« 後遺障害14級 | トップページ | Don't Distarb »

2006年6月23日 (金)

負けた・・・親父に負けた・・

 昨日の夕方、電話が鳴り親父が出ていた。

 特に気にせずジムに行く身繕いを始めていたのだが、当の親父は「キリギリスがどうの・・・」とか電話口で言っている。

 甥坊主からの電話か?と思っていたら直ぐ電話を切った・・・。

「誰から?」と私が問えば

「何でもアリコとかいう保険会社からのセールスだったので、家はキリギリスがモットーだから必要ない」と言ってやった、と事も無げにのたまった・・・。

 これを聞いて、オフクロと共にこけました。吉本ばりに。バリバリのオヤジギャグですがこけずには居られません。血中ヒガシマル醤油濃度が上がります。

 セールストークにとっさの切り替えし、この頓智、親父あんたは偉いよ!私も完全に負けました。

 しかしキリギリスねぇ~言い得て妙だな・・・。

|

« 後遺障害14級 | トップページ | Don't Distarb »

コメント

アリとキリギリス、キッコーマンでも煮えたぎるかも知れぬ?父子相伝。
この親にしてこの息子アリ。

投稿: ムサシ外伝 | 2006年6月26日 (月) 10時01分

ムサシ外伝さま
血中ヒガシマル醤油濃度についての説明です。
これは漫画家・イラストレーター・エッセイスト等、多才なアーティスト・みうらじゅん氏が述べられていた、大阪文化論です。
とある番組で、一般の人がボケる、ツッコム、コケル、こういった文化はどこの地域で線引きするのか?と言った話題がありました。
人々が、フォッサマグナで分けるとか、大井川が境界だとか、いやいや箱根の山・・・なんて事を言っている中、みうらじゅん氏は、ヒガシマル醤油を使っている地域でがその文化圏!(キッパリ)と言い切っていました。
それをして、こういった言動が素でできる人間を「血中ヒガシマル醤油濃度が濃い」と言うそうです。
まあ子供の頃から、土曜の昼過ぎ「あっちこっち丁稚」とか「モーレツ!!しごき教室」をTVで浴びるように観ていた我々は、知らず知らずの内に、そう言った事が脳内に刷り込まれているのです。・・・多分
ちなみに、ここが氏のBlogです。
http://blog.yomone.jp/miura/
おもしろいです。

投稿: 松永 | 2006年6月26日 (月) 22時16分

吉本は浪速文化ではありません。
濃い口醤油を少量使い その代わりに出汁に凝るのが浪速の味です。
薄いうどんダシに醤油をブチカケる「関東田舎者」手法です。他人(料理人・素材)を抹殺し腹を満たし 「食えねえ」と言う それが可笑しい?。
うどんだしで蕎麦を食っても美味くない。
蕎麦には蕎麦の醤油濃度が要求される。
大阪でタヌキいうとキザミでない甘揚げと乗せたものは美味い。醤油濃度の補正だ。しかし天婦羅蕎麦は美味くない。 うどんだしで食う蕎麦が吉本だ。

アリ(コ)とキリギリスの話。
キリギリスは「淀屋」。
商人の戒めとして語り継がれている。
吉本手法ははずれている。
「損して 徳をとれ」。

投稿: 無茶士 | 2006年6月27日 (火) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/10639172

この記事へのトラックバック一覧です: 負けた・・・親父に負けた・・:

« 後遺障害14級 | トップページ | Don't Distarb »