゅっげさん、ジンさん、青いDUCATI、そして私です。

 この四台編隊で二周走っていると、早くもトップをbimota DB5cにて快走中の須貝選手にラップさせました。

 二ヘヤで私の前を走るこの三人を須貝選手が抜いていくのを後から見て、思わず「光速ライダー・マッハ涼」のライバル、峠のバズーカ・東郷の台詞を叫ばずに入られませんでした。

 「あんなに、斜めになっている~っ!!!!」

 次の周、友野選手、西田代表、平栗選手にラップされたのですが、CXで前の青いDUCATIが平栗選手にラップされた時、切り返しで自分のラインにつけずアウトにはらみました、ここは素直に「ゴチッであります!」と前に出ます。

 前にはジンさん、その前にはふりゅっげさんです。俄然燃えて来ました。ちゃんとこの前の二人についていけます。「行くぞーっ行くぞーっ」と思っていると、初めに動いたのはジンさん、CXでふりゅっげさんをパス、そのまま我々を引き離しに掛かりました。

 私も二ヘヤの立ち上がりの加速でふりゅっげさんに仕掛けようと頑張るのですが、裏ストレートの加速、このふっりゅげ号は只事ではありません。流石と言うかスタンホープチューンの実力を垣間見ました。「まいったなー、神宮司パワーを持ってしても同等だ。これってチューナー師弟対決やん。こうなったら最終で行くしかない。やるべス」と思い最終コーナーで後にぴったりつくも抜くまでに到りません。

 次の周、一へヤまではついていくのですが、そこからのインフィールドで少し離されます。どうやら私のこれからの課題は一ヘア~二ヘアまでのようです。話を元に戻します。 二ヘア突っ込みのブレーキングで何とかふりゅっげさんとの距離を縮め、ストレートはくっつき虫です。本気の最終コーナー勝負です。ふりゅっげさんのインに入り半車身差です。しかしこれ以上の差を詰める事ができず、ほぼこのままチェッカー。

 前回の秋のモトルネで、最終周にMAKOTOさんと競り合った状態と同じような展開でした。その差0.271秒。・・・完全に負けです。

 しかし自己ベストは、なっなんと有言実行の1分8秒7を切る1分8秒552!!!上出来であります。しかも五周目に出ています。するってえとジンさんグループに合流するために、筑波を攻略のためのアドバイスを反芻しながら走っていた時です。(ナットク)

 決勝の結果はコチラ

 自己ベストが出ているのに26台中23位・・・いや~やはり筑波はレベルが高い。

 決めました。今、オフに入ったので、オーバーホールのためマシンは横浜に置きっぱです。今回の筑波モトルネの練習のため、サーキットのスポーツ会員にもなりました。良い機会です。このオフの間、ジンさんと一緒に筑波に練習に行きます。先ずはアドバイスしてもらった事柄を自分の物とするため更に練習です。

 今回はいつも以上にハートに火が付いたレースでした。

 いろいろな意味でチーム「スタンホープとフリュッゲ」皆様ありがとうございました。

 もちろん筑波でレースがある時には絶対行きます。リータンマッチですよ。

|

« じっと我慢の三周 | トップページ | この週末はお出かけです »

コメント

三部作、楽しく読ませてもらいました。
手に汗握る展開でしたね。
ベスト更新もオメデトウございます。
それにしても筑波はレベル高いですね~。

投稿: rev | 2006年12月 1日 (金) 17時49分

revさま
筑波はホンマにレベルが高いです。
でも今回の筑波は得るものがありました。ただ走って「たのしぃ~」目標だった1分10秒切って「うれしぃ~」だけじゃない何か・・・。
遠征して良かったです。
得た物のヒントを明かすならいつもこのBlog言っている「今日正しい事が明日正しいとは限らない」ちゅー事です。
まあ、この辺の事は「肉体改造」のエントリーでもしつこいくらい言ってますね。筑波でもこれを骨身に染みて気付かされました。
ただ・・・関西方面以西の遠征者が私一人だけだったのは、正直寂しかったです。

