« MOTO妄想道 | トップページ | 模型の大将 »

2006年9月11日 (月)

タイラー・ダーデンなトニー

 はじめに・・・今日のエントリーは映画「ファイト・クラブ」を観ている事を前提に進みます。観ていない方はレンタルショップへ急げ!

 それでは本題です。

 昨日、本屋と喫茶店に行ったときに面白い体験をしました。

 本屋にて、何かオモロな本ないかな~なんて感じでぶらぶらしていると、ジムで見かける方に遭遇。

 割と頻繁にジムにこられる方なのですが、過去の記事にも書いたのですが、私の性格上、トレーニング中にあまり人と話すでもなく、私にとっては本当に見かける方なのです。

 その方が私を見つけるや、遠目でアイコンタクトするように軽く会釈、こちらも返して会釈、そしてお店から出られるときも、結構距離があるにもかかわらず会釈されてきました。

 その後、喫茶店に行くと、又そこでも同様の事が続きました。(この喫茶店の時の方は家族連れでした)その方が私に会釈すると、対面に座っていた奥様が「だれっだれっ?」って聞いているのが聞こえちゃいましたw。そしてやはり帰り際に振り返り、再び会釈。これらの会釈は頭を下げる会釈と言うよりも、我々が剣術の時に行う、決して相手から目線を外さない「礼」に近いものです。(ブルース・リーの映画の中でもありましたよね。)

 なんだかこれって・・・ファイト・クラブにこんなシーンなかったっけ、クラブ員が昼間の世を忍ぶ仮の姿の時に、無言で会釈しあうってやつ・・・だけど誓って言います、私の左手には、強アルカリによる化学火傷の跡なんてありませんから。だけど、あまり寝ていない点は映画と同じか・・・。

 そうかっ鳥瞰しているもう一人の私、「トニー」って、この映画の主人公に対するタイラー的な存在なのでしょうか・・・「どうなんだい?トニー・・・」

|

« MOTO妄想道 | トップページ | 模型の大将 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/11845466

この記事へのトラックバック一覧です: タイラー・ダーデンなトニー:

« MOTO妄想道 | トップページ | 模型の大将 »