« 岡国外伝 | トップページ | 凹凹凹 »

2006年6月17日 (土)

もう一つの戦い(男の星座ver)

 かつて、このような戦いが実在したであろうか・・・

 片方は相手の事など何も気に掛けず・・・又、対するもう片方は相手に対し「やってやる!」とばかり、殺気のこもった闘志を掲げ・・・

 友よ、愛する読者諸君よ!

 これからここに書く、暑苦しくも汗臭い男たちの戦いを渇目して見よ!!

 この物語は実話である――。

 その日!!

 2006年6月11日――。

 岡山国際サーキット!!

 ピスタではライダー同士が鎬を削る戦いの最中、パドック内の2m程の通路を挟み相対するそれぞれのチームテント内でも二人の男が対峙していた。

 今回の主役の一人はチーム・オレンジカウンティのocboo氏、そしてもう一人は日本で二輪用レーシングスタンドと言えばシェアNo.1、J-Trip のM氏である。

 事の起こりは、この日の午前中から始まる。

 オレンジカウンティーの炊事班長ocboo氏の仕事は、この週末、チーム員の胃袋を満足させる事、ただこの一点である。そうなのだ、この日、彼の仕事は一日通しての炊事なのである。

 そして、その様子を観察していたのが、相向かいのテントに居た、J-TripのM氏夫人。

「あなた、あの人ずっと食べてはる」この台詞が事実かどうかはこの時点では分からないのだが、彼女にはそう見えた様子。その言葉に返すM氏!!

「アホかおまえ!わしかて負けてへんわっ!!!」と、自もテント内で炊事をする同様の身の上としてのプライドからか、自分の真正面のテント内で食事を作り、それを一口二口とコンスタントに口にしている相手を見て、一人、闘志をメラメラと燃やすのであった!!

 そう!!ここに一方的な片思いにも似た、ストリート・カフェ・トロフィーround1、フード・ファイトクラブが幕開けしたのであった。

 M氏が食べる、ocboo氏も食べる、追いかけるようにM氏が・・・このような戦いがあったのであろう。

 DUCATI CUP advanceの決勝が終わった頃、私とhey氏がオレンジカウンティーのチームテントに帰ってきていたまさにその時、やおらM氏が食べかけのカレーとハンバーグが乗ったトレーを持ったまま、我々二人に近付いてきて、今迄食べ続けていた食べ物を吐き出さんばかりの、悔しさのこもった嗚咽にも似た言葉を発する。

「完全に負けですわ・・・負けるかっ・・・っとずっと頑張って食べ続けてきましたが、もう入りません。完敗です」と。

 我々越しにその敗北宣言を聞いていた我らがocboo氏。状況が分からず「鳩に豆鉄砲を喰らった」ような顔。

 そうなのだ。彼は戦いを挑まれている事すら知らなかったのだ!!

 そして彼は勝ったのである、戦わずして勝ったのだ!!この行為は、チーム・オレンジカウンティーの「風林火山」の「山」としての責務を全うするものだった。

 これ全て、無心のなせる技なり。しかし、自らの負けを潔く認めるM氏も、この日だけはれっきとした誇り高きフード・ファイターなのである。

 ocboo氏、この男は実在する。

 そしてこの男と戦ったM氏もまた、実在するのである。

|

« 岡国外伝 | トップページ | 凹凹凹 »

コメント

そんなに喰い続けてたのかぁ・・・。。
「このまま喰いつづけていると大変な事になりますよ!」って聞こえてきそう。

ホリエモンみたいに拘置所とかに1年くらい入れといたら
スッキリして10年くらい寿命が延びそう(ニコッ)

>「風林火山」・・
じゃあ「風林火」は゛風の如く速いファイターMAKOTO゛って事!??? (爆)

投稿: O.C MAKOTO | 2006年6月17日 (土) 16時58分

すみません。
本当に記憶がありません。
朝からミネストローネの残りを整理し。(食った。)
昼はスパゲッティーの準備をし、(食った)
途中で塩コショウの味付けの豚バラ炒めをつくり(食った)
鳥の香辛料のついた胸肉の炒め物をつくり、(食った)
最後にベーコンとキャベツの炒め物をつくり、(食った)
残りにスパゲッティのからめて食いました。
そののち、かつ陣にて十二一重なるものをたべました。

どうだ、まいったかこのやろう。
つまむ程度のつもりで食ってたから、
無心に食ってたよ。
M氏のいうとおりだ。

昔、わしに「いつも何か食べてますね。」といった、某○○ギメーカーのS社長
最近見んけど、どうしたんかのーーーー
唯一、好きになれないモトルネ関係者かも。

まあ、このへんにしといたろ。

でもほんまによーーー食うとった。
あさってからの健康診断&臨床試験
無事を祈っといたくださいまし。
ではでは。

投稿: ocboo | 2006年6月17日 (土) 21時52分

追伸

M氏多すぎ、

あなた、あなたですよ、

私に食べさせられる人は、

・・・・・・・・・・・・・

おでんの時期に

○らし大魔王が、私に降りてきます。

がんもどき・厚揚げ、注意すべし。

くっくっくっくっ。まだまだ思案中だぁ~~

投稿: ocboo | 2006年6月17日 (土) 21時57分

ocbooさま
>○らし大魔王が、私に降りてきます。
>がんもどき・厚揚げ、注意すべし。
>くっくっくっくっ。まだまだ思案中だぁ~~

「くっくっくっくっ」って・・・○らし大魔王よりも先に、ちびまるこちゃんの野口さんが降りてきているような気がするのですが・・・。
スイマセンッ私の思い違いです。
これで、秋ルネのおでんの中の袋物は口にできません。

投稿: 松永 | 2006年6月17日 (土) 22時12分

くっくっくっ、じゃあなく
きゅっきゅっきゅっ

らしいよーーーーー

袋ものーーーーー

前回は特定していましたが、

秋ルネは、フレディと化してやる。

ロシアンおでんでいい?

投稿: ocboo自宅 | 2006年6月17日 (土) 23時28分

記録、それはいつも儚い。
一つの記録は一瞬のうちに破られる運命をみずから持っている。それでも人々は記録に挑む。限りない可能性とロマンを追い続ける。
それが人間なのである。

次の記録を作るのは、あなたかも知れない。

投稿: kuwa | 2006年6月18日 (日) 11時43分

kuwaさま
車・車・車
車三つで轟です。
って別の「轟さん」でしたね。
スマソッ!!

投稿: 松永 | 2006年6月18日 (日) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/10554941

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの戦い(男の星座ver):

« 岡国外伝 | トップページ | 凹凹凹 »