投稿: 松永 | 2006年12月 1日 (金) 21時15分

>ただ・・・関西方面以西の遠征者が私一人だけだったのは、正直寂しかったです。

そりゃぁ、寒いもん。
それに往復1600㌔以上は考えますよ。
くれぐれも気をつけてくださいね。

でも、いい結果ででよかったですね。

投稿: ocboo | 2006年12月 1日 (金) 21時21分

筑波・・・
来シーズンに1回は走りたいです
そのためには749Rを直さねば・・・

投稿: 電気屋 | 2006年12月 2日 (土) 05時36分

お疲れさんでした。 何はともあれ良かったね。
レースの話やら、もろもろの楽しそうな話を、改めて正月にでも聞かせてください。 バードケージを届けに参上いたします。

>ただ・・・関西方面以西の遠征者が私一人だけだったのは、正直寂しかったです。
わたしもエントリー・・・できたらいいな♪

投稿: 瓶星@土日もお仕事中 | 2006年12月 3日 (日) 14時52分

3部作、いつもながら楽しく拝見させていただきやした。
「有言実行」のベスト、、、よかったすね〜
さぁ〜、来年、来年!!!(完璧に鬼笑ってます)

投稿: SUZUKI | 2006年12月 4日 (月) 11時37分

コメントをくれた皆様
すいませんこの週末は東京に居て、返事が出来ませんでした。
来年に目掛け、もうちっと精進します。
SUZUKIさま
>さぁ〜、来年、来年!!!(完璧に鬼笑ってます)
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ ・・・・・・
っていくの?いっちゃうの?

投稿: 松永 | 2006年12月 4日 (月) 21時17分

松永さん、はじめまして
いつも遠いところから遠征ご苦労様です。毎度毎度ほんま頭が下がります。
モトルネはしっかりタイム詰めてきましたね~。

来シーズンの参戦計画はどんな具合でしょうか?
できれば鈴鹿にも来てほしいな。どうも鈴鹿のイベントレースは台数が集まらないんですよね。

筑波のMAXと鈴鹿FUN&RUNには出る予定ですので、サーキットでお会いしたときにはよろしくお願いします。

投稿: MHRmakoto | 2006年12月 7日 (木) 17時44分

MHRmakotoさま
はじめまして。
筑波では「をぉ、MHRでMAX5!!!すげーっ!!」って遠巻きに見てました。
今度サーキットでお会いした際にはお話しましょう。
私も何とかMAX7までランクアップしました。
もちろん更に上へ上へ目指します。
来年後半には一緒に走れるように成れます様に。

鈴鹿の件ですが、空冷ツインクラスが単独クラスとしてあるのでしょうか?
数年前はLツインの空冷・水冷クラスとかって、実質DUCATIだけのクラスだったように思っていたのは、私の勘違い・・・?
レギュレーションを取り寄せて前向きに健闘します。
鈴鹿ですから、もしかして買い取り制度とかあったりして・・・イベント・レースですから、それは無い事を祈りつつ。

これからもよろしくお願いします。

投稿: 松永 | 2006年12月 7日 (木) 23時00分

遠巻きになんて・・・
ジンさんとはサーキットでもよくお話してますよ。ジンさんのお店の近所にすんでたりもしますし。

鈴鹿は今年からL-Twin Air(空冷ドカティエンジン車両)とX-Fomula Twin Air(空冷2気筒ならなんでもあり、スリックOK)の混走になりました。実質ACTですから是非!
レポート見ていただければ何か伝わりますでしょうか?
http://homepage2.nifty.com/mhrmille/newpage9.html

投稿: MHRmakoto | 2006年12月 8日 (金) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/12874504

この記事へのトラックバック一覧です: 1分8秒7は実現可能なのか?:

« じっと我慢の三周 | トップページ | この週末はお出かけです »