« The port side!!! | トップページ | 1分8秒7は実現可能なのか? »

2006年11月30日 (木)

じっと我慢の三周

 ・・・昨日の記事より続き

 11/26、早朝5:00サーキットに向かうためモト・ラボロR.Tの面々が動き出します。なんとトランポのフロントガラスが霜で凍り付いています・・・今日もすっごく寒いのね・・・涙。

 ちなみに私の予選時間は9:20から、早めに全ての用意して、しっかりタイヤウォーマーでタイヤを暖めないと。

 6:30にサーキット着、ここ筑波サーキットは岡山国際のように、前日のうちからチームテント張ったりなんて出来ないのです。チーム員全員で急いでテント設営とマシン&装備品の搬入です。ちなみに今回モト・ラボロR.Tから出走するライダーは、ゲッツイ&ブリアンのスーパーツインを駆る塩川選手、1100Sportを駆る千崎選手、1100ブレーバとモトルネ・クラスをV7Sportと二車乗りのジンさん、そしてLeMansIIの私という布陣です。「スタンホープとフリュッゲ」チームは、な、なんとACTに八台のエントリー!!!さすが、今一番勢いがあるショップだけあります。

 それにしても、寒いです。予選時気温も摂氏10℃を超えません。こりゃ、ここでこけない様に慎重に行きます。そしてこれが予選の結果・・・1分11秒035、23位/28台あーやっぱり筑波はレベル高いっす。予選リザルトはこちら

 予選後、ライダース・ブリーフィングまでの間に、セカンドグリッドの溝口さん主催の上田宗箇流の野点にフリュッゲさんを誘い、そこでクラブ・モトルネッサンスの横部代表にご紹介です。西と東の顔継ぎです。こういった事をお茶席で行う、これぞ安土桃山よりこーいった感じは、正しいお茶席の利用法ですな。ちなみにこの時に頂いたお茶菓子の上品な甘さ・・・溝口さん、大変おいしゅうございました。ちなみに上田宗箇流のお家元の筆による短冊が掛けてありました。そこに書かれた「疾風」の文字。・・・良いねぇ~(byキム・スネイク)。

 また、Max10groupの臼井営業本部長様も紹介いたしました。双方の為になるような良いアライアンスが組めればと願いながら・・・。

 こんなことでバタバタしていると、黄色いオートバイを押しているゴローさん発見!なんとあのSAXON GUZZIに乗って応援に来てくれました。我が師匠、北島さんもBMWに乗って参上!です。SUZUKIさん夫妻もワンちゃんを連れての応援です。わたしゃうれしいです。地元の岡山国際でも、こんなに応援に来てもらった事ないです。東京を離れて12年になりますが、なんだか又、東京に帰りたくなっちゃいました。

 そんなこんなで決勝タイム、ウォームアップエリアで暖気をして、ウエイティングエリアにマシンを運びます。ここで出走前点検があるのですが、ここで引っ掛かっちゃいました。「タンク下のゴムパイプが脱落しないようにタイラップを掛けろ」と指導を受けて、検査テントの傍にマシンを置きその対処に必要な物をチームテントまで取りに行きます、その間タイヤウォーマーが掛けられず・・・この寒さ・・・なんだか嫌な予感がします。指摘された事を対策し、検査OKシールをもらい、ウエイティングに整列させてウォーマー巻くも、直ぐにグリッド移動の時間になってしまいました。

 タイヤを触るとやっぱり「ツ・ベ・タ・イ・・・最悪です」

 一分前ボードでエンジン始動、サイディングラップが始まりました。波状スタート時にちゃんとスタート練習をします。をぉ、上手く行った。ウォーマーを掛けられなかったので、タイヤが早く発熱するように、メリハリをつけてアクセレーション、しかしこのサーキット、左コーナーが二箇所しかないため、こんな気温ですと、どうしてもタイヤの左半分が冷えがちです。ますます嫌な予感・・・。グリッドに付きレッドシグナル点灯、シグナルオフ!!!スタートです。

 今回もスタートバッチリです。目の前にジンさんやフリュッゲさんが見えます。オープニングラップの第一ヘアピン(左コーナーやで)で、やはり嫌な予感は当たりました。立ち上がりでアクセルを開けるとズリズリってきます。「あーやっぱり駄目だ・・・三周ほど様子見だなこりゃ」と、各コーナーではスピードをちょっとペースダウン。直ぐに三台の後続車に抜かれてビリッケツ(多分)になってしまいました。

 ただジンさんたちが居る集団から遅れをとらない様に、真っ直ぐな所はきっちりアクセルを開けてついていきます。こういった時、ダッシュ力の勝る神宮司チューンは頼れます。

 二周目もそのペースで行き、三周目の一ヘアと昨日転倒したCXコーナーをこの一、二周よりもアクセル開け気味でタイヤグリップを確認です。お尻センサーの答えは無問題。永かった・・・本当に我慢の二周半、第二ヘアピンを立ち上がり裏ストレート~最終コーナーに向かうブレーキングポイントでヘルメットの中で呟きます「GO!」。

 これより、タイヤを暖めるために我慢していた分を取り返していきます。

 先ずはこの二周、ずっと背中を見て観察していた、スタンホープのメンバーで一番若い・ケン君にロックオンです。

 「行くぞぉ~!!!」つづく。  

|

« The port side!!! | トップページ | 1分8秒7は実現可能なのか? »

コメント

おーーーーい。
今度は何部作なのかなぁ。
予定で良いからおしえて。
みんな、コメントを書きにくいと思うので。
つくばモトルネ編○○部(全○○部)とかさ。
よろしく。
どきがむねむねしてるの半分
はよーおしえんかいが半分です。

あえて電話で聞いてない分
どきどき・イライラのocbooでした。

投稿: ocboo | 2006年11月30日 (木) 09時54分

お初です、中々の長文読み応えが有ったよ。
07’は僕も89’ドカで空冷クラス参戦するのでジンさん共々
モンで頂戴(ある部分を除いて)

投稿: 営業本部長 | 2006年12月 1日 (金) 18時39分

営業本部長さま降臨!!!
>モンで頂戴(ある部分を除いて)
私がモマレルかも・・・(ある部分を除いて)笑。
Max10では来年も遊ばせてください。
三月の富士から行きますよ~。
モトルネな皆、いっしょに行かない?
詳しくは、このBlogのbookMark欄のMax10groupのHPを参照してください。

投稿: 松永 | 2006年12月 1日 (金) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/12865823

この記事へのトラックバック一覧です: じっと我慢の三周:

« The port side!!! | トップページ | 1分8秒7は実現可能なのか? »